ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

DMM FXのスプレッドを分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

FXの取引口座選びに迷っている人の中でもDMM FXの口座開設を検討している人もいるのではないでしょうか。

口座開設をする取引所選びにはいくつかのポイントがありますが、その中でも重要視されやすいのがスプレッド幅です。

DMM FXのスプレッドの広さは、他の取引所などと比較した場合広いのか狭いのかは気になるところですよね。

そこで今回はDMM FXのスプレッドについて分かりやすく解説していきます。

DMM FXのスプレッドを分かりやすく解説

そもそもスプレッドとは、同じタイミングでの売値と買値の差のことを指します。

多くの取引所では、1つの通貨ペアの売値と買値を同じタイミングで見たときでも価格が異なっていることが多いでしょう。

たとえばUSD/JPYのペアを見たときに売値は「1ドル=100円」なのに対し買値は「1ドル=110円」になっているということがあります。

この売値100円と買値110円の間には10円という差額が生じており、この差額のことをスプレッドと呼びます。

さらにこの10円のスプレッド幅がある状態で、1ドル110円の時に買い注文を出し10円上がった120円で売ろうとしても、売値は100円から110円に上がった状態であり、120円で売るためには20円上がらなければいけません。

このようにスプレッド幅が広ければ広いほど、利益を出すのは難しくなっていくのです。

そのため特に短期取引など少しの値動きで利益を出していくような方法を用いる場合には、スプレッドが狭い取引所を利用した方が利益を出しやすくなります。

またFXでの取引経験の少ない初心者の場合にも、利益を出しやすいのはスプレッドの狭い取引所です。

このようなことからも、スプレッドの狭い取引所でトレードをすることは実際の勝率にも大きな影響を与えやすいといえるでしょう。

DMM FXのスプレッドは業界最狭水準

DMM FXでは業界最狭水準のスプレッドで、スプレッド幅を提供していると公式サイトにて公表しています。

つまり、スプレッド幅の狭さをメリットとして掲げているということです。

DMM FXでは「USD/JPY」のスプレッドがおよそ0.3銭ほどとなっています。

つまり買値が「1ドル=100.104円」だった場合には売値は「1ドル=100.101円」になるのです。

スプレッドの幅は通貨ペアごとにも異なるため、絶対的にどの取引所が狭いと言い切ることはできませんが、DMM FXは総体的にスプレッド幅が狭くトレードしやすい取引所であるという口コミが多くなっています。

DMM FXのスプレッドは急に広がることもある

DMM FXのスプレッドの幅は、常に固定されている訳ではなく、常に変動しています。

そのため、取引を行うタイミングによっては、スプレッドがいつもよりも広いということが起こる可能性もあるのです。

スプレッドが広がってしまう理由としては、取引人数が少なくなって流動性が下がるという原因や、災害や戦争などによってレートが急に変化するなどの原因が考えられます。

DMM FXのスプレッドは、取引量が多いからこそスプレッドが狭いという理由もあるので、時間帯などによってはスプレッドが広がってしまうということもありえるようです。

DMM FXはスプレッドの他には取引手数料がかからない

一般的なFX取引所の場合、スプレッドが狭くても別途で取引手数料が発生してしまうという取引所も存在します。

しかしDMM FXでは取引のための手数料も基本的に発生しないので、トレードのための手数料をかなり安く抑えることができるでしょう。

また取引手数料に加えて、口座維持手数料や入出金手数料などもないため、手数料に気づかずに損益を被ってしまったという心配もありません。

特に取引に慣れていない初心者であれば、スプレッドのみを考慮して取引ができるのでDMM FXはトレードしやすい取引所だといえるでしょう。

DMM FXはスプレッドの他にも安定した取引ができるメリットが多い

DMM FXはスプレッドの狭さや手数料がかからないなどのメリット以外にも約定力やツールの使いやすさなども定評があります。

中でもDMM FXはスマホアプリからの利用もできるようになっており、PCでの操作同様に使えるという部分が他の取引所よりも高い評価をえているようです。

さらには取引で不明な点やわからない部分があった場合のサポート体制も充実しており、電話やメールに加えてLINEでの問い合わせなども受け付けてくれます。

FX取引に慣れている上級者などの場合には、使いやすさやサポートの充実よりもハイレバレッジなどを求める場合もありますが、FX取引に慣れていない初心者などの場合には、特にDMM FXからトレードをはじめてみるのもおすすめです。

スプレッドの幅や使いやすさなどを総合的に評価しても、ユーザーが取引しやすいシステムが豊富に導入されているといえるでしょう。

DMM FXのスプレッドを分かりやすく解説まとめ

今回は、DMM FXのスプレッドを分かりやすく解説してきました。

DMM FXでは、売値と買値の間にスプレッドが存在しており、同じタイミングで売り買いを行えば含み損が発生するという形になります。

しかしスプレッドの幅としてはFX取引所の中でも業界最狭水準となっており、スプレッドの狭さも魅力の一つだといえるでしょう。

ただしスプレッドは常時変動するものなので、時間帯によってはスプレッドが広くなってしまうこともありますので注意してください。

他にもほとんど手数料が発生しない点やアプリが利用できるなどのメリットも多くなっているので、特にFXトレード初心者にとっては利用しやすい取引所だといえるでしょう。