ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

AXIORY(アキシオリー)の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200621110031j:plain

AXIORY(アキシオリー)の使い方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

AXIORY(アキシオリー)は、最大400倍のレバレッジ取引が可能で、低スプレッドかつ約定率の高さを実現し、MT4とcTraderによる充実した取引プラットフォームを採用した海外FX取引所です。

常時60種類以上の取引通貨ペアをトレードでき、日本語サポートのレスポンスもスピーディかつスムーズに行えるなど、日本人トレーダーに人気を誇る海外FXブローカーです。

AXIORY(アキシオリー)の使い方を知りたいとお考えの方に向けて、一連の流れを解説していきましょう。

AXIORY(アキシオリー)の使い方を分かりやすく解説

AXIORY(アキシオリー)の使い方は、サイトのマニュアルが非常にていねいで、日本語サポートも充実しているなどの理由から、はじめての方でも迷わず利用できるはずです。

特に海外FXブローカーの経験者であれば、AXIORY(アキシオリー)のわかりやすさや利便性などにおいて魅力的な使い方ができるのかを納得していただけることでしょう。

AXIORY(アキシオリー)の使い方は他の海外取引所とほぼ同じですが、経験者であってもcTraderははじめてだという方も少なくないはずです。

ここではAXIORY(アキシオリー)の一連の使い方について解説していきます。

AXIORY(アキシオリー)の使い方 1.アカウント登録と口座開設

AXIORY(アキシオリー)の使い方は、まずはじめにアカウント登録と口座開設からです。

アカウント登録と口座開設する使い方は、AXIORY(アキシオリー)の口座開設ボタンを選択して、個人情報、連絡先、投資経験などを、流れに沿って登録フォームへ記入していきます。

つづいてパスポートなどの身分証明書と、住民票などの住所確認書類を準備し画像を撮影したら、本人確認書類としてAXIORY(アキシオリー)のアップロードフォームから提出しましょう。

AXIORY(アキシオリー)でアカウント登録のための審査を行い、約1営業日で承認がおりると、口座開設は完了します。

AXIORY(アキシオリー)の使い方 2.MT4・cTraderのダウンロードとインストール

AXIORY(アキシオリー)のトレードを開始するための取引プラットフォーム、MT4またはcTraderをダウンロードしてインストールする使い方をみていきましょう。

いずれもAXIORY(アキシオリー)の「プラットフォームとツール」からMT4またはcTraderをダウンロードできますので、流れに沿って入手してください。

取引プラットフォームの選び方は、自動売買トレーダーはMT4、裁量トレーダーはcTraderが適しています。

AXIORY(アキシオリー)の使い方 3.取引プラットフォームへログイン

AXIORY(アキシオリー)の取引プラットフォームへログインする使い方は、MT4とcTraderで異なります。

MT4へログインする使い方は、AXIORY(アキシオリー)で口座開設した際に送信されたメールアドレスに記載されているログインIDとパスワードでログインします。

cTraderへログインする使い方は、AXIORY(アキシオリー)で口座開設した際に、cTraderの提供会社から送信されたメール内の「Set Password」を選択して、まずはcTraderのパスワードを設定します。

設定したパスワードと、登録メールアドレスを使用し、cTraderへログインしてください。

ログインする使い方として、MT4はAXIORY(アキシオリー)の各取引口座へログインするイメージですが、cTraderは取引プラットフォーム自体にパスワードを設定してログインするイメージです。

cTraderでは、AXIORY(アキシオリー)の取引口座への個別ログインは必要なく、cTraderへメールアドレスとパスワードでログインするだけで、AXIORY(アキシオリー)の各取引口座へ自動的にログインすることができるため、便利な使い方を行えます。

AXIORY(アキシオリー)の使い方 4.入金方法

AXIORY(アキシオリー)の入金方法の使い方は、マイページへログイン後、入金した口座の「入金」ボタンから手続きを行います。

入金方法は、国内銀行送金・国際銀行送金・クレジットカード・スティックペイ・仮想通貨・ブイロードなどから選択できます。

国内銀行送金は最大400円程度ともっとも入金手数料が安く、送金時間は1時間から24時間以内とスピーディなためおすすめです。

使い方も初回のみCurfuxへ登録し、あとは入金手続きをするだけと簡単です。

AXIORY(アキシオリー)における入金方法の使い方における注意点は、2万円未満の入金で1,500円の手数料が発生します。

手数料を抑えるためにも、極力2万円以上の入金をおすすめします。

AXIORY(アキシオリー)の使い方 5.チャートのチェック方法

AXIORY(アキシオリー)チャートのチェック方法の使い方は、MT4またはcTraderから行います。

MT4でチャートを表示する使い方は、「気配値一覧」エリアを右クリックし「すべて選択」を選択し、気配値からチャートを表示したい通貨ペアを右クリックして「チャート表示」を選択します。

