ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)のスプレッド一覧と比較を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)のスプレッドを一覧にして比較してみたい。

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

AXIORY(アキシオリー)は最大レバレッジ400倍、取引プラットフォームにMT4とcTraderを採用した海外FX取引所です。

スプレッドはトレードの損益を左右するため、一覧にして比較すると誤差が明確になるためおすすめです。

AXIORY(アキシオリー)のスプレッド一覧と比較を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)と他社のスプレッドを一覧にして比較しましょう。

  • AXIORY(アキシオリー)スタンダード口座とナノスプレッド口座のスプレッド一覧を比較
  • AXIORY(アキシオリー)スタンダード口座とXM・GEMFOREXのスプレッド一覧を比較
  • AXIORY(アキシオリー)ナノスプレッド口座とTitanFXブレード口座のスプレッド一覧を比較【ECN口座】

他社のデータに限り平均スプレッドをまとめたため、リアル市場では異なる可能性が大きいです。

スプレッドは売値と買値の差額であるため、常時変動し続ける変動制のトレードコストです。

一定するとは限らないため、トレードの都度、確認することをおすすめします。

こちらではあくまでもAXIORY(アキシオリー)のスプレッドの広さを確認するために、一覧にして他社と比較していきます。

AXIORY(アキシオリー)のスプレッド一覧比較

AXIORY(アキシオリー)のスタンダード口座とナノスプレッド口座のスプレッドを一覧にし、比較しましょう。

こちらではAXIORY(アキシオリー)で利益を狙いやすい通貨ペアのスプレッドを一覧にしました。

AXIORY(アキシオリー)スタンダード口座のスプレッド一覧

  • USD/JPY 米ドル/円:1.3pips
  • EUR/JPY ユーロ/円:1.3pips
  • EUR/USD ユーロ/米ドル:1.2pips
  • GBP/JPY ポンド/円:2pips
  • GBP/USD ポンド/米ドル:1.6pips

AXIORY(アキシオリー)ナノスプレッド口座のスプレッド一覧

  • USD/JPY 米ドル/円:0.3pips
  • EUR/JPY ユーロ/円:0.3pips
  • EUR/USD ユーロ/米ドル:0.2pips
  • GBP/JPY ポンド/円:1pips
  • GBP/USD ポンド/米ドル:0.6pips

AXIORY(アキシオリー)のスプレッドを一覧にして比較した結果、スタンダード口座よりもECN口座であるナノスプレッド口座のほうが圧倒的に狭いことが明確です。

ただしナノスプレッド口座は、スプレッドに加えて1ロット10万通貨に対して片道3ドルの取引手数料が別途発生します。

片道3ドルですので、新規注文と決済注文の往復で6ドル、すなわちAXIORY(アキシオリー)の取引手数料は、6ドル÷10万通貨ですので0.6pipsがスプレッドに加算されます。

AXIORY(アキシオリー)ナノスプレッド口座の実質的なトレードコストは、スプレッドと取引手数料の合計額になります。

  • USD/JPY 米ドル/円:0.9pips
  • EUR/JPY ユーロ/円:0.9pips
  • EUR/USD ユーロ/米ドル:0.8pips
  • GBP/JPY ポンド/円:1.6pips
  • GBP/USD ポンド/米ドル:1.2pips

あらためてAXIORY(アキシオリー)のスプレッド一覧を比較すると、ナノスプレッド口座はスプレッド負担が軽いと言えるでしょう。

ひきつづき外部のXM・GEMFOREX・TitanFXのスプレッドを、それぞれ一覧にして比較していきます。

AXIORY(アキシオリー)とXMのスプレッド一覧比較

  • USD/JPY 米ドル/円:1.6pips
  • EUR/JPY ユーロ/円:2.3pips
  • EUR/USD ユーロ/米ドル:1.7pips
  • GBP/JPY ポンド/円:3.6pips
  • GBP/USD ポンド/米ドル:2.2pips

AXIORY(アキシオリー)とXMのスタンダード口座のスプレッドを比較した結果、すべての通貨ペアにおいてAXIORY(アキシオリー)のほうが狭いです。

一覧を比較するとスプレッド差は、狭い通貨ペアは0.3pipsから、広いものは1.6pipsと、大きな差があります。

XMのスプレッドは広いと言われていますが、一覧から比較した結果明確になり、AXIORY(アキシオリー)は大幅にスプレッド負担を抑えられると言えるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)とGEMFOREXのスプレッド一覧比較

  • USD/JPY 米ドル/円:1.6pips
  • EUR/JPY ユーロ/円:1.7pips
  • EUR/USD ユーロ/米ドル:1.6pips
  • GBP/JPY ポンド/円:2.2pips
  • GBP/USD ポンド/米ドル:2.2pips

スプレッドが狭いと定評のあるGEMFOREXにおいてもAXIORY(アキシオリー)のほうが狭いです。

一覧を比較するとスプレッド差は、狭い通貨ペアで0.3pipsから広い通貨ペアで0.6pipsです。

このような結果からAXIORY(アキシオリー)のスタンダード口座のスプレッドは優秀と言えるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)とTitanFXのスプレッド一覧比較【ECN口座】

  • USD/JPY 米ドル/円:0.33pips
  • EUR/JPY ユーロ/円:0.74pips
  • EUR/USD ユーロ/米ドル:0.2pips
  • GBP/JPY ポンド/円:1.45pips
  • GBP/USD ポンド/米ドル:0.57pips

スプレッドが狭いと定評のあるTitanFXとAXIORY(アキシオリー)のECN口座のスプレッドを一覧にし比較しました。

全通貨ペアにおいてAXIORY(アキシオリー)のスプレッドのほうが狭いです。

TitanFXのブレード口座も、片道3.5ドル、往復で7ドルの取引手数料が発生しますが、取引手数料だけ比較しても往復6ドルのAXIORY(アキシオリー)のほうが安いでしょう。

当然スプレッド一覧と取引手数料を考慮して比較しても、当然AXIORY(アキシオリー)のほうがトレードコストは安くなります。

AXIORY(アキシオリー)のスプレッド一覧と比較を分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)のスプレッド一覧を比較しました。

スタンダード口座、ナノスプレッド口座に相当するECN口座のどちらと比較しても、他社よりもAXIORY(アキシオリー)のほうがスプレッドは狭いです。

スキャルピングに向く取引所の条件として低スプレッドがあげられますが、一覧比較した結果、AXIORY(アキシオリー)はクリアしています。

スプレッドの狭さは短期トレードだけでなく、長期トレードにおいても有利ですので、AXIORY(アキシオリー)は魅力的な海外FX取引所と言えます。

ただしAXIORY(アキシオリー)のスプレッドは変動制ですので、トレードの都度、一覧比較することをおすすめします。