ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

DMM FXのスキャル・スキャルピングで使えるのか詳しく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・通常の方はスタンダード口座、スキャルピングメインで取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめです

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20191008112823j:plain

FXトレードを行っている人の中には、スキャルピングでの取引を専門にしているという人もいるでしょう。

または、これからスキャルピングにチャレンジしたいので、スキャルピングに有利な取引所を探しているという人もいるかもしれませんね。

DMM FXでは、取引手数料が基本無料でスプレッド幅も狭いという特徴がありスキャルピングに向いていると目をつけている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、DMM FXのスキャル・スキャルピングで使えるのか詳しく調べてみました。

DMM FXのスキャル・スキャルピングで使えるのか詳しく解説

スキャルピングとは、別名「超短期トレード」とも呼ばれているFXトレードの手法です。

数銭から数十銭というごくごくわずかな利幅を狙って売買を繰り返し、利益を上げていくという手法になります。

FXと言えば、デイトレードやスイングトレードなどと呼ばれる短期取引が主流となっていますが、スキャルピングはその中でも最も取引のスパンが短いものだといえるでしょう。

たとえば買いのポジションからスタートして数銭上がったところで売りの注文を入れたりもするので、実際にポジションを持っている時間は数秒ということもあります。

そしてスキャルピング1回のトレードで得られる利益は基本的にごくわずかなものです。

しかし、このわずかな利益を積み重ねることで、大きな利益を狙っていくというのがスキャルピングの大きな特徴になっています。

少額の利益を少しずつ積み重ねていくスキャルピングですが、取引所によってはこの手法が使えないというところもあるようです。

それでは実際にDMM FXでスキャル・スキャルピングができるのかどうかをみていきましょう。

MM FXでのスキャル・スキャルピングはNG

DMM FXでは明確に「スキャル・スキャルピングをしてはいけない」という明記はありません。

しかしDMM FXの店頭外国為替証拠金取引(DMM FX)約款の禁止事項の中には、以下のような一文があります。

短時間での注文を繰り返し行う行為

短時間での注文を繰り返し行う行為が禁止行為とされているのであれば、スキャルピングもこの行為に該当するためDMM FXではスキャルピングは禁止という認識になるでしょう。

MM FXでのスキャル・スキャルピングを行うと口座が凍結されるなどのペナルティがある

また実際の口コミなどをみていても、「スキャル・スキャルピング=短時間での注文を繰り返し行う行為」をした人は、口座が凍結されたなどの情報がみられました。

そのため、DMM FX側でスキャルピングを行うと、禁止事項に該当する短時間での注文を繰り返したと見なされるためペナルティを課せられる場合があるようです。

中でも一番多いペナルティが口座の凍結であり、一度口座を凍結されてしまうとそれ以降取引ができなくなってしまうというリスクが生じます。

DMM FXではスキャルピングを試すことはできても、DMM FX側に不正行為と見なされればペナルティとして最悪の場合には口座が利用できなくなるというリスクがあるようです。

DMM FXのスキャル・スキャルピングはなぜNGなのか

DMM FXでは短期取引を繰り返す行為=スキャルピングが禁止されていますが、なぜ禁止行為と見なされているのでしょうか。

実はDMM FXでスキャルピングができない大きな理由としては、DMM FXがインターバンク直結の業者ではないという理由が上げられます。

インターバンク直結の業者とは、ユーザーから出された注文をそのまま市場に流す業者のことです。

対するDMM FXのような業者は、ユーザーから出された注文の全てをそのまま市場に流すことはせず、自社である程度処理をしてしまうという業者のことをさします。

相対業者の場合には、注文を自社で処理することが前提となるため、スキャルピングを許可してしまうと1日に膨大な数の注文を処理する必要が出てくるので、結果としてサーバーに大きな負担がかかってしまうことに繋がるのです。

その結果、対応ができなくなるというリスクがあるため、DMM FXのような相対業者では超短期トレードであるスキャルピングをNGとしています。

実際にはDMM FXでスキャル・スキャルピングをやっている人もいる!?

DMM FXでは短期間での注文を繰り返し行う行為が禁止されているので、基本的にスキャルピングを行うことはNGです。

しかし口コミなどをみていると、DMM FXでスキャルピングをやっているという人の口コミもいくつか見つけることができます。

DMM FXでスキャルピングをNGとしている大きな理由は、大量の注文によりサーバーに負担がかかってしまうというものだということが推測できます。

そのためサーバーに負担をかけない程度でスキャルピングを行うのであれば、短期間での注文を繰り返したとは見なされないため、スキャルピングトレードができる場合もあるようです。

実際に1日何回までのトレードがOKなのかなどの線引きは断定できませんが、取引回数がそれほど多くない人であればスキャルピングトレードをDMM FXで行っているという人もいるようですね。

ただし、DMM FX側に禁止事項に触れていると判断されれば、口座が凍結されるので注意してトレードする必要があります。

DMM FXのスキャル・スキャルピングで使えるのか詳しく解説まとめ

今回は、DMM FXのスキャル・スキャルピングで使えるのか詳しく解説してきました。

DMM FXでは短期間での注文を繰り返し行う行為を禁止しているため、基本的にスキャルピングはNGだと考えた方が良いでしょう。

しかし、サーバーに負担がかからない程度であればスキャルピングを行っているという人もいるようです。

それでもDMM FX側から短期間での注文を繰り返し行ったと見なされれば、口座凍結などのペナルティが課せられる可能性はあるので注意してください。