ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の入金方法・入金手数料・反映時間を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)は多彩な通貨に対応しているオンラインウォレットです。

しかし、そんなBitwallet(ビットウォレット)の口座にはどのような入金方法が用意されているのでしょうか。

あるいは、入金手数料や入金の反映時間もまた使い勝手に大きく影響する重要な要素です。

そこで今回はBitwallet(ビットウォレット)の入金方法・入金手数料・反映時間について詳しく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の入金方法・入金手数料・反映時間を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の入金方法は3種類

Bitwallet(ビットウォレット)で利用できる入金方法は下記の3種類です。

・クレジットカード

・ちょコムクレジット

・銀行送金

どれがおすすめの入金方法ということはありませんが、Bitwallet(ビットウォレット)はクレジットカード入金を推奨しているような印象です。

また、どの入金方法を使うかによって反映時間や入金手数料などに微妙な違いが出てきます。

ご自分の状況に応じて適切なものを選びましょう。

ではここからは各入金方法別にそれぞれ入金手数料や反映時間などを解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の入金方法・入金手数料・反映時間【クレジットカード】

おそらく、クレジットカードはBitwallet(ビットウォレット)では最も基本となる入金方法です。

利用できるクレジットカードは「VISA、MASTER、AMEX、JCB、DINERS」。

以前のBitwallet(ビットウォレット)はJCB非対応でしたが、2021年にそれも追加。

現在はほぼすべてのブランドが利用可能です。

利用したいクレジットカードを事前に登録しておけば金額と入金通貨を選ぶだけで入金可能です。

また、Bitwallet(ビットウォレット)はデビットカードを使った入金方法も可能ですが、そちらのやり方もクレジットカードとほぼ同じです。

入金手数料については、利用するブランドによって以下のような違いがあります。

・VISA、MASTER・・・8%

・上記以外・・・8.5%

いずれにせよ安いとはいえない入金手数料です。

一方で、入金の反映時間はブランドを問わず「即時」です。

Bitwallet(ビットウォレット)はあくまでも他のサービスへの仲介につかうケースがほとんどかと思います。

そこで入金の反映時間をとられるようでは困ります。

反映時間が即時の入金方法があるのはかなり重要といってもよいのではないでしょうか。

Bitwallet(ビットウォレット)の入金方法・入金手数料・反映時間【ちょコム】

ちょコムクレジットは、NTTスマートトレードが展開するクレジットカードを利用した電子マネー決済です。

NTTスマートトレードはその名の表すとおり、もともとFX専門の決済会社です。

そしてBitwallet(ビットウォレット)もまたFXによく使われるサービスです。

また、入金手数料は5.5%と単なるクレジットカード入金よりも割安です。

もちろん、クレジットカードを基盤としたシステムのため入金の反映時間も即時です。

総じて、クレジットカードをメインとしつつ、入金手数料を少しでも安くおさえたい人にはよい入金方法といえるかもしれません。

ちなみに、厳密にいえばちょコムクレジットはクレジットカードへちょコムで入金して、そこからBitwallet(ビットウォレット)へ送る入金方法です。

したがって、クレジットカード明細にはBitwallet(ビットウォレット)ではなくちょコムクレジットの名前が記載されるはずです。

実際に試してはいませんが、クレジットカード明細にBitwallet(ビットウォレット)を残したくないという事情がある人にも有効な入金方法になるかもしれません。

Bitwallet(ビットウォレット)の入金方法・入金手数料・反映時間【銀行送金】

銀行送金は銀行振込を使った入金方法です。

Bitwallet(ビットウォレット)で銀行送金を選ぶと、送金先の振込先口座情報を確認できます。

あとはそちらへ向けて任意の銀行口座から振り込むだけです。

とくにBitwallet(ビットウォレット)側で入金手数料はかかりませんが、送金元の振込手数料はまた別の話しです。

この入金方法を使う場合は、なるべく振込手数料の安い金融機関を使いましょう。

また、入金の反映時間も金融機関次第で若干変わってきます。

基本的には1時間前後で反映されますが、五十日などの銀行の繁忙期などは送れる可能性もあるかと思います。

さらに土日祝日の扱いも金融機関次第です。 入金手数料の部分では有利ですが、全体的にやや不安定な入金方法です。

銀行送金でBitwallet(ビットウォレット)へ入金する場合は、ある程度まとまった金額を送金して回数を減らす方向で考えたほうがよいかもしれません。

Bitwallet(ビットウォレット)の入金方法・入金手数料・反映時間【Apple Pay】

少し前にBitwallet(ビットウォレット)はあらたな入金方法としてApple Payを導入したはずです。 しかし、現状その入金方法は確認できません。 おそらくは導入からほどなくして廃止された模様です。

Bitwallet(ビットウォレット)の入金方法・入金手数料・反映時間は他社にくらべてどうなのか

Bitwallet(ビットウォレット)のようなオンラインウォレットサービスはあまり競合がいないため正確な比較は難しいと言わざるを得ません。

ただ、単体で考えても入金手数料はやや高めです。

また、根本的な入金方法のバリエーションでに関しても若干乏しい印象です。

FX口座でいえばクイック入金といった入金方法が一般的ですが、Bitwallet(ビットウォレット)にはそれに準ずる入金方法がありません。

一方で入金の反映時間は入金方法を問わず基本的に早めといえます。

総じて、Bitwallet(ビットウォレット)の入金方法は取り立てて便利というほどではありません。

とはいえ、Bitwallet(ビットウォレット)がFX口座への入出金に向いているのは紛れもない事実です。

海外FXをする人はとりあえず口座を作っておいても決して損はないのではと思います。

Bitwallet(ビットウォレット)の入金方法・入金手数料・反映時間を詳しく解説 まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)で利用できる入金方法は「クレジットカード」「ちょコムクレジット」「銀行送金」の3種類です。

入金手数料はクレジットカードが8%~8.5%、ちょコムクレジットが5.5%、銀行送金は無料です。

ただし、銀行送金はBitwallet(ビットウォレット)側の入出手数料とはまた別に送金元で振込手数料が発生します。

一方で、入金の反映時間は基本的に即時。銀行送金でも問題なければ1時間前後で反映します。

条件は微妙に違うものの、どれが最もおすすめの入金方法ということもありません。 これはご自分の状況に応じて使い分けていきましょう。