ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

DMM FXのチャートの見方と設定方法を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用・ロスカット水準20%

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・他のFX業者でなかなか作れない"法人口座"を作れ"法人の場合損失繰越"が出来るのでおすすめ

・NDD方式を取っており利用者の利益とFX業者の利益が直結しているので余計な成約が無し

・ボーナスが無い分トレードの手数料が低く設定されている。その為本気でトレードをしたい方には一番おすすめのFX業者

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

これからDMM FXを利用してFXトレードを始めたいという人も多いでしょう。

中でも実際にトレードを始める前にDMM FXのチャートの使い心地などを知りたいという人もいるのではないでしょうか。

DMM FXでは、初心者でも利用しやすいチャートの画面表示が魅力となっています。

今回は、これからDMM FXでトレードを始めたい人のために、DMM FXのチャートの見方と設定方法を分かりやすく解説していきます。

DMM FXのチャートの見方と設定方法を分かりやすく解説

口コミなどの評価を見ているとDMM FXのチャートは「見やすい」という評価が多くなっています。

またDMM FXのチャートは、PCからでもスマホアプリを利用してでもチェックすることが可能です。

ここでは、PC画面とアプリの画面それぞれを利用してチャートの見方と設定方法を解説していきます。

DMM FX PC画面でのチャートの見方と設定方法

DMM FXのPC画面は初心者向けと上級者向けでも画面の設定を変えることができますが、今回は初級者に向けたデモ画面にて解説します。

DMM FXにログインすると、画面中央にチャート画面が表示されます。

見たい通貨ペアのチャートを表示させたい場合には、左上に表示されている通貨ペアを選択することで表示されているチャートを変更することができます。

チャートの時間足の変更方法についてですがチャート画面の上部にあるメニューバーを利用して変更することが可能です。

初期設定で「1分」と表示されている部分をクリックすると、分足で「1分・5分・10分・15分・30分」のチャートを選択することができます。

また分足の右横の「1時間」をクリックすると、時間即で「1時間・4時間・8時間」などを選択することもできます。

さらには時間即の右横にある「日・週・月」などを選択することによって、日足・週足・月足などへの変更もできるようになっています。

次にチャートの表示方法についてですが、チャート上部のメニューバーの一番右側2つのボタンを利用すれば、ロウソク足のチャートやバーチャートなどを好みに合わせて変更できるようになっています。

さらに初心者向けのチャートであっても、多用されるテクニカル指標を利用することが可能です。

上部メニューバーの「月足」の右横にある「テクニカル指標」のボタンをクリックすれば、主に利用される5つのテクニカル指標を利用することができます。

DMM FXアプリでのチャートの見方と設定方法

まずはDMM FXのアプリのホーム画面より「チャート」をタップしていきます。

「チャート」をタップすると、それぞれの通貨ペアのチャート画面が表示されるでしょう。

さらに自分が取引を行う通貨ペアのチャートを表示させるには、実際に表示されている通貨ペアの文字の部分をタップします。

例えば以下の画面の場合は「EUR/JPY」の部分をタップすることで、好きな通貨ペアを選択できるような仕組みです。

チャートの時間足を変更したいのであれば、通貨ペアの隣に表示されている時間の部分をタップします。

時間をタップすると、表示できる時間足が選択できるので表示させたいものをタップしていきましょう。

時間足設定の隣にある「チャート設定」をタップすることで、基本的なチャートの設定を行うことも可能です。

例えばチャートの表示をロウソク足からバーチャートにしたいなどの変更もこの画面で行うことができます。

さらにDMM FXのスマホアプリでは、チャート上でテクニカル分析を行うことも可能です。 チャート画面の右上にあるチャートアイコンをタップしてみましょう。

テクニカル設定が表示され移動平均線やポリンジャーバンドなどを表示させることができますよ。

PCで表示されるチャートでのテクニカル分析ほど細かい設定はできないものの、一通りのテクニカル分析に利用できる設定が揃っています。

DMM FXのプレミアチャートを利用すれば自分好みのカスタマイズが自由自在

より高度な操作をチャートに求めるのであれば、DMM FXのプレミアチャートを利用していくのが良いでしょう。

プレミアチャートではテクニカル指標が29種類利用できたり複数画面のチャートを一気表示できるなどの利用が可能です。

ちなみにプレミアチャートをデモで試すことはできませんので、スタンダード口座を開設後に利用するようにしてください。

DMM FXのプレミアチャートの起動方法ですが、ログイン後にメイン画面から「メニュー」→「プレミアチャート」または、ダイレクトに「プレミアチャート」をクリックして立ち上げます。

プレミアチャートの一番の特徴である複数のチャートを1画面で開きたい場合には、メインチャート上部にある「M」をクリックしマルチチャートを開きます。

マルチチャートが開かれると、さらに右縦のメニューバーの中から「2画面・3画面・4画面」など1画面で表示させたいチャートの数を選ぶことができます。

チャート銘柄を変更したい場合には、メインチャートの左上にある登録ボタンをクリックしましょう。 ここでチャートを表示させたい通貨ペアを選んでいくことができます。

さらにDMM FXのプレミアチャートでは、より複雑な操作ができるようになるため、チャート画面にてwebマニュアルを利用することも可能です。

チャート画面右上にある「?」ボタンをクリックしてみましょう。

左側に調べたい項目の一覧が表示されるので、その中からわからないものを選択することができます。

項目を選択すると、画面左側に図解付きの解説が表示されるのでわからない部分をすぐに解決することが可能です。

DMM FXのチャートの見方と設定方法を分かりやすく解説まとめ

今回は、DMM FXのチャートの見方と設定方法についてわかりやすく解説してきました。

DMM FXでは、PCやスマホアプリを利用してチャートをみることが可能です。 それぞれ利用するデバイスやチャートのタイプによっても少しずつ操作方法が異なります。

プレミアチャートは正規取引以外では利用できませんが、初心者向けのチャートやアプリのチャートはデモ取引でも利用することが可能です。

いきなりトレードするのに不安があるという人は、まずはデモ口座を利用してチャートの設定に慣れてみるのも良いでしょう。