ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT5の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は追証なしで最大1,000倍ものレバレッジが使えることが人気の海外のFXブローカーです。

そして、非常に高機能な取引プラットフォームであるMT4が使えることもまた人気の理由のひとつです。

しかし、実はMT4にはMT5と呼ばれる新バージョンが存在します。

それならばGEMFOREX(ゲムフォレックス)でも新バージョンであるMT5を使いたいという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はGEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT5の使い方について分かりやすく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT5の使い方を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではMT5は使えない

結論からいって、GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではMT5は使えません。

しかし、GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではMT5の旧バージョンであるMT4が使用可能です。

旧バージョンといっても、あからさまにMT5よりも機能が劣っているというわけではありません。

使い方もほぼ同じです。

むしろ、MT5は最新版であるがゆえに対応しているカスタムインジケーターが少ないという側面があります。

それゆえ、いまもなお好んでMT4を使うトレーダーも少なくありません。

MT5に強いこだわりがないのであれば、GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではMT4しか使えないことになんの問題もないでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT5(MT4)の使い方

MT4とMT5の使い方はほぼ同じです。

ここでは参考までにGEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT4の使い方の基本を解説しておきます。

MT4は基本的に上記の4つのウィンドウで構成されています。

これはMT5でも同様です。

それぞれの名称と使い方の概要は以下のとおりです。

A.気配値・・・通貨ペアの売値(bid)と買値(ask)がリアルタイムに更新される

B.チャート・・・通貨ペアの過去の値動きの推移がグラフで表示される

C.ナビゲーター・・・インジケーターの追加や口座管理ができる

D.ターミナル・・・取引履歴や保有ポジションなどの色々な情報を確認できる

D.ターミナルに関してはMT5では「ツールボックス」という名称に変わっていますが、機能は同じです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)以外のブローカーではMT5を採用しているところも少なくありません。

また、今後GEMFOREX(ゲムフォレックス)がMT5に対応する可能性もあります。

こういった細かな違いについても把握しておいて損はないでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT5とMT4の使い方の違い

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT4と、他のブローカーで使えるMT5ではいくつかの部分で大きな違いがあります。

具体的な違いは下記のとおりです。

・動作の軽快さ

・利用できる注文方法の種類

・ストップレベル表示の有無

ひとつずつ詳しくみていきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT5とMT4との違い:動作の軽快さ

MT5はMT4の新バージョンです。

基本的な動作についてはMT4よりもMT5のほうが軽くなっています。

そのため、ほんのわずかな差ではありますがMT5のほうがMT4よりも快適なトレードができます。

ただ、MT5ではMT4で使えるカスタムインジケーターの一部が使えないのは先に触れたとおりです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT5とMT4との違い:注文方法の種類

MT4もMT5も注文ウィンドウの使い方の基本は同じです。

しかし、GEMFOREX(ゲムフォレックス)以外のブローカーでMT5を使う場合、MT4にはない注文方法が使える場合があります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT4で使える注文方法は以下のとおりです。

・成行注文(ストリーミング注文)

・Buy/Sell Limit(指値注文)

・Buy/Sell Stop(逆指値注文)

MT5の場合、上記にくわえて「Buy/Sell Stop Limit(ストップリミット注文)」という注文方法が選べます。

ストップリミット注文は、注文であらかじめ指定した「ストップ価格」になると、あわせて設定してある指値注文が有効になる注文方法です。

必ずしも必須となる注文方法ではありませんが覚えておくとトレード戦略の幅も広がります。

このようにMT5とMT4では利用できる注文方法の種類に大きな違いがあるのです。

また、同じ注文方法であっても名称が微妙に異なる部分もあります。

上記はGEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT4の注文ウィンドウです。

「決済逆指値」と「決済指値」という項目があります。

名前からは想像しにくいのですが、これはそれぞれ「損切り(ストップロス)」と「利確(テイクプロフィット)」の注文です。

MT5の場合、これらの項目はそのまま「ストップロス」「テイクプロフィット」となっています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT5とMT4との違い:ストップレベルの表示

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT4では指値注文を選ぶと上記のように「現在価格から~」という表記が出ます。

これがストップレベルです。

ストップレベルは10ポイント=1pipsに相当し、最低限その値だけ市場価格から離れていなければ注文が有効になりません。

なぜか注文ボタンがクリックできないといった場合、ストップレベルを無視した価格を指定している可能性があります。

そして、MT5の場合はストップレベルが注文ウィンドウに表示されない仕様となっています。

上記はMT5の注文ウィンドウです。

(※ GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではありません)

どこにもストップレベルの表示がないことが分かると思います。

MT5では、具体的な値を確認するためには気配値ウィンドウから通貨ペアの詳細を確認しなければなりません。

こまかな違いですが微妙に不便を感じる部分です。

なお、GEMFOREX(ゲムフォレックス)以外のブローカーでは、そもそもストップレベルをゼロとしているところもあります。

そういったブローカーを使う場合はこの仕様に困ることもほとんどないでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT5の使い方を分かりやすく解説 まとめ

残念ながらGEMFOREX(ゲムフォレックス)ではMT5は使えません。

しかし、GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではMT5の旧バージョンであるMT4が使用可能です。

そして、旧バージョンだからといってMT4が特別に劣っているわけでもありません。

こまかな違いこそあれどMT5とほぼ同様の使い方ができます。

むしろカスタム性においては現状MT5のほうが遅れているとさえいえます。

MT5に特別なこだわりがないのであれば、GEMFOREX(ゲムフォレックス)がMT4しか使えないことは大きな問題とはならないでしょう。