cTraderでチャートを表示する使い方は、「すべての通貨」から通貨ペアを選択します。

チャートにインジケーターを挿入する使い方は、MT4は「挿入」から「インジケーター」を選択し、cTraderはチャート左メニューの「F」アイコンから選択して行います。

ローソク足に変更する使い方は、MT4はメニューアイコンから「ローソク足」アイコンを選択、cTraderはチャート左メニューから「チャートの種類」アイコンから選択します。

チャートの時間足を変更する使い方は、MT4はメニューアイコンから好みの時間足アイコンを、cTraderはチャート左メニュー下から好みの時間足アイコンを選択します。

これがAXIORY(アキシオリー)のチャートのチェック方法における基本的な使い方です。

まだまだ機能がありますので、チャートの使い方を駆使してチャート分析を効率よく行いましょう。

AXIORY(アキシオリー)の使い方 6.注文方法

AXIORY(アキシオリー)の注文方法の使い方も、MT4またはcTraderから行います。

MT4の注文フォームを表示する使い方はメニューアイコンから「新規注文」を選択し、cTraderは画面右上の「注文」タブを選択し、下の通貨ペアを選択「新規注文」を選択しましょう。

AXIORY(アキシオリー)の注文フォームを記入する使い方は、MT4もcTraderも基本的に同じです。

成行注文の使い方は、MT4は「通貨ペア」を選択し「注文種別」で成行注文を選択し、「数量」を記入、cTraderは「市場」を選択し「ロット」を記入し「買い」「売り」のいずれかを選択して、発注しましょう。

指値注文の使い方もMT4、cTraderともに同じで、「指値注文」を選択し、「数量」「価格(指値)」を記入し、買い・売りのいずれかを選択して発注します。

AXIORY(アキシオリー)の使い方 7.取引中の損益の確認

AXIORY(アキシオリー)で注文後、取引中のポジションの損益状況を確認する使い方もできます。

MT4は「ターミナル」の「取引」タブを選択、cTraderはチャート下「ポジション」タブを選択すると、AXIORY(アキシオリー)の保有ポジションと損益状況を確認できます。

AXIORY(アキシオリー)の過去の発注履歴を確認する使い方も、同じ列にあるタブを選択することで把握できるでしょう。

AXIORY(アキシオリー)の使い方 7.決済方法

AXIORY(アキシオリー)のポジションを決済する使い方をみていきましょう。

取引タブやポジションタブ内に表示されている保有ポジションの右端の「×」ボタンをクリックすることが、即時決済を完了する使い方です。

AXIORY(アキシオリー)の使い方 8.出金方法

AXIORY(アキシオリー)の出金方法の使い方は、マイページへログイン後、出金したい口座を選択し、流れに沿って手続きを行います。

出金方法は、国内銀行送金・国際銀行送金・クレジットカード・スティックペイ・ビットコイン・ブイロードです。

AXIORY(アキシオリー)の出金方法の使い方における注意点は、クレジットカード入金を行った場合は、同額を同じカードで出金しなければいけません。

仮想通貨は、ビットコインのみとなりアルトコインでは出金できませんのでご注意ください。 おすすめの出金方法は、出金手数料が無料になる国内銀行送金です。

AXIORY(アキシオリー)の出金額が2万円未満の場合は、手数料が1,500円発生しますので、2万円以上で出金することをおすすめします。

AXIORY(アキシオリー)の使い方を分かりやすく解説まとめ

AXIORY(アキシオリー)の使い方を流れに沿って解説しました。

海外FXの経験者はMT4の使い方に慣れていることだと思いますが、cTraderの使い方がはじめてだという方も少なくないでしょう。

MT4、cTraderのどちらを使ってもスムーズな取引を実現できますが、cTraderは全ポジションの一括決済機能やオーダーブック装備されているなど、ワンランク上の使い方ができます。

好みに合った取引ツールを選択して、AXIORY(アキシオリー)の使い方を向上させてください。