ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

DMM FXの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

これからFX取引を行う人の中には、DMM FXの追証やロストカット ・証拠金維持率などの条件について詳しく知りたいという人もいるでしょう。

DMM FXにてトレードのリスクを減らすためにも、事前にしっかりと確認しておかなければならないのが、この追証・ロストカット ・証拠金維持率についてのルールです。

ここでは、安全にDMM FXにてトレードを行うためにDMM FXの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説していきます。

DMM FXの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

国内や海外には実にさまざまなFX取引所が存在しますが、FX取引所によって具体的なトレードのルールはそれぞれ異なります。

そして、どの取引所を利用するのであっても追証・ロストカット ・証拠金維持率などのトレードのルールに関しては事前にしっかり確認しておく必要があります。

まずはDMM FXでも使われる追証・ロストカット ・証拠金維持率という言葉について理解していきましょう。

DMM FXにおける追証とは?

まず追証という言葉についてですが、追証とは追加証拠金の略語です。

一定の金額で注文を行いポジションを持った場合、FX取引所の指定する一定の割合を下回ると、ポジションを継続して持ち続けるために追加の証拠金を支払うというシステムのことを言います。

ちなみに追証のシステムがあるところとないところがありますが、国内のFX取引所では追証のシステムが導入されており、海外取引所であれば追証システムが導入されていないところもあるようです。

DMM FXでは、後から説明する証拠金維持率というものが100%を下回った場合、この追証が発生する仕組みになっています。

DMM FXでは毎営業日クローズ時点で「証拠金維持率の判定」を行なっており、証拠金維持率が100%を下回っていると証拠金状況の項目の中の「追加証拠金額」にポジションを継続するために必要な追証の金額が表示されます。

追加証拠金が発生している場合には、追加証拠金が発生した翌営業日の04時59分までに追加証拠金額以上の入金かポジション決済による追加証拠金額の解消をしなければなりません。

解消期限までにいずれかの処置を行い追加証拠金が0円にならなければ、保有しているポジションを反対売買による強制決済が行われてしまうので注意が必要です。

DMM FXにおけるロストカットとは?

FXトレードを行うのであれば、追証と同様に理解しておかなければならないのがロストカットについてです。

ロストカットとは、自分の持っているポジションがある一定の損失にたどり着いた時に、強制的にポジションを解消されてしまうというシステムのことです。

FX取引では相場の状況により大きな損失が出てしまうことがあります。

その結果として預託された証拠金の全てがなくなってしまったり、さらには追加の損金を支払わなくてはならないという状況に陥ることもあるでしょう。

しかしロストカットのシステムが発動することで、含み損を拡大することなく比較的安全にトレードを行うことができるという資産を守るためのシステムになっています。

DMM FXにおいても損失額がある一定の水準に達してしまうと、強制的に保有しているポジションのすべてを強制的に決済するというロスカットルールが導入されているのです。

ロストカットのルールについては取引所ごとに条件が異なってきますが、DMM FXでは証拠金維持率が50%以下になった場合、ロスカットが発動し、未約定の注文を取り消したり未決済ポジションが強制的に決済されたりします。

そしてこのようなロストカットが発動した場合、事前にユーザーに通知が届くということも無いようですので注意してください。

DMM FXにおいてロストカットを回避する方法とは?

DMM FXにおいてロストカットを回避するための方法としては、次で説明する証拠金維持率を50%まで低下しないよう保つということがポイントになります。

追証を避けたりロスカットを避けるためには、いずれにしても証拠金維持率についてしっかり理解しておくことが重要になってくるでしょう。

DMM FXにおける証拠金維持率とは?

追証やロストカットを理解する上で、必要になってくるのが証拠金維持率です。

証拠金維持率とは、名前の通り必要証拠金を維持している割合のことをさします。

必要証拠金とは、FX取引を行う際に必要な担保のことをさしています。

つまり必要証拠金という名の担保がFX取引所が定める一定の割合以下となったら、追証が発生したりロストカットが発動することになるのです。

そして証拠金維持率とは、必要証拠金に対して資産総額の割合のことを指しています。

証拠金維持率は以下のような計算方法にて計算することが可能です。

証拠金維持率=(純資産額−注文証拠金)÷必要証拠金×100

そしてDMM FXにおいては、この証拠金維持率が100%を下回れば追証が発生し、50%を下回ればロストカットが発生するというルールになります。

DMM FXでは、ロストカットの場合には事前の通知なく強制的に決済されてしまうので、トレードを行う前に自分で証拠金維持率を計算できるようにしてある程度の追証発生やロストカット発動のタイミングを知っておくことが重要になるでしょう。

DMM FXの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

今回は、DMM FXの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説してきました。

DMM FXでトレードを行うのであれば、追証やロストカット・証拠金維持率については必ず学んでおかなければなりません。

不要な損失を出さないためにも、まずはDMM FXのデモ取引にてルールに慣れてから実際にトレードを行なってみましょう。