ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

日本人経営のFXブローカーであるGEMFOREX(ゲムフォレックス)でFXを楽しみたいと考えている人にとって、気になるのは様々な場面でかかる手数料ではないでしょうか。

そこで今回の記事では、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料について、トレードから口座維持、入出金にかかるものまで幅広く解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は、開設する口座の種類によって異なります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、スタンダード口座としての位置づけのオールインワン口座と、マイクロ口座としてのノースプレッド口座の2つの種類があります。

それぞれの手数料について分かりやすく解説していきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料(オールインワン口座)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は、オールインワン口座とノースプレッド口座のいずれも公式サイトで「無料」となっています。

しかし、「取引手数料」が無料であるだけで、実際にFXでのトレードが無料でできるわけではありません。

そこで、事実上の手数料を把握するには「スプレッド」を観る必要が出てきます。 スプレッドとはトレードをする際の通貨の売値(BID)と買値(ASK)の差額のことです。

売値と買値に差額があるのは、その差額がブローカーの収益源としているからです。つまり、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引手数料自体が無料であっても、実際はスプレッドの中に手数料を含めていると考えられます。

一般的な商品に例えると、事務手数料や工賃などのサービスを無料にして、そのぶんの利益を商品価格に上乗せしているようなイメージです。

では、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の事実上の手数料はいくらなのでしょうか。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のオールインワン口座のスプレッドはUSD/JPYとEUE/USDのいずれも1.2pipsとなっています。

これは通貨ペアごとに異なります。USD/JPYで手数料を計算してみましょう。 pipsとは、通貨の取引単位で最小のもののさらに1/100を指します。

日本円(JPY)では1円の1/100なので0.01円=1銭です。 仮に、1$=110JPY、1lot=10万通貨=10万$の買いポジションを取る場合は

100,000×(110.000-109.988)=1,200円

として、1,200円がGEMFOREX(ゲムフォレックス)の事実上の手数料となります。

当然、スプレッドはトレードする通貨の量が多くなればなるほど広くなるので、様々な海外FXの事実上の手数料を比較するときは金額ではなく、pipsを比較しましょう。

>>GEMFOREXの口座開設がまだの方はこちらから( "超"高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料(ノースプレッド口座)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座の手数料はオールインワン口座と同じく無料です。

しかし、スプレッドまでも0.0~pipsとなっていますがどういうことなのでしょうか。詳しく見てみましょう。

たしかに最小スプレッドは0.0ですが、平均は0.3pipsです。

つまり、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座の事実上の主要通貨の手数料は0.3pipsと考えたほうが良いでしょう。

事実上の手数料であるスプレッドだけを比較するならばGEMFOREX(ゲムフォレックス)では、ノースプレッド口座を利用するのが良さそうですが、実はノースプレッド口座には以下のようなデメリットもあります。

・裁量トレード専用

・ボーナス対象外

・初期預託金$3,000~

裁量トレード専用とは、いわゆるシステムを利用した自動トレードを利用できないということです。

そのため、GEMFOREX(ゲムフォレックス)でシステムトレードをしたい方にはノースプレッド口座は適していません。

また、ノースプレッド口座は、ボーナス対象外となってしまいますので、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の豊富なボーナスを活用したい人にも向いていません。

初期預託金が$3,000$~というのも、気軽に始めるには少々ハードルの高い金額ですね。

>>GEMFOREXの口座開設がまだの方はこちらから( "超"高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取り引き以外にかかる手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では休眠口座の維持に手数料がかかる

ここまで、トレードに関わる事実上の手数料をご説明してきましたが、GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではオールインワン口座とノースプレッド口座のいずれにも、トレード以外に口座維持手数料が発生する場合があります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座維持手数料は、トレードをまったくしていない口座に対して発生します。

具体的には、1月、4月、7月、10月の月初め時点で90日間トレードをしていない場合、15$の口座維持手数料がかかります。

ただ、口座に残高がない場合は、残高がマイナスになることもなく、口座維持手数料は差し引かれません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)としては、口座維持の実費をもらいたいという意味合いではなく、できるだけ口座開設者にトレードをしてもらいたいということなのでしょうね。

>>GEMFOREXの口座開設がまだの方はこちらから( "超"高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)口座の入出金の手数料は無料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座へ入出金の際の振込手数料などは、GEMFOREX(ゲムフォレックス)が負担してくれます。

銀行送金やクレジットカード、ビットコインなど決済方法にかかわらず手数料は無料です。

ただし、まったくトレードをしていない口座から出金する場合、4,500円の手数料が発生しますので注意しましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説 まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のトレードにかかる手数料は無料ですが、実質的な手数料である主要通貨のスプレッドはオールインワン口座で1.2pips、ノースプレッド口座で0.3pips程度です。

また、まったくトレードをしていない口座は、口座維持手数料や出金手数料がかかるなどのペナルティがあります。

休眠口座となる恐れがないのであれば、GEMFOREX(ゲムフォレックス)は口座維持や入出金手数料も含めて、非常に使いやすいブローカーなのではないでしょうか。

>>GEMFOREXの口座開設がまだの方はこちらから( "超"高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)