ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間)を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間)はいつなの?

サマータイムやCFDと現物銘柄の取引時間や、サポートの営業時間についても知りたい。

AXIORY(アキシオリー)の取引時間内であればいつでも取引機能は利用できる? クリスマスと年末年始は休日になるの?

このような疑問を抱えている方に向けてAXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間)について詳しく解説していきましょう。

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間)を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間)はいつ?

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間)は以下の通りです。

  • 冬時間:月曜日7:04~土曜日6:58
  • 夏時間:月曜日6:04~土曜日5:58

海外FX業者の多くは、GMTやサーバー時間で表示するケースが多いですが、AXIORY(アキシオリー)は日本時間で表示されています。

基本的なAXIORY(アキシオリー)の取引時間や営業時間は平日になり、土日は休日になると考えておけばよいでしょう。

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間) サマータイム

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間)はサマータイムの影響を受けます。

欧州を中心とした取り組みであるサマータイムは夏時間とも呼ばれており、冬時間すなわち通常時間を1時間だけ進めた時間帯になります。

海外FX業者のAXIORY(アキシオリー)でもアメリカのサマータイムが適用されます。

3月第2日曜日~11月第1日曜日までは夏時間に変更されるので、移行時期が近づくとAXIORY(アキシオリー)からお知らせがあります。

AXIORY(アキシオリー)の公式サイトやメールで、取引時間の変更に関する通知が届くため見逃さないようにしましょう。

AXIORY(アキシオリー)のCFDと現物銘柄の取引時間(営業時間)

AXIORY(アキシオリー)では貴金属・エネルギー・株価指数・株式などのCFDや、現物株式・EFTなどもトレードできます。

そのうち代表的な銘柄の取引時間(営業時間)を一例としてまとめました。

  • XAU/USD:月曜日~金曜日の8:00~翌7:00
  • WTI 原油:月曜日~金曜日の8:00~翌7:00
  • Nikkei 225:月曜日~金曜日の8:00~翌7:00
  • Dow Jones:月曜日~金曜日の8:00~翌7:00
  • US Stock CFD:月曜日~金曜日の23:35~翌6:00
  • 米国株式銘柄:月曜日~金曜日の23:30~翌6:00

たとえ同じカテゴリに分類されるトレード商品であっても、銘柄が異なれば取引時間が違うケースも少なくありません。

また取引時間が変更になる可能性もあるため、AXIORY(アキシオリー)でトレードするたびに確認しましょう。

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間)帯による取引機能の制限

AXIORY(アキシオリー)は、取引時間(営業時間)帯に応じて利用できる取引機能に制限がかかります。

  • 取引可能時間【月曜日7:04~土曜日6:58】:ログイン/各種紹介/レート表示/成行注文/指値注文/約定
  • 取引停止期間【月曜日~土曜日の6:59~7:03】:ログイン/各種紹介/レート表示
  • 相場休場時間【土曜日7:04~月曜日6:58】:ログイン/各種紹介

取引停止期間とは、AXIORY(アキシオリー)のロールオーバータイムをさしています。

相場休場時間と同じく取引時間外の制限によって、MT4やcTraderでの注文や決済ができないだけでなく、損切りを予約しても執行されません。

ただし取引停止期間はレートの表示やチャートが動くため、これが相場休場時間との違いになるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)の取引時間とサポートの営業時間

AXIORY(アキシオリー)のサポートの営業時間は、月曜日から金曜日の9:00~24:00までです。

サポートの営業時間は取引時間とは異なるため、問い合わせできる時間帯は限られます。

なおライブチャットの営業時間は、月曜日から金曜日9:30~23:30です。

取引時間外にサポートへ問い合わせたい場合はメールも利用できますが、AXIORY(アキシオリー)からの返信は営業時間内になります。

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間) クリスマスと年末年始

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間)は世界的イベントの影響を受けます。

2022~23年におけるクリスマスと年末年始は、以下の通り取引時間の変更や休日になりました。

  • 12月24日:土曜休場
  • 12月25日:日曜休場
  • 12月26日:休場
  • 12月27日:7:00オープン
  • 12月28日:通常営業
  • 12月29日:通常営業
  • 12月30日:通常営業
  • 12月31日:土曜休場
  • 1月1日:日曜休場
  • 1月2日:通常営業
  • 1月3日:通常営業

クリスマスは土日の休場でしたが、基本的に取引時間や営業時間の変更があります。

元旦は土日に関係なく休場になりますが、それ以外は基本的に通常営業になると考えておきましょう。

またトレードだけでなく、AXIORY(アキシオリー)の決済サービスも営業時間が変更になります。

たとえ取引時間内であったとしても、以下は休日になってしまい利用できなくなりましたのでご注意ください。

  • 国内銀行送金by Curfex(入金):1月2日、1月3日
  • 国内銀行送金(出金):12月30日、翌年1月2日、1月3日

なおサポートデスクについては、年末年始であっても通常の営業時間と同じでした。

クリスマスや年末年始以外にも、世界的イベントは多数開催されています。

一部を紹介するとヨーロッパの聖霊降臨祭、イギリスの国民の休日とスプリングホリデー、アメリカのメモリアルデー、日本のメーデーなどがあるでしょう。

特に世界的なイベントの影響を受けやすいのは、マイナー通貨やCFDトレードです。

一部の銘柄だけ取引時間を変更するパターンが多いため、AXIORY(アキシオリー)でトレードするたびに確認することをおすすめします。

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間)を分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)の取引時間(営業時間)について解説しました。

冬時間や夏時間では取引時間や営業時間が変更になりますのでサマータイムの適用期間に注意しましょう。

取引時間外にあたる取引停止時間と休場時間では、それぞれ制限を受ける取引機能に違いがありますのでまずは確認しておきたいところです。

なお各銘柄の取引時間やサポートの営業時間も変更になる可能性があります。

世界的イベントでも取引時間の変更や休場になる可能性があるため、トレードのたびにAXIORY(アキシオリー)の公式サイトで確認してください。