ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

DMM FXの税金の計算方法と確定申告について

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

DMM FXを利用している人の中には、ある程度の利益が出たという人もいるのではないでしょうか。

DMM FXにて利益が出ている場合には、条件や金額に応じて確定申告が必要になる場合があります。

しかし、自分で確定申告を行なったことがない人にとっては、税金の計算方法などが全くわからないという人もいるでしょう。

そこで今回は、DMM FXの税金の計算方法と確定申告について詳しく解説していきます。

DMM FXの税金の計算方法と確定申告について

そもそも確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの期間の収入・支出などから所得を計算した申告書を税務署へ提出して、その年の所得税額を確定させるという手続きのことをさします。

自営業の方であれば、毎年自分で確定申告をしているという人も多いでしょう。

しかし会社員など企業などに雇用されており給与をもらっている人の場合、確定申告をしたことがないという人も少なくありません。

ここではDMM FXを利用して利益を出している人を対象にまずは確定申告の必要があるのかどうかをみていきましょう。

DMM FXを利用している人で確定申告の必要がある人

DMM FXを利用している人の中で確定申告の必要がある人には、以下のような特徴があります。

  • 自営業者やフリーター、主婦・学生などの場合...DMM FXなどで得た所得が年間で38万円を超えている
  • 給与収入額が2000万円以下の会社員などの場合...給与所得や退職所得以外にDMM FXなどで得た所得が20万円を超えている

この他にも年金生活者などの場合でも、公的年金など雑所得以外(DMM FXなど)で20万円超の所得がある場合にも確定申告が必要になってくるでしょう。

詳しくは、国税庁の確定申告が必要な方の項目にて自分が当てはまっていないかどうかをしっかり確認するようにしてください。

DMM FXの税金の対象となるのは?

DMM FXにて得た利益は基本的に「雑所得」として申告分離課税の対象となり計上していくことになります。

ただし1月1日から12月31日の間に持っていたポジションの中でも、未決済のポジションに関しては課税の対象ではありません。

「ポジション決済やスワップ受取などを行なったもののみが課税の対象となるのでしっかりチェックしていくようにしましょう。

DMM FXにて得た利益から必要経費を差し引いた額が所得額として課税の対象になる

DMM FXにてトレードを行い得た利益全てに課税されるという訳ではなく、DMM FXにて得た利益から必要経費を差し引いた分の所得額のみが課税の対象になってきます。

そのためDMM FXでトレードするために利用した経費がある場合には、出来るだけ正確に確定申告で経費計上をしていくことが税金の節約に繋がっていくのです。

DMM FXで利益を得ている人の中には、パソコンに向かっているだけなので経費は使っていないと思っている人もいるかもしれませんが、正確には以下のようなものも経費計上できる可能性があるのでしっかり確認してみましょう。

DMM FXの確定申告にて計上できる「研修費」

例えばDMM FXにて利益を上げるために、トレードスキルを向上させるためFX関連のセミナーなどを受講した場合には「研修費」としてセミナー受講料を計上することができます。

またセミナー会場までの電車代やタクシー代などに関しても「旅費交通費」などの勘定科目を用いて経費計上を行うことが可能です。

DMM FXの確定申告にて計上できる「新聞図書費」

DMM FXにて利益を上げるために、FXの攻略本や経済関連の雑誌などを読んでいたという人もいるでしょう。

このような場合にも、新聞図書費として経費計上を行うことが可能です。

本や雑誌などを必要経費として申請するのはついつい忘れがちですが、領収書を保管しておくだけで利益から差し引けるものになります。

税金を節約する効果も得られるので、FX関連の書籍を購入する場合には領収書をとっておきましょう。

DMM FXの確定申告では手数料や通信費なども計上できる

DMM FXにて外枠の取引手数料が必要になった場合や、振込手数料が発生した場合には、支払手数料として計上できる場合があります。

またFXを行う場合にはインターネット接続が必須になるため、プロバイダの月額料金なども経費計上できるでしょう。

ただし通信費に関しては、FX以外でもプライベートなどでも利用している場合には按分という方法を用いてFXで利用している割合分のみを計上するという方法を使っていくことになります。

詳しくは管轄の税務署などに確認し、計上していくと良いでしょう。

DMM FXの確定申告で損益は繰り越し控除ができる

DMM FXのような国内取引所を利用している人であれば、2012年1月以降取引で損失となった場合、その翌年以降3年間に渡り発生した利益から損失額を控除することが可能です。

例えば2018年のDMM FXの取引がマイナスとなり、2019年のDMM FXの取引がプラスとなって利益が出れば2019年分の利益から2018年分の損失額分を控除することができます。

ただし、この損失の控除を受けるためには損失が発生した年であっても確定申告を行い、その後も継続して確定申告を行う必要があります。

DMM FXを含む国内取引所での取引を長期的に行うのであれば、損失が出た年も確定申告を行なった方が控除額が大きくなる可能性がありますよ。

DMM FXの税金の計算方法と確定申告についてまとめ

今回は、DMM FXの税金の計算方法と確定申告について詳しく解説してきました DMM FXを行なっている人であれば、現在の収益や給与の状況に応じて確定申告を行い税金を支払う必要があります。

まずは自分が確定申告をする必要があるかどうかをチェックし、必要であればクラウド会計ソフトを利用したり税理士に依頼するなどして確定申告の手続きをすすめていきましょう。

また自分で確定申告をおこなう場合には、管轄の税務署にわからない部分を無料で電話相談することも可能です。

申告漏れがないように、わからない部分は相談しながら確定申告の作業をすすめていきましょう。