ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)の両建てを分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)は両建てをはじめることができるの?

もし両建てできるとしたら、AXIORY(アキシオリー)の両建てのやり方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

AXIORY(アキシオリー)は最大レバレッジ400倍、取引プラットフォームにcTraderとMT4を採用し、50種類を超える通貨ペアでトレード可能な海外FXブローカーです。

トレードルールや利用規約に関しても寛容であるAXIORY(アキシオリー)の両建てをはじめたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ここではAXIORY(アキシオリー)の両建てについて詳しく解説していきましょう。

AXIORY(アキシオリー)の両建てを分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)は両建てを行うことができます。

両建てとは、ひとつの口座に同じ通貨ペアで、買いポジションと売りポジションを一度に保有するFX手法をさします。

同じ通貨の買値と売値は相反すると考えられているため、ふたつのポジションを一度に保有することで、損益が相殺されて0円の状態を維持でき損失リスクを防ぎます。

両建ての目的は損益0円を維持することではなく、相場の方向が明確になった時点で含み損を抱えたポジションを決済し、含み益のポジションですばやくトレンドに乗り、最大限の利益をめざすことです。

AXIORY(アキシオリー)の両建てを開始する前に、トレードツールの違いによる必要証拠金の計上方法や、両建ての手数料を把握する必要があります。

また両建てに適したFXブローカーや、両建ての具体的なやり方についても把握すべきでしょう。

AXIORY(アキシオリー)の両建ては取引ツールごとに必要証拠金は異なる

まずはじめにAXIORY(アキシオリー)の両建てで把握しておきたいことは、取引ツールに応じて必要証拠金が異なることです。

MT4をAXIORY(アキシオリー)の両建てに使用した場合、必要証拠金は買いポジションと売りポジションで相殺されます。

たとえば買いポジション5ロット、売りポジションを5ロットで両建てした場合は、必要証拠金は相殺されて0になります。

もし買い5ロット、売り3ロットだった場合は、2ロットを必要証拠金として計上します。

cTradeをAXIORY(アキシオリー)の両建てにに使用した場合の必要証拠金は、買いポジションまたは売りポジションのいずれか大きいほうの必要証拠金が適用されます。

たとえばAXIORY(アキシオリー)で買いポジション5ロット、売りポジション3ロットで両建てした場合、必要証拠金は5ロットを必要証拠金として計上します。

両建ての必要証拠金の計上方法は、AXIORY(アキシオリー)でMT4とcTraderのどちらを使用するのかによって異なり、表示方法にも影響を与えるためご注意ください。

AXIORY(アキシオリー)の両建ては、急激なレート変動やスワップ発生によって余剰証拠金不足になった場合には解除となるおそれがあります。

また両建てが解除になってしまった場合、必要証拠金が計上されるため、ポジション維持を続けるためには口座にじゅうぶんな証拠金が必要になります。

AXIORY(アキシオリー)の口座残高によってはロスカットの恐れもありますのでご注意ください。

AXIORY(アキシオリー)の両建ての手数料

AXIORY(アキシオリー)の両建てで、必要証拠金が0になったとしても、スプレッドやスワップポイントは発生します。

両建ては買いと売りの2ポジションを一度に保有するため、各ポジションに手数料が発生すると心得ておきましょう。

必要証拠金が0になったとしても手数料がなくなることはありませんので、AXIORY(アキシオリー)の両建てでは証拠金を多めに用意することをおすすめします。

AXIORY(アキシオリー)の両建てのやり方

AXIORY(アキシオリー)の両建てのやり方は、買いポジションと売りポジションを同じタイミングで建てなければいけません。

しかし現実的に、同じタイミングでふたつのポジションを保有することは厳しいと言えるでしょう。

少しでも同じタイミングを狙って両建てを発注する機能として、ワンクリックトレードを活用するとよいかもしれません。

ワンクリックトレードとはMT4のチャート上からワンクリックで注文できる機能です。 まずはAXIORY(アキシオリー)ワンクリックトレードを有効にします。

MT4の「ツール」から「オプション」へアクセスし「取引」タブを選択、「ワンクリック注文」にチェックを入れることで、ワンクリックトレードが有効になります。

つづいてワンクリックトレード機能をチャート上へ表示します。

AXIORY(アキシオリー)で両建てしたい通貨ペアのチャート上で右クリックし「ワンクリックトレード」を選択します。 ワンクリックトレード可能な状態にしたら、両建て注文を行いましょう。

「Sell」「Buy」の間にAXIORY(アキシオリー)で両建てしたい注文数量を記入し「Sell」「Buy」ボタンをそれぞれ素早くクリックしましょう。

これでAXIORY(アキシオリー)での両建て注文完了となります。

AXIORY(アキシオリー)は両建てに適した業者

AXIORY(アキシオリー)は、他社で禁止されている複数口座による両建てや、異業種口座間の両建ても認めています。

基本的に複数口座間や異業種間口座での両建てを認めない業者は多いですが、AXIORY(アキシオリー)では可能です。

よってAXIORY(アキシオリー)は両建てに最適な業者と言えるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)では他社口座を使用して両建てを行えるため、幅広く活用できます。

AXIORY(アキシオリー)との両建てに適している業者は?

AXIORY(アキシオリー)は両建てに適した業者ですが、異業種間で両建てを行うときは、相手側の口座で異なる業者との両建てを認めている必要があります。

一般的に海外FXブローカーでは、異業種の口座間による両建てを禁止しており、知らずに業者間をまたいだ口座で両建てするとアカウント凍結などの厳しいペナルティが課せられます。

AXIORY(アキシオリー)と同じように異業種間口座で両建てできる業者は、トレードビューやTitanFXです。

ただしTitanFXでは、アービトラージ取引・裁定取引・他社のレート表示差・接続遅延などを狙った取引や両建てを禁止しています。

定義が細かくて難しいため、AXIORY(アキシオリー)との両建てに適した業者はトレードビューが向いているかもしれません。

トレードビューはAXIORY(アキシオリー)同様に、両建てに関して寛容な部分が多く、口コミでもおすすめする声が聞かれます。

AXIORY(アキシオリー)の両建てを分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)の両建ては、同一口座内だけでなく異業種間でも認められています。

柔軟な条件で両建てできることは、AXIORY(アキシオリー)の大きな魅力と言えるでしょう。

ただし取引プラットフォームによって、両建ての必要証拠金の計上方法は異なります。

両建てで必要証拠金が0円になってしまった場合、スプレットとスワップポイントは発生しますのでAXIORY(アキシオリー)の両建てを行う場合はご注意ください。