ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)の追証とロスカット、証拠金維持率ってなに?

ところでAXIORY(アキシオリー)のロスカット水準はどれくらいなの? AXIORY(アキシオリー)は追証なしって本当?

あなたは今、このようにお考えですよね。

AXIORY(アキシオリー)は60種類にものぼる通貨ペアを最大400倍でトレードできる海外FX業者です。

低スプレッドや約定率の高さでも定評があるAXIORY(アキシオリー)ですが、ハイリターンが期待できる一方、ハイリスクな一面もはらんでいます。

そこでAXIORY(アキシオリー)のレバレッジ取引ではリスク管理について理解しておかなければいけません。

ここではAXIORY(アキシオリー)の追証とロスカット、証拠金維持率について詳しく解説していきましょう。

AXIORY(アキシオリー)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)の追証とロスカット、証拠金維持率は、レバレッジ取引のリスク管理に必要なしくみをさしています。 そして、以下の一定の基準をもとにリスク管理が行われます。

  • AXIORY(アキシオリー)は追証なしでロスカットを執行
  • マージンコールは証拠金維持率50%で発生、ロスカット水準は証拠金維持率20%
  • ロスカットが間に合わずに抱えた借金はゼロカットで0円になる

特にAXIORY(アキシオリー)のトレードで意識しておきたいことは、損失が確定するロスカット水準でしょう。 では詳しくみていきます。

AXIORY(アキシオリー)は追証なしでロスカット執行

AXIORY(アキシオリー)は追証なしで即ロスカットが執行されます。

ロスカットとは、AXIORY(アキシオリー)のポジションで含み損が発生し、証拠金の割合が一定を下回ると強制的にポジションが決済されることをさします。

そして追証とは、含み損によって減ってしまった証拠金の割合を回復するために資金を追加入金することをさします。

追証は追加証拠金の略称です。

そしてポジションが抱える含み損益と、証拠金の割合を証拠金維持率と言います。

AXIORY(アキシオリー)では、証拠金維持率が20%を下回るとロスカットが執行されてトレードは強制終了となります。

しかしロスカットが執行される前に追証を行えば、証拠金維持率を回復できるためロスカットを回避することができます。

ただしAXIORY(アキシオリー)は追証を採用していないため、ロスカット水準を下回ると自動的に執行されるしくみです。

追証は国内FXで導入されているリスク管理システムですので、AXIORY(アキシオリー)以外の海外FXでも導入されていないと考えておきましょう。

AXIORY(アキシオリー)は追証のかわりにゼロカットを導入

追証は含み損の割合を低下させることができますが、含み損を減らすことができるわけではありません。

また追証をしたとしても、マーケットでレートが不利な方向に進み続ければ、含み損の割合は増え続けてふたたびロスカットの危機が到来します。

国内FXで追証をしてロスカットにいたった場合、トレーダーは追証と証拠金を失うことになるだけでなく、損失を借金として返済しなければいけません。

一方、AXIORY(アキシオリー)では追証のかわりのリスク管理システムとして、ゼロカットを導入しています。

ゼロカットとは、ロスカットで損失が確定した場合に、マイナスになった口座残高をAXIORY(アキシオリー)が0にリセットするしくみです。

よってロスカットによって失うものは証拠金だけで、損失による借金はAXIORY(アキシオリー)が肩代わりします。

国内FXでは借金をトレーダーが返済しなければいけませんが、AXIORY(アキシオリー)では返済する必要がないというわけです。

AXIORY(アキシオリー)のロスカット水準は証拠金維持率20%

AXIORY(アキシオリー)は証拠金維持率20%を下回るとロスカットされますが、以下の順序で強制決済になります。

  • 1.証拠金維持率が50%を下回るとマージンコールとして通知が届く
  • 2.証拠金維持率が20%を下回るとロスカットが執行される

AXIORY(アキシオリー)の証拠金維持率はMT4やcTraderで確認できます。

マージンコールによってロスカットに近づいていることを事前に確認できます。

ただしMT4とcTraderではロスカット執行の順序が異なることに注意しましょう。

AXIORY(アキシオリー)のMT4 ロスカット執行の順序

MT4の証拠金維持率が50%を下回るとAXIORY(アキシオリー)はマージンコールを発動します。 このときMT4のターミナル上の損益が赤で表示されます。

そのまま証拠金維持率が20%を下回るとロスカットが発動します。

ロスカットの順序は、含み損の大きなポジションから順に証拠金維持率が20%以上になるまで決済され続けてていきます。

AXIORY(アキシオリー)のcTrader ロスカット執行の順序

cTraderにおけるロスカットの執行順序は、AXIORY(アキシオリー)独自のフェアストップアウトにしたがいます。

証拠金維持率が20%を下回ると、収益性が高いポジションを部分的に分割決済します。 そして証拠金維持率が20%に回復するまで、証拠金を多く使用しているポジションから順に決済していきます。

もしMT4とcTraderで同じ数のポジションを同じ条件で保有していた場合、cTraderのほうがロスカットされるポジション数が少なくなります。

AXIORY(アキシオリー)のロスカット水準「証拠金維持率」を他社と比較

AXIORY(アキシオリー)のロスカット水準における証拠金維持率は他社と比較すると有利なのでしょうか。

最後にマージンコールや追証の有無もあわせて一覧にまとめたので、比較しましょう。

  • AXIORY(アキシオリー)の証拠金維持率:マージンコール50% ロスカット20% / 追証なし
  • TitanFXの証拠金維持率:マージンコール90% ロスカット20% / 追証なし
  • GEMFOREXの証拠金維持率:マージンコール50% ロスカット20% / 追証なし
  • XMの証拠金維持率:マージンコール50% ロスカット20% / 追証の選択自由
  • DMM FXの証拠金維持率:マージンコール100% ロスカット50% / 追証必須

比較した結果、AXIORY(アキシオリー)のマージンコールとロスカット水準は、海外FXの中では平均的です。

国内FXと比較すれば、AXIORY(アキシオリー)は低水準ですのでロスカットリスクは低くポジションを維持しやすい環境と言えます。

このためAXIORY(アキシオリー)は利益をめざしやすい海外FX業者と言えるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)の追証とロスカット・証拠金維持率は、最大400倍のレバレッジ取引を安全におこなうためのリスク管理システムです。

追証がない代わりにゼロカットが導入されています。

ロスカット水準は証拠金維持率20%ですので、トレード中はMT4やcTraderでこまめに証拠金維持率を確認しましょう。