ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドを分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用・ロスカット水準20%

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・他のFX業者でなかなか作れない"法人口座"を作れ"法人の場合損失繰越"が出来るのでおすすめ

・NDD方式を取っており利用者の利益とFX業者の利益が直結しているので余計な成約が無し

・ボーナスが無い分トレードの手数料が低く設定されている。その為本気でトレードをしたい方には一番おすすめのFX業者

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は最大1,000倍までハイレバレッジがかけられ、追証もない海外FXブローカーです。

魅力的な条件に惹かれて口座開設を検討している人も少なくないでしょう。

しかし、事実上の手数料ともいえるスプレッドを確認せずに取引所を選ぶのはおすすめできません。

そこで今回は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドについて口座のタイプ別に分かりやすく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドを分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドについて詳しくみていく前に、そもそもスプレッドとはどういったものかおさらいしておきましょう。

スプレッドとは、通貨ペアの売値(BID)と買値(ASK)の差額です。

同じ通貨であるはずなのに売値(BID)と買値(ASK)に差が生じるのは、その差額分をブローカーが利益としているからです。

上記は実際のGEMFOREX(ゲムフォレックス)のトレード画面の一部です。

この画像ではUSD/JPYの売値(BID)と買値(ASK)の差額は109.923-109.911=0.012円となっています。

つまりGEMFOREX(ゲムフォレックス)のUSD/JPYのスプレッドは1.2銭です。 FXではスプレッドの大きさをpipsという単位で表します。

pipsは最小通貨単位のさらに1/100です。日本円の最小通貨単位は1円でその1/100は1銭ですから1pips=1銭ということになります。

非常に小さな金額のように思えますが、ハイレバレッジをきかせたGEMFOREX(ゲムフォレックス)では取引量が10万通貨ということも珍しくありません。

10万ドルのトレードをすれば、1pipsのスプレッドであっても1,000円以上の差額が生じます。

スプレッドは、通貨ペアごとに異なります。政情不安定な国など為替の値動きが荒い通貨は、ブローカーもリスクを負うためスプレッドが広くなる傾向があります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドは口座によって変わる

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドは、使用する口座のタイプで変わってきます。使用できる口座タイプは以下の2種類です。

・GEMFOREX(ゲムフォレックス)ノースプレッド口座

・GEMFOREX(ゲムフォレックス)オールインワン口座

GEMFOREX(ゲムフォレックス)で使用できるそれぞれの口座タイプごとにスプレッドの広さと口座の特徴をご説明していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座のスプレッド

名前のとおり、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座はスプレッドが極小に設定されています。

たとえば、代表的な通貨ペアであるUSD/JPYのスプレッドは「最小」0.0となっています。

ただ、実際には平均値である0.3pipsのスプレッドでトレードすることが多いでしょう。それでも、0.3pipsは業界でもかなり狭い値と言えます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座の主要通貨ペアのスプレッドは以下のとおりです。

USD/JPY・・・0.3

EUR/USD・・・0.3

GBP/USD・・・0.8

USD/CHF・・・0.3

※ 平均値です。また、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドは変動性のため、上記はあくまで参考値です。

いずれの主要通貨ペアにおいても、かなり狭いスプレッドとなっています。

このように、非常に狭いスプレッドが魅力的なGEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座ですが、デメリットもあります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座では、入金ボーナスなどの特典が利用できません。

そのため、ノースプレッド口座では自己資金を使わずボーナスだけを使うといった、いわゆるノーリスクの取り引きはできません。

また、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は、初期預託金(証拠金)として30万円を口座にいれなければなりません。

それなりにまとまった金額なので、気軽に始めるというわけにはいきませんね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のオールインワン口座のスプレッド

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のオールインワン口座の主要通貨ペアのスプレッドは下記のとおりです。

USD/JPY・・・1.2

EUR/USD・・・1.2

GBP/USD・・・1.5

USD/CHF・・・1.9

必ずしも狭いとはいいがたい平均的なスプレッドです。

ただ、GEMFOREX(ゲムフォレックス)で初めて口座を開く方はこのオールインワン口座にしておくのが無難です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、新規口座開設で入金ボーナスが獲得できることがあります。

オールインワン口座では100円以上の入金で口座を開設できるので、入金ボーナスさえ獲得できれば自己資金なしでトレードを始められます。

また、GEMFOREX(ゲムフォレックス)で自動売買システムの利用を検討している方もオールインワン口座以外の選択肢はありません。

ノースプレッド口座は自動売買ソフトの利用ができないからです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドは早朝に広がりやすい

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドは変動性です。

為替相場が変動しやすい時期にはリスクも高まるためスプレッドも広くなる傾向があります。

たとえば、重要な景気指標の発表を控えているタイミングなどです。

早朝もまた、スプレッドが広がりやすい傾向があり、GEMFOREX(ゲムフォレックス)においてもその傾向は変わりありません。

なぜ早朝はスプレッドが広がりやすいかというと、早朝は取り引きの総数が少なくなり相場も変動しやすくなるからです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド以外に費用はかからない

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、事実上、スプレッドが手数料のようなものですが、それでも取り引きにかかわる手数料は無料です。

ブローカーによってはスプレッドを狭くする代わりに取引手数料を設定しているところもあります。

このようなブローカーでは、損益を予想する際に名目上のスプレッドだけではなく別途かかる手数料も考える必要があり、計算が面倒になりがちです。

一方で、GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、スプレッドだけを考えれば良いのでシンプルな計算で済みます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドを分かりやすく解説 まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドは、ノースプレッド口座では最小0円、オールインワン口座でも主要通貨ペアは1pips~1.5pipsとなっています。

ただ、一見、大変有利な条件にみえるノースプレッド口座は自動売買システムが使えない、入金ボーナスがつかないなどの利用制限があります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の豊富なボーナスを利用して気軽にFXを始めたい方はオールインワン口座、資金力に心配のない方はノースプレッド口座を利用すると良いでしょう。