ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の送金方法・送金手数料・送金時間を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)は多彩な法定通貨を扱っているオンラインウォレットです。

しかし、オンラインウォレットと聞くと送金方法が難しいのではと思われる人も多いのではないでしょうか。

あるいは、送金手数料や送金時間も気になるところかと思います。

そこで今回はBitwallet(ビットウォレット)の送金方法・送金手数料・送金時間について詳しく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の送金方法・送金手数料・送金時間を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の送金方法は2種類

Bitwallet(ビットウォレット)で利用できる送金方法は「リアルタイム送金」と「送金予約」の2種類です。

名前のとおり送金タイミングが違うだけで、送金手数料や送金時間などは変わってきません。

ただし、これらの送金先は同じBitwallet(ビットウォレット)ユーザーである必要があります。

少し複雑かもしれないので、いったん整理してみましょう。

まず、Bitwallet(ビットウォレット)はオンラインウォレットであって銀行口座ではありません。

したがって、自分名義の口座「以外」への「銀行振込」はできません。

そのため、Bitwallet(ビットウォレット)内部では「送金」は暗にユーザー間の資金移動を意味します。

対して、「出金」は自分名義の口座への資金の引き出しという意味合いで使われます。

当然、それぞれでかかる送金手数料や送金時間も大幅に違ってきます。

はじめてBitwallet(ビットウォレット)を使う人はこれらの用語の使い分けには注意しておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の送金方法に仮想通貨はない

名前から勘違いされがちですが、Bitwallet(ビットウォレット)に仮想通貨の取り扱いはありません。

したがって、仮想通貨を外部へ送るような送金方法も存在しません。

そもそも口座へ仮想通貨を入金する手段もありません。

あくまでもBitwallet(ビットウォレット)は法定通貨のオンラインウォレットということは承知しておきましょう。

なお、具体的な送金方法ですが、これは銀行振込のやり方とさほど変わりません。

振込先口座番号の部分が他のユーザーの登録メールアドレスになるだけのことです。

おそらくは、とくに戸惑うこともないかと思います。

Bitwallet(ビットウォレット)の送金方法の送金手数料

Bitwallet(ビットウォレット)の送金方法にかかる送金手数料は以下のとおりです。

・日本円・・・100円

・USD・・・1ドル

・EUR・・・1ユーロ

・AUD・・・1豪ドル

Bitwallet(ビットウォレット)はこれらの送金手数料を以て「ワンコイン支払い」と称しています。

たしかに、送金する金額次第ではかなり割安な送金手数料になるケースが大半です。

同じBitwallet(ビットウォレット)ユーザー限定ではありますが、かなり使いやすい優れた送金方法といってよいのではないでしょうか。

Bitwallet(ビットウォレット)の送金方法の送金時間

Bitwallet(ビットウォレット)の送金方法は送金時間も「即時」です。

これもまたかなり使いやすい条件といえるかと思います。

ただし、Bitwallet(ビットウォレット)の送金方法には固有の「トランザクションID」が付与されます。

仮想通貨の送金方法に慣れた人には馴染みの用語のはずです。

そして、仮想通貨の送金方法もまた原則的にはほぼ即時ですが、トランザクションの状況次第ではかなり送金時間が送れることもしばしばです。

技術的なことは分かりませんが、仮にBitwallet(ビットウォレット)が仮想通貨と似た仕組みならば同じケースが生じるかもしれません。

ちなみに、仮想通貨の場合は追加の送金手数料を支払うことで優先的に送金時間を短縮してもらえる場合もあります。

しかし、残念ながらBitwallet(ビットウォレット)にそういったシステムはありません。

Bitwallet(ビットウォレット)への送金方法・送金手数料・送金時間

ここまでは「同じBitwallet(ビットウォレット)ユーザー間の送金」を前提に送金方法や送金手数料を解説してきました。

ただ、あわせて「外部→Bitwallet(ビットウォレット)の口座」や「Bitwallet(ビットウォレット)→銀行口座」のような送金方法も知りたいという人も少なくないはずです。

そこでまずはBitwallet(ビットウォレット)の口座へ資金を送る送金方法を紹介しておきます。

言い換えればBitwallet(ビットウォレット)への入金です。 具体的に利用できる送金方法は「クレジットカード」「ちょコムクレジット」「銀行振込」の3種類です。

送金手数料はクレジットカードが8%~8.5%、ちょコムクレジットは5.5%、銀行振込は無料です。

ただし、銀行振込の送金手数料が無料なのはBitwallet(ビットウォレット)側の話し。

別途、送金元では普通に振込手数料がかかります。

送金時間についてはクレジットカード・ちょコムクレジットは即時、銀行振込は最長24時間です。

いずれの送金方法が有利かは重視するポイントや使い方次第です。 これはご自分の状況に応じて使い分けていきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)からの送金方法・送金手数料・送金時間

Bitwallet(ビットウォレット)から自分の銀行口座への送金方法は、当然ながら銀行振込の一択です。

事前に登録した自分名義の銀行口座へ向けて自由に送金可能です。

その際の送金手数料は777円です。

また、Bitwallet(ビットウォレット)のヘビーユーザーになれば最大で50%の割り引きも受けられます。

総じて、送金手数料に関してはかなり優れた条件といってよいかと思います。

一方で、送金時間は「3営業日以内」とかなり遅めです。

一般的なFX口座や証券口座などからの送金時間はたいていが翌営業日です。

それにくらべればBitwallet(ビットウォレット)の送金時間は少々遅いと感じる人が大半ではないでしょうか。

Bitwallet(ビットウォレット)の送金方法・送金手数料・送金時間を詳しく解説 まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)で利用できる送金方法は「Bitwallet(ビットウォレット)ユーザー間」の「リアルタイム送金」と「予約送金」の2種類です。

名前のイメージに反して、仮想通貨の送金方法などは存在しません。

送金手数料は日本円ならば100円、ドルの場合は1ドルで、Bitwallet(ビットウォレット)内部ではワンコイン送金と呼ばれています。

送金時間についても即時で、さすがオンラインウォレットといったところです。

総じて、Bitwallet(ビットウォレット)の送金方法はユーザー間限定であればかなり優れています。

また、入金や出金といった意味での送金で見ても、海外FX口座との相性は抜群です。

今回は主にユーザー間の送金方法を前提に解説してきましたが、仮にそれを使わないとしてもかなり有用といってよいかと思います。