ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は、どのようなものがどのくらい発生するの? あなたは今、このようにお考えですよね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は最大1000倍でレバレッジ取引できるだけでなく、充実したボーナス制度を採用して取引コストを抑えてトレードできる海外FX取引所です。

ハイレバレッジとボーナスで資金効率よく取引できたとしても、手数料負担が大きい場合は、利益に結びつけることが難しくなってしまいます。

ここではGEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料について詳しく解説していきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料には、取引手数料・入金手数料・出金手数料・口座維持手数料があります。

海外FXで発生する手数料は、基本的に上の通りですが、取引所や業者のトレード条件によって無料になるケースもあります。

ではGEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料にはどのようなものがあるのでしょうか。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は原則的に無料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は原則的に無料です。

他社で発生する取引手数料は完全無料ですのでコストを抑えてトレードでき、さらに入金手数料も完全無料になります。

出金手数料・口座維持手数料も原則的には無料ですが、例外的に発生するケースがあることに注意しましょう。

トレードコストについては、取引手数料は無料である一方、隠れ手数料と呼ばれるスプレッドが発生します。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引手数料はオールインワン口座・ノースプレッド口座のいずれでも無料です。

取引手数料は無料ですが、別途スプレッドが発生することに注意しましょう。

スプレッドとは、ひとつの通貨ペアにおける売値(bid)と買値(ask)の差額をさし、実質的なトレードコストになります。

以下はGEMFOREX(ゲムフォレックス)のUSD/JPYにおける平均スプレッドになります。

  • オールインワン口座:1.5pips
  • ノースプレッド口座:0.3pips

pipsとは「Percantage In Point」の略称で、USD/JPYの場合は1pips=1銭と考えます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引通貨単位は、1Lot=10万通貨ですので、これにpipsを乗じることで実質的な手数料を換算できます。

では上をもとにスプレッドを計算してみましょう。

  • オールインワン口座のスプレッド:10万通貨×1.5pips=15万銭=1,600円
  • ノースプレッド口座のスプレッド:10万通貨×0.3pips=3万銭=300円

ノースプレッド口座はスプレッドは発生するものの、コスト負担は非常に軽いと言えるでしょう。

海外FX取引所の多くは、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のようにスプレッドの狭い口座でトレードできるものの、別途取引手数料が発生するケースが多いです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)と他社でスプレッドの狭い口座における1Lotあたりの往復トレードの取引手数料を比較すると、一目瞭然です。

  • XM:10ドル
  • TitanFX:7ドル
  • AXIORY:6ドル
  • iFOREX:無料
  • GEMFOTRX:無料

iFOREX以外は取引手数料が発生しますが、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座では、スプレッドが狭いうえ取引手数料は無料になります。

基本的にGEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座のような取引所はめずらしく、トレードコストを軽減したい方に最適です。

一方手数料負担が軽いぶん、ノースプレッド口座では最低入金額は高額、自動売買の利用不可、ボーナス対象外口座など、入金やトレード制限が発生するため注意が必要でしょう。

ノースプレッド口座は、ボーナスなしで30万円にものぼる資金を準備しなければならないうえ、裁量トレードに限られてしまうことから中級者向けの取引口座と言えます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の豪華なボーナスを使い、資金や手数料を抑えてトレードしたい初心者は、オールインワン口座がおすすめと言えるでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の入金手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の入金手数料は無料です。

入金方法として、クレジットカード、銀行送金、仮想通貨などを採用しているGEMFOREX(ゲムフォレックス)ですが、すべて無料です。

万が一、入金に関連する手数料が発生した場合は、入金を証明できる画面のスクショ等があれば、GEMFOREX(ゲムフォレックス)に負担してもらます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の入金手数料における手厚さは、業界トップクラスと言っても過言ではないと言えるでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の出金手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の出金手数料も原則的に無料ですが、入金手数料のようにすべてのコストを負担してもらえるわけではありません。

出金手数料が発生するケースは、以下の通りになります。

  • 海外送金による月2回目以降の出金
  • 入金後にトレード実績のない状態での出金
  • ボーナスのみのトレードによる出金

海外送金でGEMFOREX(ゲムフォレックス)から月2回目の出金を行うと、1回あたり出金金額の20%、20万円以下の場合は4,500円の手数料が発生します。

また入金したのにもかかわらず、GEMFOREX(ゲムフォレックス)でトレードを行わずに出金することや、ボーナストレードのみの場合も、4,500円の出金手数料が発生します。

あくまでもGEMFOREX(ゲムフォレックス)が無料と定めているのは出金手数料に限られており、複数銀行を経由する出金で発生する中継手数料や、受取銀行側で独自に発生する手数料はユーザーが負担しなければいけません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は高いと言われていますが、多くの海外FXブローカーも、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の出金と同じく、別途中継手数料や受取手数料などは発生するため、どこも変わらないと言えるでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座維持手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座維持手数料は原則的には発生しませんが、例外的に発生するケースもあります。

1月・4月・7月・10月の1日時点で、90日間トレード実績のない口座については、月1,500円の口座維持手数料が発生し、口座残高から相殺されていきます。

なお口座残高が0円の場合は、口座維持手数料は発生しないため、取引を行う予定がない場合はGEMFOREX(ゲムフォレックス)から口座残高を出金することをおすすめします。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料について解説しました。

基本的に手数料負担が大きいと考えられているGEMFOREX(ゲムフォレックス)ですが、取引手数料と入金手数料が完全無料であることからそうでもないと言えます。

手数料負担を少しでも軽減できるように、口座タイプのスプレッド幅や、入金・出金・口座管理における条件についてきちんと理解しておきましょう。