ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)の法人口座を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)は法人口座を開設できるの?

法人口座を開設できるとしたら、その手順を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

AXIORY(アキシオリー)は取引プラットフォームにMT4とcTraderを採用し、約定率の高さや低スプレッド、さらに最大400倍のレバレッジでハイリターンをめざせる海外FX取引所です。

利益をめざしやすい環境でトレードできるAXIORY(アキシオリー)ですが、コンスタントな利益をめざせるようになった場合、法人口座の開設を意識する方も多いはずです。

ここではAXIORY(アキシオリー)の法人口座について解説していきましょう。

AXIORY(アキシオリー)の法人口座を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)は法人口座を開設できます。 法人口座の開設方法は、大きく分けて以下2つの手順で行います。

  • 手順1.法人口座の必要書類の準備
  • 手順2.AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設手続き

では具体的にAXIORY(アキシオリー)の法人口座開設の解説方法の手順についてみていきましょう。

AXIORY(アキシオリー)の法人口座の必要書類の準備

AXIORY(アキシオリー)の法人口座の開設手順として、まずは必要書類を準備しましょう。

必要書類は法人口座開設のプロセスで提出を行いますので、AXIORY(アキシオリー)で手続きを開始する前に必要書類を準備しておくことで、手続きをスムーズに進められます。

法人口座の必要書類1.法人確認書類

AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設の必要書類として法人確認書類を準備しましょう。 もっとも代表的な必要書類は、登記簿謄本です。

登記簿謄本は別名、履歴事項全部証明書とも言い、法務局で取得できます。

AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設では、発行より6ヶ月以内の書類のみ口座開設の法人確認書類として有効です。

または承認済みの設立定款のコピーも、AXIORY(アキシオリー)法人口座開設の法人確認書類として利用可能です。

法人口座の必要書類2.法人住所確認書類

AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設の住所確認書類として、銀行取引明細・公共料金の請求書や領収書・印鑑証明書を用意しましょう。

法人名と法人住所が記されており、発行より6ヶ月以内の書類のみ有効です。

法人口座の必要書類3.代表者の身分証明書と住所確認書

法人口座を開設したい代表者の本人確認書類を、身分証明と住所確認書各1通づつ代表者の人数分準備しましょう。

AXIORY(アキシオリー)の法人口座の代表者の身分証明書は、写真付きの運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなどです。

住所確認書は、公共料金や銀行やクレジットカードの明細書や請求書領収書・住民票・印鑑証明・健康保険証・税務関係書類です。

上の法人住所確認書類とは異なりますので、代表者個人の住所確認書類を、別途ご提出ください。

法人口座の必要書類4.株式会社や有限会社のみ

役員としてAXIORY(アキシオリー)で登録した取締役以外に、株を10%以上保有する株主がいる場合、株主全員の身分証明書と住所確認書類も必要です。

6ヶ月以内に発行した、法人名と法人捺印がある書類をご準備ください。

法人口座の必要書類5.取締役決定書【デジタル署名必須】

取締役決定書に役員全員のデジタル署名と日付記入が必要です。

「AXIORY(アキシオリー)法人のお客様」ページから「取締役決定書」をダウンロードし、署名後pdfファイルにて返信しましょう。

AXIORY(アキシオリー)の法人口座の開設の手順

必要書類の準備を整えたら、AXIORY(アキシオリー)の法人口座の開設手続きを以下の手順に沿って進めましょう。

手順1.AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設フォームへアクセス

AXIORY(アキシオリー)トップページの「口座開設」を選択します。

「法人口座」を選択し「私は、上記契約条件を読み、同意します。…」の規約に同意としてチェックを入れて「次に進む」をクリックしましょう。

手順2.AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設フォーム記入 基本情報/会社情報

AXIORY(アキシオリー)で法人口座を開設したい会社の基本情報として、会社名、業務内容、住所、設立年月日、公式サイト、年間売上額、純資産額などを記入します。

法人口座ではトレード名も指定できるので、法人口座開設フォームに記入しましょう。

手順3.AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設フォーム記入 基本情報/連絡先情報

名前、役職、電話番号、住所・ファックス、メールアドレスなど、AXIORY(アキシオリー)法人口座の連絡先である人物の情報を記入します。

法人口座開設フォームはアルファベット入力ですが、一部日本語入力が必要な個所もありますので、お間違えのないように記入してください。

手順4.AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設フォーム記入 基本情報/本店所在地

AXIORY(アキシオリー)の法人口座を開設したい本店所在地の住所を、郵便番号や国名からアルファベットで記入します。

手順5.AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設フォーム記入 取締役情報

法人の取締役人数を記入すると、「公的に重要なポジションにありますか」の問いが表示されますので、回答し次へ進みます。

手順6.AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設フォーム記入 財務情報投資経験/取引経験

AXIORY(アキシオリー)の法人口座で取引予定の商品、投資資金額、予定される年間売り上げ、資産額や投資の目的等の質問に回答します。

過去の投資経験や今後AXIORY(アキシオリー)の法人口座で予定している投資に関する質問ですので、きちんと回答しましょう。

手順7.AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設フォーム記入 FATCAに関する質問

AXIORY(アキシオリー)で法人口座を開設する際に必要になる情報です。

アメリカの納税義務者であるのかどうかの質問ですので、はいかいいえを選択しましょう。

手順8.AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設フォーム記入 必要書類

AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設での必要書類の提出を今行うか、あとでにするのかを選択してください。 どちらでも可能です。

今提出する方はそちらを選択し、手順に沿って書類のアップロードを進めてください。

手順9.AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設フォーム記入 口座設定

AXIORY(アキシオリー)のプラットフォームを、MT4またはcTraderのいずれから選択します。

MT4もcTraderもメリットはありますが、スキャルピングを始めたい方はcTraderを、両建てを中心に行いたい方はMT4がおすすめです。

AXIORY(アキシオリー)のスタンダード口座とナノ口座を選択しましょう。

ナノ口座は非常にスプレッドが狭いためおすすめです。

ECN口座はボーナス対象口座であるパターンが多いですが、AXIORY(アキシオリー)はボーナス制度がないうえ、トレード制限もないためどちらの口座を選んでも問題ありません。

AXIORY(アキシオリー)の口座に指定する基軸通貨を選択しましょう。

日本円・米ドル・ユーロから選択できますが、こだわりがないようでしたら日本円口座が確定申告をスムーズに進めることができるためおすすめです。

「FX取引は入金額を全額失う可能性もございます。ハイリスクであることを承知した上で、口座を申し込みます。」にチェックを入れましょう。

「次へ」をクリックして法人口座開設完了となります。

AXIORY(アキシオリー)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)の法人口座は手順に沿って行えば、スムーズに完了できます。

ただし法人口座は入力項目が多いため、口座開設フォームは慎重に記入しましょう。

法人口座を開設すると、節税効果の恩恵を受けることができます。

AXIORY(アキシオリー)の法人口座開設は、法人設立までの手間や50万円ほどの費用が発生します。

さらに法人住民税が年間7万円発生する、確定申告の税理士費用も50万円など、さまざま費用が発生することも考慮しなければいけません。

一度設立した法人を解体したいと思っても、そこでさらに費用や手間が発生するために、法人口座開設は慎重に行うべきでしょう。