ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は、どのようなものがいくらかかるの? あなたは今、このようにお考えですよね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は充実したボーナス制度を採用し、最大1000倍のレバレッジ取引ができる海外FX取引所です。

ハイリターンが見込めるGEMFOREX(ゲムフォレックス)ですが、手数料の負担が大きい場合は利益が見込みにくくなるため、まずは手数料を把握しておく必要があるでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は、以下の4つです。

  • 取引手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 口座維持手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引手数料は、無料です。

海外FX取引所では、ECN方式の口座タイプで取引手数料が発生するパターンが一般的ですが、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロースプレッド口座では無料になります。

トレードコストとしてもうひとつ、スプレッドが発生します。

スプレッドとは、ひとつの通貨ペアにおける売値(bid)と買値(ask)の差額をさし、実質的なトレードコストになります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドは、口座タイプごとに異なります。

オールインワン口座の平均スプレッド

  • USD/JPY(米ドル/日本円):1.7pips
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル):1.8pips
  • GBP/JPY(ポンド/日本円):2.8pips
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円):2.8pips
  • GBP/USD(ポンド/米ドル):2.2pips

ロースプレッド口座の平均スプレッド

  • USD/JPY(米ドル/日本円):0.3pips
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル):0.3pips
  • GBP/JPY(ポンド/日本円):0.9pips
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円):0.8pips
  • GBP/USD(ポンド/米ドル):0.8pips

ちなみにpipsとは、各国の最小通貨単位の1/100を示しており、USD/JPYの場合は1pips=1銭(0.01円)です。

なおEUR/USDなど外貨の場合、最小通貨単位は1ドルではなく1セントになるため、1pips=0.01セント(0.0001ドル)になると考えましょう。

つづいてGEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引通貨単位は、1Lot=10万通貨ですので、これにpipsを乗じることで実質的な手数料、すなわちスプレッドを換算できます。

  • オールインワン口座のスプレッド:10万通貨×1.7pips=17万銭=1,400円
  • ロースプレッド口座のスプレッド:10万通貨×0.3pips=3万銭=300円

STP方式のオールインワン口座のスプレッドと比較すると、

ECN方式のロースプレッド口座のスプレッドは1pips以上も狭いため、コストを抑えてGEMFOREX(ゲムフォレックス)でトレードができるでしょう。

ロースプレッド口座のトレード手数料は業界トップクラスの安さ

一般的な海外FX取引所では、ECN口座のトレードコストとしてスプレッドと、1Lotあたりの往復トレードにつき、以下の取引手数料が発生します。

  • AXIORY:6ドル
  • XM:10ドル
  • TitanFX:7ドル
  • HotForex:6ドル

たとえば低スプレッドで評判の高いAXIORYでは0.6pipsの取引手数料にスプレッドが上乗せされる形でトレードコストが発生します。

一方、GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスプレッドだけでトレードできるため、どれだけコスト負担が軽いのかがわかるでしょう。

ただし手数料の負担が軽い代わりに、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロースプレッド口座は、最低入金額は30万円、自動売買の利用不可、ボーナス対象外口座など、入金やトレード制限があることはデメリットです。

トレードに多くの初期費用が必要になることから、ロースプレッド口座は大口取引をしたい中級者以上の裁量トレーダーに適していると言えるでしょう。

ボーナスを使い少額からトレードを試したい初心者は、オールインワン口座がおすすめです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の入金手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の入金手数料は、基本的に無料です。

ただし決済サービス側で発生する手数料については、トレーダーが負担しなければいけません。

銀行送金の手数料については、マイページ上の「振込手数料返却申請」から手続きを行うことでGEMFOREX(ゲムフォレックス)が負担してくれるため、完全無料で入金できます。

返却手続きでは、振込名義人、負担した手数料の金額、日付が分かるスクショ等の画像を準備して、すべての情報をアップロードしてください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の出金手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の出金手数料は、7日以内につき1回目の銀行送金による出金ついては無料になります。

ただし2回目以降の出金については出金のたびに出金額の2%、出金額が20万円以下の場合については一律4500円の出金手数料が発生します。

ボーナストレードのみの場合、クレジットカードの入金で一度も取引しない、または入金額に対して極めて低い取引量の場合で出金する場合、

4500円に出金額の10%が上乗せされた金額の出金手数料がかかります。

仮想通貨による出金の場合は、各銘柄に応じたマイナー手数料が出金手数料として発生します。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座維持手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座維持手数料は原則的には発生しませんが、例外的に発生するケースもあります。

1月・4月・7月・10月の1日時点で、90日間トレード実績のない口座については、月1,500円の口座維持手数料が発生し、口座残高から相殺されていきます。

なお口座残高が0円の場合は、口座維持手数料は発生しません。

取引を行う予定がない場合はGEMFOREX(ゲムフォレックス)から口座残高を出金することをおすすめします。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は、スプレッド、入金手数料、出金手数料、口座維持手数料の4種類です。

ロースプレッド口座の取引手数料は無料になるため、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のトレードコストはお得になりますが、入金額やトレード制限があることに注意してトレードしましょう。

入金手数料については、銀行送金のみ完全無料になりますが、決済サービス側で発生する手数料はトレーダーの負担になります。

出金手数料は、7日に1回のみ無料になりますが、2回目以降はトレーダーの負担になるため、なるべくまとめて出金することをおすすめします。

口座維持手数料については、90日間トレード実績のない取引口座で発生するため、

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でトレードしない場合は、出金しておくことで手数料の支払いを防ぐことができます。