ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット・メリットを詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)は多彩な通貨に対応しているオンラインウォレットです。

そんなBitwallet(ビットウォレット)に興味があるものの、事前にデメリットを知っておきたいという人も多いはずです。

しかし、その場合はやはりデメリットだけではなくメリットも公平に見ておくべきかと思います。

そこで今回はBitwallet(ビットウォレット)のデメリット・メリットについて詳しく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット・メリットを詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット・メリットの概要

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット・メリットは以下のとおりです。

【デメリット】

・入金手数料が高い場合がある

・出金が遅い

・対応状況が変わりやすい

【メリット】

・出金手数料が安い

・クレジットカードを使いやすい

・充実した日本語サポート

見方次第、使い方次第なところもありますが、個人的にはこれらがBitwallet(ビットウォレット)の目立ったメリット・デメリットのように思います。

ではここからはそれぞれに分けてひとつずつ解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット【入金手数料が高い場合がある】

まず、Bitwallet(ビットウォレット)は入金手段によっては手数料が高いことがデメリットです。

Bitwallet(ビットウォレット)で利用できる入金方法は「銀行送金」「クレジットカード」「ちょコムクレジット」の3種類です。

銀行送金についてはとくに入金手数料はかかりません。

対して、クレジットカードでは8%~8.5%、ちょコムクレジットでも5.5%の手数料がかかってしまいます。

一応、これらを使うメリットも決して少なくありません。

とはいえ、やはり10%近い手数料がかかるのはかなり大きなデメリットと言わざるを得ないでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット【出金が遅い】

出金が遅いのはBitwallet(ビットウォレット)の明らかなデメリットと言わざるを得ません。

Bitwallet(ビットウォレット)で利用できる出金方法は登録済み金融機関への振り込みのみです。

そして、出金の標準処理時間は依頼してから3営業日以内です。

一般的な金融機関や証券口座の出金時間はたいていが翌営業日です。

この対応の遅さは明らかなデメリットと言わざるを得ないでしょう。

ただし、のちほど解説しますが、時間をのぞけば出金部分はBitwallet(ビットウォレット)の大きなメリットでもあります。

また、出金が遅いというデメリットは時間の余裕をもたせればそこまで問題ともなりません。

このデメリットに関しては余裕を持った使い方でカバーしていくことをおすすめします。

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット【対応状況が変わりやすい】

つねに安定して使えるわけではない点もBitwallet(ビットウォレット)のデメリットのひとつです。

Bitwallet(ビットウォレット)は主に海外FXへの入出金で人気のサービスです。

しかし、残念ながらいつでも安定して使えるとはいえません。

どういった内情かは分かりませんが、一時的に取り扱いが休止されることもしばしばです。

正確にいえば、これはどちらかといえばBitwallet(ビットウォレット)というよりは海外FXのデメリットかもしれません。

ただ、いずれにせよ入出金できなくては元も子もありません。 入出金のルートはできるだけ複数確保しておくようにしましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)のメリット【出金手数料が安い】

Bitwallet(ビットウォレット)の大きなメリットは出金手数料が安いことです。

Bitwallet(ビットウォレット)の出金手数料は777円です。

ヘビーユーザーに関してはさらに最大で50%の割り引きがあります。

一般的な出金手数料として見れば取り立てて安くもないのではと思われる人もいるかもしれません。

しかし、海外FXから直接国内銀行へ出金すると、海外からの送金となるため数千円ほどの手数料がかかることも珍しくありません。

その点、あいだにBitwallet(ビットウォレット)を挟むことでわずか数百円ほどの手数料で済むわけです。

これは海外FXをする人にとっては、出金の遅さというデメリットを補って余りある大きなメリットといえるでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット)のメリット【クレジットカードが使いやすい】

Bitwallet(ビットウォレット)はクレジットカードを使いやすいこともメリットといえるかと思います。

Bitwallet(ビットウォレット)が対応しているクレジットカードブランドは「VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERS」。

要するにほぼすべてのクレジットカードを利用できます。

中でもAMEXやDINERSといったクレジットカードは意外と対応していないところも少なくありません。

これらをメインに使っている人にとっては案外に小さくないメリットになるでしょう。

また、海外FXに絡めていえば、海外FXはクレジットカードの利用を「発行元」のほうで弾かれることも珍しくありません。

これもまた、あいだにBitwallet(ビットウォレット)を挟むことで解決できます。

ただし、先に触れたようにクレジットカード入金の手数料の高さは大きなデメリットです。

実際に使うかどうかはメリット・デメリットを天秤にかけて判断しましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)のメリット【日本語サポート】

Bitwallet(ビットウォレット)は充実した日本語サポートもメリットといえます。

Bitwallet(ビットウォレット)は海外のサービスです。

そして海外のサービスはとかく日本語サポートが不十分といったことがデメリットになりがちです。

しかし、Bitwallet(ビットウォレット)は日本語サポートに関してはまったく問題ありません。

そもそも、公式サイトを見ているだけではBitwallet(ビットウォレット)が海外のサービスとは気づけないほどです。

当然、なにか困ったことがあっても普通に日本語でカスタマーサービスへ問い合わせ可能です。

万人に恩恵があるわけではありませんが、この点は意外と大きなメリットといえるのではないでしょうか。

Bitwallet(ビットウォレット)のデメリット・メリットを詳しく解説 まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)はデメリット・メリットそれぞれ存在します。

個人的には、デメリットは「クレジットカード入金手数料の高さ」「出金の遅さ」「対応取引所の不安定さ」あたりです。

対してメリットは「出金手数料の安さ」「対応クレジットカードブランドの豊富さ」などが挙げられるかと思います。

部分的にこれらのメリット・デメリットは一体不可分になっています。

Bitwallet(ビットウォレット)を使うときはこれらのメリット・デメリットはよく承知しておきましょう。