ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)は多彩な法定通貨に対応しているオンラインウォレットです。

そしてオンラインウォレットならば土日や年末年始でも利用できるのではとお考えになる人も多いのではないでしょうか。

しかし、本当にBitwallet(ビットウォレット)は土日・年末年始にも利用できるのでしょうか。

そこで今回はBitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始の対応状況について詳しく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始の営業時間

Bitwallet(ビットウォレット)自体は土日・年末年始は営業していません。

普通の一般企業と同じ土日休みと考えて差し支えありません。

ただ、Bitwallet(ビットウォレット)が営業していないかどうかとシステムの稼働状況はまた別の話しです。

そこでここからは「口座への入金」「口座からの出金」「口座間の送金」「両替」「口座開設」に分けて土日や年末年始の取り扱いを解説していきます。

なお、口座間の送金とはBitwallet(ビットウォレット)ユーザー間の資金移動です。

異なるサービスへの出金や銀行振込とは似て非なるものなので分けて考えるように注意しておきましょう。

そもそも、Bitwallet(ビットウォレット)は自分名義の口座への出金をのぞいて銀行振込はできません。

オンラインウォレットはネット銀行とは違うものなのでそこも勘違いしないようにしましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始の入金

Bitwallet(ビットウォレット)の口座への入金が土日・祝日でどうなるかは手段によって異なります。

Bitwallet(ビットウォレット)で利用できる入金方法は主に「銀行送金」と「クレジットカード」の2種類です。

ちょコムクレジットもありますが、クレジットカードの一種のようなものです。

そして、銀行送金については土日や年末年始は利用できません。

銀行自体が土日休みだからです。 厳密にいえばBitwallet(ビットウォレット)上での入金手続きはできますが、反映するのは土日が空けた銀行の営業日になってからです。

同様に、年末年始やGWなども銀行の営業日に左右されます。

対して、クレジットカード入金は土日・年末年始も問題なく利用可能です。

ただし、Bitwallet(ビットウォレット)のクレジットカード入金の手数料は8%~とかなり高めです。

よほど急を要するのでなければ、クレジットカード入金は最終手段くらいに考えておいたほうがよいかと思います。

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始の出金

Bitwallet(ビットウォレット)からの出金もまた銀行の営業日次第です。

したがって、基本的に土日や年末年始は出金できません。

また、Bitwallet(ビットウォレット)はそもそも出金に3営業日ほどの時間を要します。

したがって、土日を挟むと実質的には1週間ほど時間がかかることも珍しくありません。

さらに、年末年始は平時にくらべて手続きが混雑するため、通常よりも時間がかかる場合もあるとされています。

Bitwallet(ビットウォレット)公式に名言こそされていませんが、できれば銀行の繁忙期である五十日や月末なども避けたほうがよいかもしれません。

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始の送金

Bitwallet(ビットウォレット)ユーザー間の送金については土日や年末年始であっても通常どおり利用可能です。

また、ユーザー間送金は即時反映します。

どうしても土日や年末年始に外部とのやり取りをしたいときはユーザー間送金も視野に入れましょう。

もっとも、Bitwallet(ビットウォレット)は海外FX用に使うという人も多いはずです。

その海外FXが土日・年末年始に営業しているかどうかはその業者次第です。

これは個別に確認しておくようにしましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始の両替

Bitwallet(ビットウォレット)は口座内で通貨を両替可能です。

この両替機能もまた土日・年末年始を問わず利用可能です。

Bitwallet(ビットウォレット)の両替は市場価格に実質的な手数料を上乗せされたレートでおこなわれます。

その為替市場は土日・年末年始はクローズしています。 安定した価格で両替したい人は、あえて土日や年末年始のタイミングで依頼するのもよいかもしれません。

ただし、Bitwallet(ビットウォレット)の両替手数料はお世辞にも安くありません。

面倒でなければ、両替については他の金融機関の利用をおすすめします。

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始のサポート時間

Bitwallet(ビットウォレット)のサポートデスクは土日は営業時間外です。

一方で、年末年始はやや変則的です。 これは年によって変わるかもしれませんが、直近では元旦だけがお休み。

その前後の年末年始(大晦日、三が日)は短縮営業になっていました。

ちなみに、Bitwallet(ビットウォレット)は海外の業者ですが、日本語サポートは万全です。

とくに英語を使う必要はなく、普通に日本語で問い合わせてまったく問題ありません。

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始の口座開設

Bitwallet(ビットウォレット)は土日や年末年始であっても口座開設は受け付けています。

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設手続きにはそれなりの時間と手間がかかります。

土日や年末年始にまとまった時間をとって手続きしたいという人にとって、この対応状況は嬉しいところではないでしょうか。

また、先に触れたとおり年末年始にかぎってはサポートデスクも一部営業しています。

口座開設で分からないところがあれば問い合わせてみましょう。

ただし、口座開設の書類審査に関しては年明けの営業日からの対応です。

残念ながら、休み中にBitwallet(ビットウォレット)を使い始めることはできませんので、そこは承知しておきましょう。

一方で、経験上、土日は書類審査もしてくれるはずです。

場合によっては週末のうちに申し込んでそのままBitwallet(ビットウォレット)を使えることもあるかもしれません。

過度な期待は禁物ですが、なるべく早く使いたい人はダメ元で申し込んでみてもよいかと思います。

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始を詳しく解説 まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)は原則的に土日・年末年始はお休みです。

ただし、Bitwallet(ビットウォレット)がお休みかどうかとシステム上の稼働状況はまた別です。

たとえば、ユーザー間送金や両替に関しては土日や年末年始でも普通に利用できます。

一方で、銀行があいだに入る入出金は基本的に土日・年末年始は利用できません。

少し面倒ですが、これらの違いは個別に確認しておくようにしましょう。