ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)とやめ方を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)は多彩な通貨に対応しているオンラインウォレットです。

しかし、そんなBitwallet(ビットウォレット)を使っていたものの、なんらかの事情から退会(解約)を検討しているという人もいるのではないでしょうか。

あるいは、これから登録するつもりだけれども事前にやめ方を調べておきたいという人もいることでしょう。

そこで今回はBitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)・やめ方について詳しく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)・やめ方を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の正規の退会方法(解約方法)・やめ方

Bitwallet(ビットウォレット)の正規の退会方法(解約方法)はお問い合わせフォームからの退会(解約)申請です。

そのほか、専用のフォームなどを用いた退会方法(解約方法)・やめ方はありません。

少々面倒ですが、ウォレットIDなどを添えて退会(解約)したい旨を伝えましょう。

なお、Bitwallet(ビットウォレット)のサポートデスクの営業時間は平日の9時~17時です。

時間外の問い合わせは営業時間内に順次対応してもらえます。

ただし、個人的にはBitwallet(ビットウォレット)のサポートデスクの対応はやや遅めな印象です。

早めに退会(解約)したい人はある程度時間の余裕を持って申し込んでおきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)は正規ではない退会方法(解約方法)・やめ方もあり

今後一切Bitwallet(ビットウォレット)を使う予定がないのであれば正規の退会方法(解約方法)をとるに越したことはありません。

ただ、再開する可能性が少しでもあれば、あえて口座を放置しておくやめ方にとどめておくのもありかと思います。

実際、Bitwallet(ビットウォレット)は半年ほどアカウントへのログインがないと自動的に口座が凍結されることがあります。

そうなれば事実上は退会(解約)したも同然です。

決して推奨するわけではありませんが、どうしても正規の退会方法(解約方法)の手続きが面倒という人はあえて放置しておくのも悪くはないかと思います。

ただし、いったん凍結したアカウントの復活には別途本人確認書類の再提出が必要になります。

このやめ方でも再開には多少の手間はかかるので、そこは承知しておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)・やめ方の事前準備

Bitwallet(ビットウォレット)を退会(解約)するまえには口座残高をゼロにしておく必要があります。

しかし、Bitwallet(ビットウォレット)は初期状態では出金できません。

口座から出金するためには事前に出金先金融機関の登録が必須です。

一方で、Bitwallet(ビットウォレット)は出金先を登録せずともFXへの利用は可能です。

そのため、意外と出金先未登録のまま使い続けている人も少なくないようです。

退会(解約)する可能性のある人は面倒がらずに出金先は事前に登録しておきましょう。

なお、Bitwallet(ビットウォレット)は本人確認書類「未」提出状態のトライアルでも送金機能を利用できます。

そのため、トライアルでFX口座へ送金することもできなくはありません。

ただ、トライアル状態では出金先の登録ができません。

いずれ正規の退会方法(解約方法)・やめ方をしたい人は、本人確認は早めに済ませてトライアル状態を抜け出しておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)・やめ方にかかる時間

Bitwallet(ビットウォレット)は正規の退会方法(解約方法)の標準処理期間を明らかにしていません。

ただ、一般的な金融サービスの口座は一両日中には退会(解約)処理は完了するものです。

Bitwallet(ビットウォレット)についてもそれくらいで考えておくとよいのではないでしょうか。

ただし、事前準備としての出金先登録まで含めるとそれなりの時間を覚悟しておきましょう。

というのも、出金先登録自体に数日の時間がかかるからです。

口座を放置しておくやめ方も悪くありませんが、正規の退会方法(解約方法)をとるに越したことはありません。

まだトライアル状態という人は早めに本人確認と出金先登録は済ませておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)・やめ方の注意点

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)・やめ方には出金が必須です。

しかし、事前にクレジットカード入金をしていると出金に思わぬ時間がかかる場合があります。

これはBitwallet(ビットウォレット)がマネーロンダリングに悪用されるのを防ぐための処置です。

遅れる時間はケース・バイ・ケースと思われますが、海外FXの例でいえばカードの締め日との関係で出金までに1ヶ月くらいかかることもあります。

そのあいだは当然ながらBitwallet(ビットウォレット)も退会(解約)できません。

さらにいえば、Bitwallet(ビットウォレット)のクレジットカード入金は着金が早い一方で手数料がかなり高めです。

少しでも退会(解約)する可能性のある人はなるべく銀行送金での入金を心がけたほうがよいかもしれません。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)・やめ方は他社よりも面倒か

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)は他社に比較して取り立てて面倒ということもありません。

金融サービスとしてはごく一般的なやめ方です。

むしろ海外のサービスの中では親切なほうとさえいえるかもしれません。

ごく少数ですが、海外FXの中にはそもそもやめ方がまったく明かされていないところも存在します。

それらに比較すれば事前に退会方法(解約方法)を開示しているBitwallet(ビットウォレット)は誠実な姿勢といえるでしょう。

ただし、残念ながらサポートデスクの対応の遅さは多くの人が言及するところです。

退会(解約)するにしてもどこかしらでやり取りが詰まる可能性は想定しておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)・やめ方を詳しく解説 まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)の退会方法(解約方法)は問い合わせフォームからの申請のみです。

他のやめ方は用意されていません。

また、退会(解約)前には口座をゼロにしておく必要があるため、出金先の事前登録が済んでいない人はそれもこなす必要があります。

全体的に、トライアル状態でBitwallet(ビットウォレット)を使っている人は退会(解約)に時間がかかってしまいます。

実際には、FXで使うだけであればBitwallet(ビットウォレット)はトライアル状態でも問題ありません。

しかし、退会(解約)の可能性も考えると早めに本登録しておくことを強くおすすめします。