ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設の方法・手順を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)は多彩な通貨に対応しているオンラインウォレットです。

そんなBitwallet(ビットウォレット)に興味があるものの、口座開設方法が難しいのではと一歩踏み出せないでいる人もいるのではないでしょうか。

ただ、実際には手順に分けて考えればそれほど面倒なものでもありません。

そこで今回はBitwallet(ビットウォレット)の口座開設方法を手順に分けて詳しく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設の方法・手順を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設方法・手順の概要

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設方法の手順は以下のとおりです。

1.申し込み

2.アカウント開設

3.本人確認

2のアカウント開設まで終われば、とりあえずBitwallet(ビットウォレット)を使うことはできます。

時間にしてもおそらく30分とかかりません。

ただし、その段階では「トライアル」扱いのため、Bitwallet(ビットウォレット)の全機能が開放されていません。

そのあとの手順に期限はありませんが、なるべく早めに本人確認も済ませて全機能を使えるようにしておきましょう。

ではここからは各手順に分けてBitwallet(ビットウォレット)の口座開設方法をもう少し詳しく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設の方法の手順①【申し込み】

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設の最初の手順は申し込みです。

この段階ではメールアドレスしか必要ありません。

申込後、登録メールアドレス宛に口座開設用のURLが送られてくるので、そこからさらに具体的な手続きをしていくことになります。

注意点としては、Bitwallet(ビットウォレット)からのメールを受信拒否されないようにすることくらいでしょうか。

gmailやYahooMailでも基本は問題ありませんが、うまくいかない人は迷惑メールの受信設定を見直してみましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設の方法の手順②【アカウント開設】

Bitwallet(ビットウォレット)から口座開設用のURLが届いたら、そこからが本番です。

このあとは氏名や住所、各種規約の確認などが続いていきます。

最終的に「登録完了」をクリックすれば、いったんBitwallet(ビットウォレット)の口座開設は完了します。

ただし、この方法で使えるのはBitwallet(ビットウォレット)の機能の一部だけ。 完全な機能を開放するためには追加の手順が必要になってきます。

急ぐ必要はありませんが、忘れないうちに済ませておくことをおすすめします。

ちなみに、アカウント開設の手順自体はいったん取りかかれば急ぐ必要はありませんが、着手は早めにしなければなりません。

申込後に登録メールアドレスに届く口座開設用URLの有効期限が1時間しかないからです。

やり直す方法は難しくありませんが、それでも二度手間は避けるべきです。

Bitwallet(ビットウォレット)へ口座開設するときはなるべく時間に余裕のあるタイミングにしましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設の方法の手順③【本人確認】

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設方法でもっとも面倒な手順が本人確認です。

口座開設で必要な本人確認書類は以下のとおりです。

・顔写真付き身分証・・・運転免許証、パスポート、マイナンバーカードのいずれか

・現住所確認書類・・・公共料金領収書やクレジットカード明細書、住民票の写し、印鑑登録証など

これらをコピーではなく「画像データ」で用意して提出します。 その後、本当に本人の書類であるかを確認するため、さらに本人の自撮りもBitwallet(ビットウォレット)へ提出しなければなりません。

撮影環境が悪いと受け付けてもらえないことも珍しくありません。

この手順に進むときは、なるべく明るい場所で落ち着いた環境を用意しましょう。

なお、これまでの手順で一応のトライアル状態の口座開設は完了していますが、本人確認の審査には一定の時間を要します。

具体的には、Bitwallet(ビットウォレット)がデータを受け取ったのち24時間程度の時間がかかるとされています。

ただ、個人的にはデータ提出後の審査が保留からいっこうに変わらず、何度も問い合わせた記憶があります。

それはかなり昔の話しですが、SNSを見ていると意外と最近も同じ目にあっている人がいるようです。

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設方法は、額面通りにうまくいかない場合もあるとは考えておいたほうがよいかもしれません。

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設の方法・手順の補足

ここまでの手続きを終えれば、Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設は一応は完了しています。

ただ、実際にはこの方法だけではまだ出金ができません。

Bitwallet(ビットウォレット)の口座から出金するためには別途出金先口座の登録が必須です。

もっとも、これまでの手順を終えていれば出金はできなくとも送金は可能です。

したがって、たとえばFX口座への送金目的であればこの段階でも問題なく利用できます。

とはいえ、いずれは必要になってくる手順です。

できれば口座開設と同時に終わらせるくらいに考えておきましょう。

また、Bitwallet(ビットウォレット)へクレジットカードで入金したい場合も同様に事前登録が必要です。

入金に関してはBitwallet(ビットウォレット)を使うためには避けては通れません。

クレジットカードを使いたい人は口座開設とあわせて済ませておくことをおすすめします。

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設方法の注意点

Bitwallet(ビットウォレット)で口座開設すると、確認メールにセキュアIDが記されています。

これはさまざまな場面で必要になってくるパスワードのようなものです。

口座開設が終わったからといって、うっかりメールを削除してしまわないように注意しておきましょう。

もっとも、登録メールアドレスが分かっていればパスワード同様に再発行も可能です。

すでに誤って削除してしまったとしてもそこは問題ありません。

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設の方法・手順を詳しく解説 まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設方法の手順は「申し込み」「アカウント開設」「本人確認」です。

アカウント開設の段階でもトライアル状態で利用できますが、全機能を開放するためには本人確認の手順までが必要です。

また、出金するためには口座開設とは別に出金先登録も必要になってきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の口座開設は方法自体は簡単なものの、少し分かりにくい部分があるのは否めません。

小分けに済ませるのもひとつの手かもしれませんが、できれば必要なところまで一気に終わらせてしまうことをおすすめします。