ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)とやめ方を詳しく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)とやめ方の手順を知りたい。

ところでBitwallet(ビットウォレット)は退会できるの?

もしできるのであれば退会方法(解約方法)の所要時間や準備、注意点などについて詳しく知りたい。

結論を言うと、Bitwallet(ビットウォレット)は退会方法(解約方法)を行えますので、やめ方について詳しく解説していきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)とやめ方を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)とやめ方

Bitwallet(ビットウォレット)における退会方法(解約方法)のやめ方は、問い合わせフォームからの申請になります。

問い合わせフォームにウォレットIDなどの情報や退会したいという内容を入力して送信しましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)のサポートデスクの営業時間は、平日の9~17時です。

営業時間外の申請は営業時間内の対応になりますが、返信には時間がかかる印象です。

早く退会したい方は、早めの手続きをこころがけましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)とやめ方の準備

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)では、やめ方の準備として口座残高を0円にします。

出金方法を進めるためには、以下2つの準備が必要になります。

  • 1.アカウントステイタスを「ベーシック」にする
  • 2.出金先金融機関の登録を行う

まずは、Bitwallet(ビットウォレット)のアカウントステイタスを「ベーシック」にすることです。

ベーシック以上のアカウントステイタスでなければBitwallet(ビットウォレット)の出金は行えません。

本人確認書類の提出を済ませることで、ベーシックになるため、準備として済ませてください。

もうひとつBitwallet(ビットウォレット)の出金方法の準備として、出金先金融機関の登録を行います。

ふたつの準備を済ませたらBitwallet(ビットウォレット)からの出金を行い口座残高を0にしましょう。

これで退会方法(解約方法)の準備が整いますので、Bitwallet(ビットウォレット)のやめ方に進むことができます。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)とやめ方の所要時間

Bitwallet(ビットウォレット)は退会方法(解約方法)に関わる所要時間を明確にしていません。

一般的な金融サービスの場合、おおよそ1営業日程度になるため、所要時間の目安にしてみてはいかがでしょうか。

事前準備から退会方法(解約方法)まで、やめ方に関するすべての所要時間を考えると、長時間におよぶ可能性についても否定できません。

Bitwallet(ビットウォレット)の出金先金融機関の登録は、数日がかかります。

トータルでの退会方法の所要時間は長時間におよぶと考えておいた方がよいでしょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)は手続きをしないやめ方も可能

今後Bitwallet(ビットウォレット)を使う予定がない方は、退会方法(解約方法)を済ませてしまってもよいでしょう。

もし退会を迷っている方や、利用を再開する可能性がある方は、口座を放置するやめ方をしても問題ありません。

半年にわたりBitwallet(ビットウォレット)へログインしないでいると、自動的にアカウントが凍結するケースがあるためです。

凍結すれば、事実上の退会と同じことになります。

口座を放置することを推奨しているわけではありませんが、退会方法を迷っている方や面倒な方は、アカウントを放置しておく方法もやめ方のひとつとして利用できます。

もしアカウントを再開したい方は、Bitwallet(ビットウォレット)に本人確認書類の再提出が必要になります。

再開には一定の手続きが必要になることを覚えておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)とやめ方の注意点

出金に時間がかかるおそれがある

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)では事前に出金を済ませなければいけません。

ただしクレジットカードで入金した資金の出金には、時間がかかるおそれがあります。 場合によっては出金時間に1ヶ月かかるケースもあります。

クレジットカードからの資金の出金に時間がかかる理由は、アンチマネーロンダリング対策のためです。

退会を急ぐ方は、なるべく早めに出金手続きを済ませることが、退会方法とやめ方に関する注意点になります。

退会と再開を繰り返すとアカウントが再開できなくなるおそれがある

Bitwallet(ビットウォレット)の退会と再開は自由にできますが、一定回数を繰り返すとアカウントが再開できなくなるおそれがあります。

一定回数とは厳密に明示されていないためわかりません。

またアカウント凍結を狙うやめ方は、退会の回数に含まれるのかも不明です。

そこで今後、Bitwallet(ビットウォレット)の退会を迷っている方は、やはりアカウント凍結を狙うやめ方がおすすめでしょう。

みずから退会方法(解約方法)を進めてしまうよりも、凍結までに半年の猶予ができるため、凍結の回数を減らすことができるからです。

やめ方の注意点として、Bitwallet(ビットウォレット)の退会よりも再開を重視するのであれば、なるべく口座を凍結させない回数を減らしたほうが安心です。

またアカウントの再開後は、Bitwallet(ビットウォレット)のメールアドレスとパスワードが必要になります。

もし退会を迷っている段階では、再開を想定しておきログイン情報を大切に保管しておいてください。

退会後でもアカウントの新設はできない

Bitwallet(ビットウォレット)を退会後、アカウントを新設することはできません。

あくまでも凍結したアカウントの解除に限るため、これまでのアカウント情報は引き継がれると考えてよいでしょう。

なおBitwallet(ビットウォレット)のアカウントステイタスまでが引き継がれるのかどうかについては不明です。

アカウントの新設を目的としてBitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)はできないことを注意点として覚えておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)とやめ方を理解したうえでご検討を

2021年の口コミになるため変更になっているかもしれませんが、Bitwallet(ビットウォレット)は一度解約すると半年は再開できないという声も聞かれています。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)とやめ方をきちんと理解したうえで、退会をご検討ください。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)とやめ方を詳しく解説まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)のやめ方はサポートデスクへの申請になります。

準備を済ませて、所要時間と注意点を確認したうえでBitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)を行いましょう。