ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は追証なしで最大1,000倍までのレバレッジが使えることが人気の海外のFXブローカーです。

その高いレバレッジを求めて他社から乗り換える人も少なくありません。

しかし、FX初心者の人の中には「そもそもレバレッジ取引がどういったものかよく分からな」、という人もいることでしょう。

そういった人は、レバレッジ取引をするとどんなメリットがあるのか、逆にデメリットはないのかといった疑問をお持ちなのではないでしょうか。

そこで今回はGEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引について分かりやすく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引とは

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引とは、口座の証拠金を担保として実資金でまかなえる以上の通貨をトレードするものです。

たとえば、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の最大レバレッジである1,000倍のレバレッジを使うとします。

すると、1万円の元手であっても「1万円×1,000倍=1,000万円」相当の通貨を売買することができます。

当然、レバレッジなしの場合にくらべて期待リターンも1,000倍になります。 ただ一方で、レバレッジ取引は損失も同じ程度に大きくなるという側面もあります。

まさにレバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンというわけです。

ただ、GEMFOREX(ゲムフォレックス)には万が一にも口座残高がマイナスになったとしても、マイナス分をゼロにリセットしてくれる「ゼロカット」という救済システムがあります。

これにより、ハイリスク・ハイリターンなレバレッジ取引であっても借金を背負うようなリスクは回避できることになります。

実際のところはミドルリスク・ハイリターンといっても良いかもしれません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引の設定方法

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の最大レバレッジは1,000倍。

しかし、そのようなハイリスクなレバレッジ取引だけをしたいという人もまれでしょう。

できればレバレッジの倍率は自由に設定したいものではないでしょうか。

ただ、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引にはこまかなレバレッジの倍率設定項目はありません。

レバレッジ取引の倍率は注文ウィンドウの「数量」で調整することになります。

取引する数量を大きくすればするほど当然に必要な資金も多額になっていきます。

ここでは実際にGEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座にある証拠金でまかなえないほどの数量も入力可能です。

すると、自動的にレバレッジ取引となるのです。

ちなみに、ここでいう数量とは単純な通貨の金額を意味しません。

数量はロットと呼ばれる単位です。

そして、GEMFOREX(ゲムフォレックス)では1ロット=10万通貨です。

したがって、USD/JPYを取引きする上記の場合、数量「1.00」は10万USDです。

10万USDといえば約1,000万円に相当します。

(1USD=100円で換算) 仮にGEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座残高が1万円だったとすると、この例では数量「1.00」の注文で1,000倍のレバレッジ取引をすることになります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引の手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でレバレッジ取引をするにあたって、別途なんらかの手数料を支払う必要はありません。

そもそも、GEMFOREX(ゲムフォレックス)は口座タイプにかかわらず取引手数料自体が無料です。

しかし、FXには取引手数料以外にもスプレッドと呼ばれる事実上の取引コストが存在します。

スプレッドとは同一通貨ペアの売値(bid)と買値(ask)の差額です。

FXで利益を出すには必ず「買って売る」「売って買い戻す」という往復の売買をしなければなりません。

したがって、トレーダーにとって売買差額となるスプレッドは事実上の手数料といえるのです。

そして、スプレッドは高い倍率のレバレッジ取引をすればするほど大きく影響してきます。

レバレッジをかければかけるほど、取引数量も多額となるからです。

たとえば、10万円の証拠金でレバレッジをかけずにUSD/JPYをトレードするとします。

あわせて、1USD=100円、スプレッド1.6pipsと仮定します。

(USD/JPYの場合、1pips=1銭です)

その場合のスプレッドによる取引コストは以下のようになります。

10万円÷100円×1.6pips=16万銭=16円

次に、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の最大レバレッジである1,000倍のレバレッジ取引をした例をみてみましょう。

10万円×1,000倍÷100円×1.6pips=1,600,000銭=1,6000円

単純に取引コストも1,000倍になっていることが分かります。

レバレッジ取引の場合、10万円の証拠金に対しておよそ15%に近いコストがかかってしまっています。

投資の世界で15%の利益を出すのは容易いことではありません。

潤沢な証拠金がないのであれば、GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではここぞというとき以外は高い倍率でのレバレッジ取引をするのは控えておきましょう。

なお、平時における適切なレバレッジ倍率はトレードスタイルやマーケットの状況によって異なります。

ただ、色々なトレーダーをみていると10倍~20倍程度のレバレッジ取引をしている人が多い印象です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引の制限(規制)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引はつねに最大1,000倍までの倍率が使えるわけではありません。

口座残高が20,000USD(200万円相当)を超えると最大レバレッジは500倍までに制限されてしまいます。

もっとも、国内ブローカーの最大レバレッジである25倍にくらべれば、それでも非常に高いレバレッジです。

また、GEMFOREX(ゲムフォレックス)以外のブローカーとくらべても十分に高いレバレッジといえます。

通常のレバレッジ取引をする分にはまったく問題とならないでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引を分かりやすく解説 まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレバレッジ取引とは、口座の証拠金を担保として実資金以上のトレードをするものです。

レバレッジ取引は高い倍率を使えば使うほど大きなリターンが期待できる一方で、損失を出した場合のダメージも大きくなります。

それゆえ、効率的なトレードにはレバレッジ倍率の調整が欠かせません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではトレードの際に倍率を指定するのではなく、注文数量を調整することでレバレッジを調整することができます。

はじめは慣れないかもしれませんが、レバレッジ取引をしてこそのGEMFOREX(ゲムフォレックス)です。

早めに倍率の調整方法を覚えてしまいましょう。