ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

DMM FXの送金方法・送金手数料・送金時間

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・通常の方はスタンダード口座、スキャルピングメインで取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめです

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20191008112823j:plain

DMM FXの利用に徐々に慣れてきた人の中には、口座に入っている資産を送金したいと考えている人もいますよね。

またトレードを行うFX取引所を探している人の中で、送金手数料の安さなどから取引所選びをしたいと考えている人もいるかもしれません。

さらには、送金処理後にすぐに送金が反映する取引所を探しているうちにDMM FXにたどり着いたという人もいるでしょう。

実際にDMM FXでの送金はどのような手順で行われ、どのような特徴があるのでしょうか。

そこで今回は、DMM FXの送金方法・送金手数料・送金時間などについて詳しく調べてみました。

DMM FXの送金方法・送金手数料・送金時間

DMM FXの送金を行うのであれば、基本的には日本円にて金融機関口座を経由して送金処理を行うことになってきます。

まずはDMM FXでの具体的な送金方法についてみていきましょう。

また送金の手続きに関しては、基本的に全額出金以外では2000円以上から受け付けしてもらうことが可能です。

DMM FXの送金を行う前には口座の登録が必要

DMM FXの口座に入っている資金を送金するためには、まずは送金先の金融機関口座の登録を行う必要があります。

DMM FXへのログイン後、メイン画面にある「マイページ」の「総合口座紹介」より「金融機関登録・変更」をクリックしていきましょう。

「システム」の項目にて「DMM FX」を選択し、「金融機関名」の項目にて「金融機関名検索」のボタンをクリックしていきましょう。

金融機関名を検索し、自分の利用する金融機関名を選択したら「支店検索へ」をクリックします。

続いて送金先となる金融機関の支店名を検索していきます。選択したら「完了」ボタンをクリックします。

口座種別を選択し、口座番号を半角数字で入力していきます。 最後に注意事項に目を通し、問題なければ「登録・変更」ボタンをクリックしましょう。

DMM FXの送金方法

DMM FXにて送金先の口座情報の登録が完了したら、実際に送金処理を行なっていきましょう。

まずはDMM FXにログイン後、「DMMFX STANDARD」の取引画面の下部メニューバーにある「入出金」を選択してください。

真ん中に「出金予約」という項目が表示されるので、出金したい金額を入力していきます。

出金金額の内容に間違いがなければ「確認」ボタンをクリックしましょう。

手続きが完了すれば、登録してある金融機関口座に出金金額が送金されるので確認してください。

DMM FXの送金手数料

DMM FXの送金手数料についてですが、DMM FXでは基本的に送金手数料無料にて利用することができるようになっています。

また登録指定のある金融機関などもないので、自分のもともと持っている口座への送金でも手数料無料で利用できるという部分が多きなメリットです。

送金の手数料をかけたくない人や、FX取引所に合わせて指定銀行などの口座開設の手間を省きたいという人には、DMM FXはおすすめできる取引所になっています。

DMM FXの送金時間

DMM FXは基本的に手数料や操作スピードの面で高評価を得ている取引所ではありますが、送金の反映時間に関しては良い評価が少なくなっています。

その理由としては、入金時にある「クイック入金」のようなシステムが送金には実装されていないためです。

DMM FXの送金反映時間は条件によって以下のように変わります。

  • 送金先の金融機関の営業日であり当日15時00分までに受け付けた送金依頼については、原則として、金融機関の翌営業日の処理となるため、ユーザーの金融機関口座への送金が翌営業日となる。
  • 送金先の金融機関の営業時間外や15時00分以降の送金依頼については、原則、翌々営業日の処理となるため、ユーザーの金融機関口座への送金は翌々営業日となる。

つまり、DMM FXでは送金の反映にかかる時間が、ユーザーが登録する金融機関の営業時間に左右されることになるのです。

またクイック入金の場合には、入金手続きを行うと即入金額が反映されるのに対し、送金の場合には最短でも1日ほど反映までに時間がかかります。

そのため即口座への送金に対応してもらうことはでないので、DMM FXでは必ず余裕を持って送金手続きを行う必要があるでしょう。

特に金曜日の夕方や連休前などの送金手続きは、手続きを行う時間帯によっては反映までに数日ほどの時間を要してしまう場合もあります。

土日祝日など金融機関の営業時間外にかかってくる可能性のある送金手続きに関しては、反映までに時間がかかってしまうので注意が必要です。

DMM FXの送金が数日待っても反映されない場合には問い合わせを

DMM FXの送金処理を行なったのにも関わらず、数日たっても反映されないと困っている人もいるかもしれませんね。

DMM FXにて公表されている反映時間以上を待っても指定の口座に反映されない場合には、登録している口座情報が間違っている可能性もあります。

まずはDMM FXのマイページより登録している口座情報が、反映を確認している口座情報と合っているかどうかを照合してみましょう。

さらに送金先の口座情報が正しい場合には、DMM FXのサポートセンターにて問い合わせをしてみるのがおすすめです。

DMM FXでは、メールや電話での問い合わせの他にも、LINEやAIチャットなどを利用してより気軽に問い合わせをすることもできるようになっています。

DMM FXの送金方法・送金手数料・送金時間まとめ

今回は、DMM FXの送金方法・送金手数料・送金時間について詳しく解説してきました。

DMM FXでは、自分の口座情報を登録することで指定の口座に送金処理を行うことができるようになっています。

送金手数料は無料となっており、PC画面の操作のみで簡単に送金の手続きを完了させることが可能です。

ただし、送金が反映するまでには数日ほどの時間がかかる可能性もあるため、時間には余裕を持って送金処理を行うようにしてください。

また規定の反映時間を待っても送金が反映されない場合には、DMM FXのサポートセンターにて問い合わせを行なってみましょう。