ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

Bitwallet(ビットウォレット)の使い方を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

Bitwallet(ビットウォレット)は多彩な通貨に対応しているオンラインウォレットです。

しかし、オンラインウォレットと聞くと使い方が難しいのではと考えて、中々手を出せていないという人もいるのではないでしょうか。

ただ、実際にはオンラインウォレットとはいっても一般的な金融機関の使い方とそこまで変わりません。

そこで今回はBitwallet(ビットウォレット)の使い方を詳しく解説していきます。

Bitwallet(ビットウォレット)の使い方を詳しく解説

Bitwallet(ビットウォレット)の使い方【登録方法】

Bitwallet(ビットウォレット)自体の使い方は比較的簡単です。

ただ、それ以前のアカウント開設にはやや手間取るかもしれません。

概要は以下のとおりです。

・申し込み

・口座開設

・本人確認

申し込みの段階では詳しい個人情報も不要です。

そして、口座開設するだけであれば書類の提出も必要ありません。

しかし、その段階では入金と送金しか利用できません。

Bitwallet(ビットウォレット)本来の機能をすべて利用した使い方をするためには、その後の本人確認書類の提出が必須です。

もちろん出金するためにも必須です。 できればそこまで一気に済ませておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の使い方【入金】

Bitwallet(ビットウォレット)で利用できる入金方法は「銀行口座振込」「クレジットカード」「ちょコムクレジット」の3種類です。

入金メニューの使い方自体は手段によってそこまで違いません。

基本的には金額を指定して依頼するだけです。

しかし、Bitwallet(ビットウォレット)は利用する入金手段によって手数料が大きく異なります。

銀行口座振込は無料な一方で、ちょコムクレジットは5.5%、クレジットカードは8%~の手数料がかかります。

どういった使い方をするにせよ無駄な手数料は節約すべきです。

できればBitwallet(ビットウォレット)への入金には銀行口座振込を利用しましょう。

なお、仮想通貨のウォレットの場合は専用の入金アドレス宛に入金することになりますが、Bitwallet(ビットウォレット)にそのような使い方は不要です。

普通に指定銀行口座宛に振込すればOKです。

Bitwallet(ビットウォレット)はオンラインウォレットとはいうものの、仮想通貨のウォレットとは似て非なるものです。

基本の使い方は普通の金融サービスと同じと考えて問題ありません。

Bitwallet(ビットウォレット)の使い方【出金】

Bitwallet(ビットウォレット)からの出金は事前登録済み銀行口座への振り込みの一択です。

他の手段はありません。

出金もまた入金同様に金額を指定して依頼するだけのことです。

詳しい使い方で戸惑うところはないでしょう。

手数料については、一応Bitwallet(ビットウォレット)公式は10USD相当としています。

ただ、実際にはさまざまな割引が適用されて800円前後になります。

基本的に出金手数料はかなり安いと考えて問題ないかと思います。

Bitwallet(ビットウォレット)の使い方【送金】

Bitwallet(ビットウォレット)は同じユーザー間の送金に関してはかなり便利です。

基本的な使い方は銀行口座振込とそう大きく違いません。

口座番号にあたる部分が相手方のメールアドレスになるくらいです。

そのうえで、ユーザー間送金はなんと手数料がわずか100円です。

それも固定であるため金額にかかわらずです。

同じBitwallet(ビットウォレット)ユーザー間でしか利用できないという使い方の制限こそあるものの、利用条件は破格です。

使える機会があれば積極的に利用していきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の使い方【両替】

Bitwallet(ビットウォレット)は標準で両替機能も利用可能です。 両替できる通貨は「日本円」「米ドル」「豪ドル」「ユーロ」の4通貨。

両替機能の使い方は両替元と先の通貨と金額を選んで依頼するだけです。

依頼して数分もすれば、リアルタイムのレートで口座に反映されます。

ただし、Bitwallet(ビットウォレット)の両替は一見して手数料無料ですが、実際にはレートにかなりの金額が上乗せされています。

お世辞にも安いとはいえない実質的な手数料が発生しています。

一般的な金融機関と同じような感覚の使い方をしていると大損しかねませんので注意しておきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の有効な使い方

Bitwallet(ビットウォレット)ユーザーの多くは、出金手数料の安さを生かした使い方をしています。

先ほど触れたように、Bitwallet(ビットウォレット)の出金手数料は数百円程度です。

一方で、Bitwallet(ビットウォレット)が利用されがちな海外FXの出金手数料は数千円ほどかかることも珍しくありません。

これは海外FXが「海外」であるゆえ国際送金扱いになるからです。

その点、Bitwallet(ビットウォレット)ならば定額数千円ほどの出金手数料で済むわけです。

Bitwallet(ビットウォレット)のお得な使い方は主に「海外FXからの出金」と考えておけばまず間違いないはずです。

逆に、Bitwallet(ビットウォレット)を外貨預金のようなものと考えていると誤りです。

Bitwallet(ビットウォレット)は金利も付きませんし、そもそも取扱銘柄(取扱通貨)が少なすぎます。

くれぐれも外貨預金のような使い方は考えないようにしましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の使い方の注意点

Bitwallet(ビットウォレット)は仮想通貨の入出金には使えません。

名前のイメージからしてBitwallet(ビットウォレット)は仮想通貨の管理に利用できるとお考えの人も少なくないはずです。

しかし、残念ながらBitwallet(ビットウォレット)に仮想通貨の取り扱いは一切ありません。

購入はおろか入出金さえ不可能です。

一応、かつてのBitwallet(ビットウォレット)は仮想通貨も管理できた時代もありますが、現在は完全に撤退してしまいました。

公式サイト、利用規約のいずれを見ても痕跡ひとつ見られません。

今後も一般的な仮想通貨のウォレットとしての使い方は期待しないでおきましょう。

Bitwallet(ビットウォレット)の使い方を詳しく解説 まとめ

Bitwallet(ビットウォレット)の使い方は比較的簡単です。

全体的に、入出金、送金、両替いずれも直感的な使い方ができるかと思います。

ただし、その条件はさまざまで、サービスごとで利用価値もかなり違っています。

その中で一般的なBitwallet(ビットウォレット)のお得な使い方は「海外FXからの出金手段」としてです。

もちろん他の使い方を想定するのもよいですが、正直なところそこまでメリットがあるようにも思えません。

やはり主な用途は海外FXからの出金と考えておきましょう。