ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)は多彩な通貨に対応しているオンラインウォレットです。

そんなBitwallet(ビットウォレット)に法人口座は作れるのでしょうか。

また仮に作れるとしても具体的にはどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。

そこで今回はBitwallet(ビットウォレット)の法人口座について詳しく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)は法人口座も開設できる

Bitwallet(ビットウォレット)は法人口座も開設できます。

もちろん個人口座との併用も問題ありません。

Bitwallet(ビットウォレット)は海外FXへの入出金に人気のサービスです。

そして海外FXで法人口座を使う場合には、入出金の対象もまた法人口座にかぎられる場合も少なくありません。

そうした場合にBitwallet(ビットウォレット)は有力な手段のひとつになるはずです。

また、FXをせずともネットショップを運営するときなどにもBitwallet(ビットウォレット)の法人口座はひとつの選択肢になりえます。

さすがにBitwallet(ビットウォレット)だけでショップの決済を任せるのは無理ですが、決済手段に幅を持たせたいときには十分にありかと思います。

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座の開設方法

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座は個人口座と同じくほぼすべてオンラインで完結します。

ごく簡単にいえば以下の流れで開設できます。

1.申し込み

2.各種証明書の提出

3.審査

「各種証明書」は「本人確認書類」「現住所確認書類」「法人確認資料」に分かれます。

本人確認書類と現住所確認書類は個人口座と共通で、身分証とマイナンバーカード、公共料金領収書などが必要になってきます。

これらは比較的かんたんに揃えられるはずです。

一方で、法人口座用の書類を揃えるにはそれなりに手間がかかります。

Bitwallet(ビットウォレット)へ法人口座を作るつもりの人はあらかじめ手元に用意しておくようにしましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座開設の必要書類

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座開設には以下のような書類が必要です。

・履歴事項全部証明書

・印鑑登録証明書

・法人現住所確認資料

・実質的支配者届出資料

履歴事項全部証明書は要するに登記簿謄本です。

登記簿には一部抜粋の「抄本」と全文の「謄本」がありますが、Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座には「謄本」が必要です。

これは最寄りの法務局へ赴けば数百円で簡単に取得できます。

同様に、印鑑登録証明書は登録した銀行で取得できます。

法人現住所証明資料は公共料金の請求書などで問題ありません。

実質的支配者届出資料はBitwallet(ビットウォレット)からフォーマットを入手できますので、そちらに従って作成しましょう。

なお、一般的な銀行の法人口座の場合は開設にあたって法人のパンフレットが必要だったり、代表者へのヒアリングがあったりします。

しかし、Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座開設にはそこまでの手間はかからないようです。

ただし、金融サービス関連の法人口座開設では別途、法人番号通知書が求められることも珍しくありません。

法人番号通知書は法人設立時に税務署から郵送されてくる書類です。

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座開設でも必要になるかもしれませんので手元に用意しておくほうが無難かと思います。

ちなみに、もし紛失しても一般的な法人口座開設手続きでは国税庁のウェブサイトの該当箇所のコピーで代用可能です。

そもそもBitwallet(ビットウォレット)で必要かは不明ですが、手元になくともおそらくは大丈夫です。

Bitwallet(ビットウォレット)で法人口座を使うメリット

Bitwallet(ビットウォレット)で法人口座を使うメリットは外部への信用が増すことと、請求書発行サービスを利用できることかと思います。

とくに請求書発行サービスは面倒な請求書作成を省けます。

はじめてネットショップを開くときなどは重宝するのではないでしょうか。

一方で、FX用にBitwallet(ビットウォレット)を使うのであれば直接的な節税効果はそこまでありません。

金融サービスの場合はそもそもそちら側で法人口座があり、そちらのほうが重要です。

もし節税効果を期待しているのであれば、FX口座のほうで法人口座を作るのが大前提です。

もっとも、FX口座の法人口座開設に際して入出金元が法人口座なければならないケースが多いのは先に触れたとおりです。

条件次第ではどうしてもBitwallet(ビットウォレット)も法人口座にせざるを得ない場合も多いとは思います。

Bitwallet(ビットウォレット)で法人口座を使うデメリット

Bitwallet(ビットウォレット)で法人口座を使うことにはまず管理が面倒になるというデメリットがあります。

法人口座を使うには当然ながら法人が必要です。

そして法人の管理運営にはそれなりの手間と労力がかかります。

法人設立には登記費用がかかりますし、日々の運営にも各種委託費がかかるはずです。

あるいは、仮に従業員を雇うとなれば社会保険料の負担も生じるでしょう。

また、Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座は出金手数料が個人口座にくらべて不利になる場合がある点もデメリットです。

個人口座の出金手数料は824円の定額です。

対して、法人口座ではそれに加えて0.8%の従量制手数料がかかってきます。

率直にいって、これはかなり大きなデメリットといわざるを得ません。

もしFX用にBitwallet(ビットウォレット)を使うつもりであれば、あえて法人口座ではなく個人口座のまま使うというのもひとつの手かもしれません。

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座は個人事情主でも利用できる?

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座は個人事情主では利用できないと思われます。

法人口座開設に必要な書類が用意できないからです。 そもそも個人事情主は個人であって法人ではありません。

個人事情主には個人事情主なりの法人口座を使わない節税方法があります。

ここでは詳しい解説はしませんが、個人事情主の人はまた別の節税方法を検討しましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の法人口座を詳しく解説 まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)は法人口座も開設できます。

法人口座の開設はオンラインで完結しますが、必要な書類は多岐にわたります。

そこまで時間はかかりませんが、事前に用意しておくようにしましょう。

また、そもそもBitwallet(ビットウォレット)で法人口座を使う必要があるかどうかも状況次第です。

このあたりはメリット・デメリットを比較して慎重に判断しましょう。