ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)のスキャルピングを分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)はスキャルピングできるの?

スキャルピングできるとしたら、AXIORY(アキシオリー)は適した取引所なの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

AXIORY(アキシオリー)は取引プラットフォームにcTraderを採用し、最大400倍でレバレッジ取引できる海外FX取引所です。

海外FX取引所の中にはスキャルピングを禁止したり制限したりするブローカーもある中、AXIORY(アキシオリー)では可能なのでしょうか。

AXIORY(アキシオリー)のスキャルピングを分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)はスキャルピングが認められています。

他社と比較すると、AXIORY(アキシオリー)はトレードに関する禁止事項や制限なども穏やかで、スキャルピングに適した取引所と言えるでしょう。

スキャルピングとは、1pipsから10pipsという小さな利幅を狙い、数秒から数分という超短時間のトレードを100回近く繰り返し、大きな利益を積み上げていく取引方法をさします。

AXIORY(アキシオリー)はスキャルピングが禁止されていないだけでなく、以下のような理由からスキャルピングに適した取引所だと言われています。

  • スプレッドが狭いECN口座として「ナノスプレッド口座」を完備
  • 取引手数料が安くトレードコストを抑えやすい
  • 約定スピードが速いトレーディングプラットフォームcTraderを採用。板取引可能

AXIORY(アキシオリー)は、上記のような環境でスキャルピングできるうえ、最大400倍のレバレッジ取引で必要証拠金を抑えながらトレードできます。

では具体的にAXIORY(アキシオリー)がスキャルピング向きである理由についてご紹介していきましょう。

AXIORY(アキシオリー)のスキャルピングのナノスプレッド口座はスプレッドが狭い

AXIORY(アキシオリー)がスキャルピングに向く理由は、スプレッドが狭いナノスプレッド口座でトレードできるからです。

スプレッドは通貨ペアの売値と買値の差額をさし、実質的なトレードコストとして発生します。

超短時間に莫大な回数の注文と決済を繰り返すスキャルピングは、スプレッド負担が大きくのしかかるため少しでも抑えたいところです。

AXIORY(アキシオリー)はナノスプレッド口座というスキャルピング向きのECN口座を完備しています。

ECN口座はスキャルピング向き口座としてスプレッドが狭いのがセールスポイントであり、AXIORY(アキシオリー)だけでなく多くの海外FX取引所で採用しています。

たとえば2021年1月15日における、AXIORY(アキシオリー)ナノスプレッド口座のUSD/JPYのスプレッドは、0.2pipsと非常に狭いのが特徴でしょう。

一方、AXIORY(アキシオリー)スタンダード口座のスプレッドは1.2pipsであり、ナノスプレッド口座と比較すると1pipsもの差があります。

スタンダード口座でスキャルピングするのとナノスプレッド口座で行うのでは、スプレッド負担に圧倒的な差が生まれてしまいます。

AXIORY(アキシオリー)がスキャルピングに向く理由は、ナノスプレッド口座でトレードコストの負担を抑えられるからです。

ただしスプレッドは変動制のトレードコストですので、スキャルピングで注文するたびに確認しましょう。

AXIORY(アキシオリー)のスプレッドは、取引プラットフォームを起動しなくても公式サイト上で確認できるのも便利です。

AXIORY(アキシオリー)のスキャルピングは取引手数料も安い

AXIORY(アキシオリー)のスキャルピングに向く口座としてナノスプレッド口座のスプレッドについて前述しました。

ECN口座であるナノスプレッド口座では、スプレッドの他にも取引手数料が発生します。

取引手数料は、スプレッドと同じく発注と決済を繰り返すたびに取引手数料も発生し、スキャルピングのトレードコストとして大きな負担になります。

AXIORY(アキシオリー)の取引手数料は、10万通貨(1ロット)の注文をするたびに片道3ドル、往復注文で6ドル発生します。

取引手数料はスプレッドと合算されて、スキャルピングのコスト負担になります。

他社のECN口座でも、スプレッドと取引手数料が発生しますが、ふたつを合計するとスタンダード口座のスプレッドと同じ負担になってしまう取引所も少なくありません。

しかしAXIORY(アキシオリー)は、スプレッドと取引手数料を合計しても、スタンダード口座のスプレッドを超えることはほぼないことが特徴です そのようなことから、AXIORY(アキシオリー)はスキャルピングに向く取引所と言えるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)のスキャルピングはcTraderの約定力と板注文で快適に発注

AXIORY(アキシオリー)がスキャルピングに向く理由はもうひとつ、約定率や約定スピードが速いことです。

スキャルピングは短時間に何度も発注するスキャルピングの約定遅延は、損失につながります。 小さな利幅を確実にとらえなければいけないため、注文スピードはもちろん、約定率も非常に重要と言えるでしょう。

約定率や約定スピードは、サーバーの管理状況や採用するトレーディングツールに左右される傾向にあります。

AXIORY(アキシオリー)はトレーディングプラットフォームにcTraderを採用しており、約定率や約定スピードにユーザーからも定評を獲得しています。

公式サイト上で約定率を99.99%と提言し、約定の検証結果を公開しているため、信ぴょう性は高いと言えるでしょう。

MT4に装備されていない板注文も装備し、市場の流れをいち早くつかんでスキャルピングで利益獲得を狙えます。

多くの取引所で採用するMT4と比較するとcTraderはマイナーな取引プラットフォームですが、AXIORY(アキシオリー)以外の海外取引所でも数社が採用しています。

スキャルピングにおいての評判は、MT4よりもcTraderのほうがよい声が聞かれる傾向にありますので、おすすめと言えるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)のスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)のスキャルピングについて解説しました。

スキャルピングは、莫大な回数の超短期トレードを繰り返して小さな利益を積み上げ、大きな利益を狙うトレード手法です。

AXIORY(アキシオリー)はスプレッドが狭く、取引手数料が安いナノスプレッド口座と、約定率やスピードに定評があるcTraderを採用しているため、スキャルピングに適した取引所と言えます。

多くのユーザーからもAXIORY(アキシオリー)のトレードコストが軽い、プラットフォームの動きが速くてすべらないと定評を獲得しているため注目です。