ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始を詳しく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)の土日と年末年始の営業時間はいつなの?

土日や年末年始はBitwallet(ビットウォレット)の入金や出金、送金や両替はできるの?

サポートや口座開設も、土日や年末年始は対応してくれる?

あなたは今、このようにお考えですよね。

Bitwallet(ビットウォレット)は海外FXの入出金方法として広く利用されており、即時反映が期待できる電子ウオレットサービスです。

ここではBitwallet(ビットウォレット)の土日と年末年始について詳しく解説していきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の土日と年末年始の営業時間は?

Bitwallet(ビットウォレット)の土日と年末年始は、営業時間外になります。

このためBitwallet(ビットウォレット)の営業時間は、一般の国内企業と同じです。

一方、Bitwallet(ビットウォレット)の営業時間と、システムの稼働状況は異なるためご注意ください。

一見、ネットバンクとBitwallet(ビットウォレット)は似ているため同じと勘違いする人もいるようですが、まったく異なる金融サービスです。

ここではBitwallet(ビットウォレット)の土日と年末年始の入金、出金、送金、両替、サポート対応、口座開設についてひとつづつみていきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット) 土日・年末年始の入金

Bitwallet(ビットウォレット)の土日と年末年始の入金については、入金手段によって異なります。

入金方法は、銀行送金とクレジットカード(ちょコムクレジットも含む)を利用できます。

銀行送金は、金融機関が土日は休日になるため、土日と年末年始は利用できません。

厳密に言えばBitwallet(ビットウォレット)での手続きはできますが、反映については銀行の営業日での対応になります。

年末年始だけでなく、ゴールデンウイークやお盆も、銀行の営業日に左右されることになるでしょう。

GWやお盆、年末年始でも、土日や祝日が絡むことがなければ銀行は営業します。

さらに年末年始については、大晦日から新年3日までは銀行が休みになるため、それに合わせてBitwallet(ビットウォレット)も休みになるでしょう。

一方、クレジットカード入金は、土日や年末年始でも24時間365日行うことができます。 ただしクレジットカードの入金手数料は8%からと高額です。

クレジットカードは最終手段にしておき、基本的には銀行や休日になる前にBitwallet(ビットウォレット)への入金を済ませておく使い方をしましょう。

Bitwallet(ビットウォレット) 土日・年末年始の出金

Bitwallet(ビットウォレット)からの出金は銀行送金のみですので、銀行の営業時間に左右されます。 したがって土日や年末年始は出金できません。

スムーズに進んだとしてもBitwallet(ビットウォレット)の出金は、3営業日ほどかかります。

もし土日が絡むと、出金までにおおよそ1週間かかることもめずらしくありません。 さらに年末年始であれば通常よりも銀行が混雑します。

また五十日(ゴトー日)や月末近辺は銀行の繁忙期にあたるため、通常よりも出金に時間がかかる可能性があります。

Bitwallet(ビットウォレット) 土日・年末年始の送金

Bitwallet(ビットウォレット)の送金とは、ユーザー間の送金です。

ユーザー間の送金は、土日や年末年始であっても問題なくできます。

同時に即時反映もするため、土日や年末年始の入出金手段のひとつとしてBitwallet(ビットウォレット)のユーザー間の送金も併用できるでしょう。

たとえば自分のBitwallet(ビットウォレット)の口座と海外FX業者の口座間における送金です。

基本的に、ユーザー口座間の送金は土日や年末年始でもできるケースが一般的ですが、海外FX側では別のルールがないのかを確認してからご利用ください。

Bitwallet(ビットウォレット) 土日・年末年始の両替

Bitwallet(ビットウォレット)の両替も、土日や年末年始でもできます。

違う通貨にチャージしたいとき、Bitwallet(ビットウォレット)の両替は便利な機能です。

しかしBitwallet(ビットウォレット)のレートには両替手数料が上乗せされており、さらにコストは高額にのぼります。

基本的に通貨を両替するのであれば、低コストな金融機関がおすすめでしょう。

ただし土日や年末年始は金融機関が休日になるため、万が一の両替にはBitwallet(ビットウォレット)が利用できることは便利です。

Bitwallet(ビットウォレット) 土日・年末年始のサポート対応

Bitwallet(ビットウォレット)のサポート対応も、土日と年末年始は休みです。

実際、その年によって異なるものの、直近の情報によるとサポートの対応は12月30日から翌年1月3日まで休みになったため行われませんでした。

営業時間外でもサポートへのメールは受け付けているものの、返信については営業時間内になりますので、覚えておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット) 土日・年末年始の口座開設

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設は土日と年末年始でも行えます。

日頃仕事や忙しくてBitwallet(ビットウォレット)の口座手続きができなかった方もじっくり手続きができるでしょう。

なおできるのは口座開設の手続きであり、本人確認やサポートデスクへの問い合わせについては、営業日を待つことになります。

Bitwallet(ビットウォレット)は本人確認を後回しにして入金を始められることはメリットです。

一方銀行が休日ですので、手数料が高いクレジットカード入金を利用することになるか、営業日を待って振込するかのどちらかでご利用ください。

なお出金についてはBitwallet(ビットウォレット)の本人確認は必須ですので、早めに済ませることをおすすめします。

Bitwallet(ビットウォレット)の土日・年末年始を詳しく解説まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)の土日と年末年始は、どのようなアクションを行うのかによって異なります。

基本的に外部の銀行が絡む入金や出金は、金融機関と同じくBitwallet(ビットウォレット)も休みになります。

一方、両替やユーザー間の送金については、土日や年末年始であってもBitwallet(ビットウォレット)で行えます。

スタッフが対応するサポートや本人確認なども、土日や年末年始はできません。

Bitwallet(ビットウォレット)では土日と年末年始で何ができるのかをきちんと確認してご利用ください。