ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)の手数料を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)で発生する手数料は、どのようなものがいくらかかるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

AXIORY(アキシオリー)は最大レバレッジ400倍、60種類もの通貨ペアをプラットフォームcTraderでFXできる海外FXブローカーです。

取引コストとして発生する手数料群は、できるだけ安く抑えたいところですが、AXIORY(アキシオリー)で発生する手数料にはどのようなものがあるのでしょうか。

AXIORY(アキシオリー)の手数料を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)トレードや入金・出金で発生する手数料は、以下の通りです。

  • 注文や決済ごとに取引手数料として発生するスプレッド
  • ナノスプレッド口座独自の取引手数料、ECN手数料も片道取引ごとに発生
  • ポジション保有によって毎日発生するレバレッジ手数料、スワップポイント
  • 資金入金で発生する入金手数料
  • 利益や資金出金で発生する出金手数料

ではそれぞれのAXIORY(アキシオリー)の手数料についてみていきましょう。

AXIORY(アキシオリー)の取引手数料、スプレッド

AXIORY(アキシオリー)のスプレッドは、買値と売値の差額をさし、実質的な取引手数料を示しています。

スプレッドは注文や決済を1回執行するごとに発生する手数料で、AXIORY(アキシオリー)の通貨ペアごとに設定されています。

また同じ通貨ペアでも以下のように口座の種類ごとに異なり、スタンダード口座のスプレッドは広く、ナノスプレッド口座は狭く設定されています。

変動制手数料であるスプレッドは、AXIORY(アキシオリー)のトレードコストであるため、極力狭いほうが利益獲得をめざしやすくなるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)スタンダード口座のスプレッド

  • USD/JPY:1.2
  • USD/JPY:1.6
  • EUR/JPY:1.3

AXIORY(アキシオリー)ナノスプレッド口座のスプレッド

  • USD/JPY:0.2
  • USD/JPY:0.6
  • EUR/JPY:0.3

AXIORY(アキシオリー)のECN口座であるナノスプレッド口座のスプレッドは、スタンダード口座と比較すると1pipsも狭いです。

人気FXのXMのスタンダード口座のスプレッドは1.6pipsなのに対し、AXIORY(アキシオリー)は1.2pipsと圧倒的に狭いのが特徴でしょう。

口コミなどでもAXIORY(アキシオリー)のスプレッドは狭く、スキャルピングからスイングトレードまで手数料負担が軽いと評判です。

ただし重要な発表や要人発言などによって、AXIORY(アキシオリー)の相場急変し急激にスプレッドが広くなる可能性もありますので、ご注意ください。

AXIORY(アキシオリー)のECN口座の取引手数料

AXIORY(アキシオリー)のナノスプレッド口座では、ECN口座独自の取引手数料が発生します。

スプレッド水準が低いナノスプレッド口座の取引手数料を調整する目的で発生する手数料で、スプレッド同様にAXIORY(アキシオリー)での注文や決済ごとに発生します。

AXIORY(アキシオリー)のナノスプレッド口座で1ロットあたりの取引手数料は片道3ドル・往復6ドルであり、取引通貨量によって発生する取引手数料額は、以下のように異なります。

  • 0.01ロット(1,000通貨):0.03ドル
  • 0.1ロット(10,000通貨):0.3ドル
  • 0.5ロット(50,000通貨):1.5ドル
  • 1ロット(100,000通貨):3ドル
  • 10ロット(1,000,000通貨):30ドル

AXIORY(アキシオリー)のECN口座の取引手数料負担もXMと比較すると軽く、XMは片道5ドルなのに対し、AXIORY(アキシオリー)は3ドルです。

USD/JPYのECN口座のスプレッドは、XMで平均0.1pipsなのに対し、AXIORY(アキシオリー)は0.2pipsと少々広いですが、取引手数料を合計すると、AXIORY(アキシオリー)のほうが狭くなります。

取引手数料やスプレッドが狭いため、注文と決済を多く繰り返すスキャルピングに、AXIORY(アキシオリー)はおすすめです。

AXIORY(アキシオリー)のレバレッジ手数料、スワップポイント

スワップポイントは、AXIORY(アキシオリー)でポジションを建てたときに毎日1回、7時(夏時間は)6時に発生する、変動制のレバレッジ手数料です。

AXIORY(アキシオリー)では、以下のように通貨ごとにスワップポイント料率が定められています。

  • ZAR/JPY:買-1.071%  売0.632%
  • USD/ZAR:買128.63%  売-270.76%
  • TRY/JPY:買-4.618%  売2.852%

料率がマイナス表示されているスワップポイントは、AXIORY(アキシオリー)のレバレッジ手数料として発生し、コスト負担となります。

プラス表示されているスワップポイントは、AXIORY(アキシオリー)のスワップポイントでの利益として受け取れます。

スワップポイントはレバレッジ取引の手数料であるものの、2ヶ国間の金利差を狙いレバレッジ取引にて利益獲得をめざす方法のひとつでもあるのです。

金利であるスワップポイントは、世界各国の金利政策の変更や、AXIORY(アキシオリー)のカバー先銀行の政策によって、手数料設定が大幅に変更されてしまう可能性もありますのでご注意ください。

AXIORY(アキシオリー)の入金手数料

AXIORY(アキシオリー)の入金手数料は、入金方法を問わず2万円(200ドル)以上の入金で無料です。

2万円未満の入金には、1回あたり1,500円(15ドル)の入金手数料が発生します。

AXIORY(アキシオリー)の入金手数料を抑えるためには、極力2万円以上の入金を行ったほうがコスト負担が軽く済むためおすすめです。

特にAXIORY(アキシオリー)は口座を長期間放置した場合も口座維持手数料負担なし、特別な問題があるパターンをのぞいては口座凍結もありません。

入金した資金を維持できるため、AXIORY(アキシオリー)のご利用を続けることを考えれば、多めに入金しても問題なく、手数料負担も軽くなるためおすすめと言えるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)の入金方法には、クレジットカード・国際銀行送金・国内銀行送金・by Curfex・スティックペイ・ビットコインが選択できますが、いずれの入金手数料も同一条件で発生します。

銀行送金による入金で、経由銀行等で発生した中継・経由手数料等は各自負担しなければいけませんので、心得ておきましょう。

AXIORY(アキシオリー)の出金手数料

AXIORY(アキシオリー)の出金手数料は、2万円(200ドル)以上の出金で無料です。

2万円(200ドル)未満の出金には、1回あたり1,500円(15ドル)の出金手数料が発生します。

入金同様、AXIORY(アキシオリー)は資金管理に信頼がおける業者ですので、2万円以上の出金額に達してからのご利用をおすすめします。

AXIORY(アキシオリー)の出金方法は、クレジットカード・国際銀行送金・国内銀行送金・スティックペイ・ビットコインに対応し、いずれも共通の出金手数料となります。

銀行送金による出金の場合は、受取銀行・経由銀行等の手数料が発生しますので、あわせて覚えておきましょう。

AXIORY(アキシオリー)の手数料を分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)のトレードでは、スプレッド・ナノスプレッド口座のみ取引手数料・スワップポイントの手数料がコストとして発生します。

レバレッジ手数料であるスワップポイントに限り利益が出る可能性もあるのは、大きな魅力ではないでしょうか。

AXIORY(アキシオリー)の入金や出金にも手数料が発生しますので、手数料が無料になる2万円を目安にご利用することをおすすめします。