ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧と比較を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を口座別や銘柄別に比較したい。

他社のスプレッド一覧とGEMFOREX(ゲムフォレックス)を比較して、どこが狭いのかを把握したい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は最大レバレッジ1,000倍で取引できるうえ、3種類の口座を実装しており、多くの通貨ペアを取り扱う海外FXブローカーです。

ハイリスク・ハイリターントレードを行えるGEMFOREX(ゲムフォレックス)ですが、スプレッドを把握したいと考えの方もいるでしょう。

ここではGEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を比較していきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧と比較を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧をまとめて、口座別、銘柄別、他社と比較してみましょう。

スプレッドとは、売値と買値の差額をさし、変動制のトレードコストとして発生します。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を作成し比較することで、口座や銘柄ごとにどのくらいの差があるのかを把握することができます。

スプレッド一覧を他社と比較することで、GEMFOREX(ゲムフォレックス)におけるトレードコスト負担を明確にすることができるでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を比較【口座別】

まずはUSD/JPYにおけるGEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を、口座別に比較していきましょう。

  • オールインワン口座:最小1.4pips
  • ノースプレッド口座:平均0.3pips
  • レバレッジ5000倍口座:平均0.1pips

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドでもっとも狭いのは、1,000口座限定で開設されているレバレッジ5000倍口座ですが、すべてのトレーダー対象口座ではないため、比較対象から除外します。

2種類をスプレッド一覧から比較すると、オールインワン口座よりもノースプレッド口座もほうが1pips以上も広く設定されています。

オールインワン口座とノースプレッド口座におけるその他の通貨ペアのスプレッドを比較しても、おおよそ1pips程度の差があるパターンが多い傾向にあります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を比較【通貨ペア別】

つづいてその他の通貨ペアにおけるGEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を比較するために、EUR/USDのスプレッドピックアップしてみましょう。

スプレッドの比較対象は、前項のUSD/JPYです。

  • オールインワン口座:最小1.4pips
  • ノースプレッド口座:平均0.3pips
  • レバレッジ5000倍口座:平均0.1pips

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の3種類の口座におけるEUR/USDのスプレッドを一覧にしました。

USD/JPYと比較すると、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の全口座において、スプレッドは同じという結果になりました。

ただしその他の通貨ペアのスプレッドは、同じになるとは限りませんので、トレードの都度比較しましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を他社と比較

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧と他社を比較しましょう。

スプレッドを比較することでどの海外FXブローカーのスプレッドが狭いのかを導き出すことができ、海外FX取引所選びの参考になるはずです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を他社と比較【スタンダード口座】

スタンダード口座におけるスプレッド一覧を、GEMFOREX(ゲムフォレックス)オールインワン口座と他社で比較します。

USD/JPYのスプレッド一覧をGEMFOREX(ゲムフォレックス)と比較

  • TitanFX:1.33pips
  • XM:1.6pips
  • AXIORY:1.5pips

スタンダード口座のスプレッド一覧を比較すると、GEMFOREX(ゲムフォレックス)はTitanFXよりも広く、XMとAXIORYよりも狭いです。

比較した結果、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のオールインワン口座のスプレッドは、平均的と言えるでしょう。

EUR/USDのスプレッド一覧をGEMFOREX(ゲムフォレックス)と比較

  • TitanFX:1.2pips
  • XM:1.7pips
  • AXIORY:1.3pips

スタンダード口座のEUR/USDにおけるスプレッド一覧を比較すると、GEMFOREX(ゲムフォレックス)はTinanFXとAXIORYよりも広く、XMよりも狭いです。

比較した結果、EUR/USDにおけるGEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドは平均的です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を他社と比較【ECN口座】

ECN口座におけるスプレッド一覧を、GEMFOREX(ゲムフォレックス)ノースプレッド口座と他社で比較します。

注意点としてECN口座は、スプレッドに加えて、別途取引手数料がトレードコストとして上乗せされます。

ただしGEMFOREX(ゲムフォレックス)ノースプレッド口座に限り取引手数料は発生しません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)と比較対象にあるTitanFXは片道で1ロットあたり3.5ドル、XMは5ドル、AXIORYは3ドルです。

実際にトレードするときには、スプレッドだけでなく取引手数料についても把握しておきましょう。

USD/JPYのスプレッド一覧をGEMFOREX(ゲムフォレックス)と比較

  • TitanFX ブレード口座:0.33pips
  • XM ZERO口座:0.1pips
  • AXIORY ナノスプレッド口座:0.5pips

ECN口座のスプレッド一覧を比較すると、GEMFOREX(ゲムフォレックス)はXMよりも広く、TinanFXとAXIORYよりも狭いです。

比較した結果、GEMFOREX(ゲムフォレックス)ノースプレッド口座口座のスプレッドは平均的です。

EUR/USDのスプレッド一覧をGEMFOREX(ゲムフォレックス)と比較

  • TitanFX ブレード口座:0.2pips
  • XM ZERO口座:0.1pips
  • AXIORY ナノスプレッド口座:0.1pips

ECN口座におけるスプレッド一覧を比較した結果、GEMFOREX(ゲムフォレックス)は他社よりも広いです。

採算お伝えしますが、ECN口座は別途取引手数料が発生するため、スプレッドだけでなく総合的にトレードコストを比較しましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧と比較を分かりやすく解説まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を作成し、口座別、銘柄別、そして他社と比較しました。

口座別、銘柄別にスプレッドを比較すると、オールインワン口座とノースプレッド口座では全体的におおよそ1pipsほどの差があります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ノースプレッド口座では取引手数料が発生しないため、トレードコストを抑えたい方に適しています。

他社とGEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧を比較すると、GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスプレッドだけでなく総合的なトレードコスト負担も軽い傾向にあるのが特徴です。

ただしGEMFOREX(ゲムフォレックス)ノースプレッド口座は、低スプレッドかつ低コストでトレードできる一方、最低入金額が高額で自動売買(EA)を利用することはできないというデメリットもあります。

スプレッドだけでなくさまざまな側面から比較して、GEMFOREX(ゲムフォレックス)をご活用ください。