ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

DMM FXの使い方をどこよりも分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

国内のFX取引所の中でも会員数No1を誇る人気の取引所であるDMM FX。

そんなDMM FXを利用してこれから取引を始めてみたいと考えている人もいるでしょう。

そしてこれからDMM FXを利用したいと考えている人であれば、基本的な使い方を一通り知っておきたいものですよね。

そこで今回は、DMM FXの使い方についてどこよりも分かりやすく解説していきます。

DMM FXの使い方をどこよりも分かりやすく解説

DMM FXは、ビデオオンデマンドやネット通販などを行なっているDMM.comが運営しているFX取引所です。

FXトレード初心者から上級者までが利用しやすいサービスが魅力となっており、国内のFX取引所の中でも会員数はNo1を誇ります。

PCの画面からもスマホアプリからも操作が可能なので、場所を選ばずにトレードできるのも魅力です。

まずはDMM FXへの登録方法からみていきましょう。

DMM FXの使い方 新規登録・口座開設方法

DMM FXの公式サイトにアクセスし、画面右側に表示される「今すぐ口座開設」をクリックします。

DMM FXでは、DMM FXをはじめDMM 株やDMM CFDなどの口座をまとめて開設できる「まとめて口座開設」というものとDMM FX単体で口座開設できるものがあります。

用途に合わせて好きな方のボタンを選んでクリックしてください。

口座開設ボタンをクリックすると、WEB申し込みの画面が表示されます。

利用規約などへ同意してチェックボタンを押し、氏名・生年月日・住所などの必要事項を順番に入力していきましょう。

入力が完了すると、登録したメールアドレス宛に本人確認書類提出のためのメールが届き本人確認書類の提出が求められます。

DMM FX側の指示にしたがって運転免許証・保険証・マイナンバーカードなどを撮影し、web上に提出していきましょう。

本人確認書類の提出が完了すると、DMM FX側で口座開設のための審査が行われます。

申し込みから2〜3日ほどで自宅に郵送物が届き、審査に通過すれば口座が開設できるでしょう。

郵送物の中にログインのためのIDとパスワードが記載されているので、そのIDとパスワードを利用してログインを行なっていきます。

DMM FXの使い方 入出金方法

無事にDMM FXにて口座の開設が完了すれば、実質取引がスタートできるようになるでしょう。

実際の取引をスタートさせるのであれば、証拠金を入金する必要が出てきます。 ここでは、DMM FXでの入出金の手順をみていきましょう。

DMM FXで入金をする方法

DMM FXへの入金はいくつかの方法がありますが、一番おすすめなのが「クイック入金」です。

DMM FXのクイック入金を利用すれば、全国約380の金融機関から24時間365日手数料無料にて入金を行うことができます。

クイック入金を利用するには、インターネットバンキングが必要です。 まずはDMM FXにログインし、メニューの中から「入出金」をクリックしていきましょう。

金融機関名をカタカナで検索し、候補の中から自分の利用したい金融機関を選択します。

入金金額を入力し、確認ボタンをクリックします。

入力内容を確認して実行ボタンを押すと、それぞれの金融機関のサイトに移動するので手続きを完了させてください。

DMM FXで出金をする方法

次にDMM FXから出金をする方法です。

初めて出金をする場合には、出金先の金融機関の登録が必要になるので、未登録の場合には事前に登録を完了させておきましょう。

まずはDMM FXにログインし、メニューの中から「入出金」をクリックしていきましょう。

出金金額を入力し、「確認」をクリックします。

入力内容と注意事項を確認して実行ボタンをクリックしましょう

DMM FXの使い方 基本的なチャートの見方と設定方法

DMM FXでは、口座タイプなどによってもメイン画面の表示が若干異なりますが、基本的にはログイン後に、画面中央にチャート画面が表示されます。

見たい通貨ペアのチャートを表示させたい場合には、左上に表示されている通貨ペアを選択することで表示されているチャートを変更することができます。

チャートの時間足の変更方法についてですがチャート画面の上部にあるメニューバーを利用して変更することが可能です。

初期設定で「1分」と表示されている部分をクリックすると、分足で「1分・5分・10分・15分・30分」のチャートを選択することができます。

また分足の右横の「1時間」をクリックすると、時間即で「1時間・4時間・8時間」などを選択することもできます。

さらには時間即の右横にある「日・週・月」などを選択することによって、日足・週足・月足などへの変更もできるようになっています。

次にチャートの表示方法についてですが、チャート上部のメニューバーの一番右側2つのボタンを利用すれば、ロウソク足のチャートやバーチャートなどを好みに合わせて変更できるようになっています。

さらに初心者向けのチャートであっても、多用されるテクニカル指標を利用することが可能です。

上部メニューバーの「月足」の右横にある「テクニカル指標」のボタンをクリックすれば、主に利用される5つのテクニカル指標を利用することができます。

DMM FXの使い方 基本的な注文方法

DMM FXでは、以下のような注文方法を使うことができます。

  • 成行注文(ストリーミング注文)
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFO注文

など。 注文は、チャート横にある注文の項目より全ての注文を行うことができます。

注文する通貨ペアを変更したい場合には、チャート上部に表示されている通貨ペアを変更することで、注文項目の通貨ペアも変更することが可能です。

ここでは、基本の注文方法である「成行注文」と「指値注文」の方法について詳しく見ていきましょう。

DMM FXの注文方法 ストリーミング注文(成行注文)

まずは値段を指定せずに注文を行うストリーミング注文(成行注文)の方法です。 通貨ペア横の注文タイプの中から「ストリーミング」を選択しましょう。

①注文数量(lot)を入力します

②スリッページのON/OFFを設定できます。デフォルトはOFF。スリッページの許容幅は0.1pips〜設定可能です

③FIFOのON/OFFを設定できます。デフォルトはOFF。

④決済同時発注に関して損切りのON/OFFを設定できます。損切りボタンの隣にて有効期限を設定することも可能です。

入力内容を確認し、問題なければ「売 Bid」または「買 Ask」をクリックして注文手続き完了となります。

DMM FXの注文方法 指値注文

次に売値と買値の希望価格を入力して注文する「指値注文」の方法を説明します。 通貨ペア横の注文タイプの中から「指値」を選択しましょう。

①注文を出す数量を入力します

②「売」または「買」を選択します

③希望する注文レートを入力します

④注文の有効期限を入力します

⑤利食いや損切りなどのオプションを必要であればON/OFF切り替えていきます。

デフォルトはOFFです 入力内容を確認し、問題なければ「発注する」をクリックしましょう。

DMM FXの使い方をどこよりも分かりやすく解説まとめ

今回は、DMM FXの使い方をどこよりも分かりやすく解説してきました。

DMM FXは、初心者から上級者まで使いやすいシステムが魅力の国内のFX取引所です。

デモ口座でのお試し取引も可能なので、まずはデモ口座で操作に慣れてから実際の口座開設をしてみるのも良いでしょう。