ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料にはどのようなものがどれくらい発生するの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は最大レバレッジ1,000倍でトレードでき、充実したボーナス制度からトレードコストを抑えて取引できる海外FX取引所です。

いくらハイレバレッジとボーナスで、資金効率よくトレードできたとしても、手数料負担が大きかった場合は、利益に結びつけることが難しくなってしまいます。

ここではGEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料はどのようなものが発生するのかについて解説していきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料として、取引手数料、入出金手数料、口座維持手数料などがあげられます。

海外FXブローカーで、基本的に発生する手数料は上述になると考えられていますが、取引所や業者のトレード条件によっては無料になる可能性もあります。

ではGEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は、どのようになっているのでしょうか。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は「原則的」に無料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は、原則的に無料だと考えてよいでしょう。

海外FXブローカーの多くは、取引手数料を無料にする業者が多い傾向にあります。

また入金手数料、出金手数料、口座維持手数料も、GEMFOREX(ゲムフォレックス)では原則的に無料ですが、条件によっては発生する可能性もあるでしょう。

ただし隠れ手数料と呼ばれるスプレッドや、一部条件付きで発生する手数料があることに注意してください。

ではひきつづき、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料の詳細について具体的に解説していきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引手数料は、オールインワン口座、ノースプレッド口座にかかわらず無料です。

取引手数料ではないものの、取引の都度負担しなければいけないスプレッドに注意が必要です。

スプレッドとは、トレーダーにとって取引コストのようなもので、同一通貨ペアの売値(bid)と買値(ask)の差額をさします。

FXのスプレッドは、負担が大きいことを「広い」、負担が小さい場合は「狭い」と表現します。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドは、以下の通り口座タイプごとに異なります。

  • オールインワン口座:1.5pips
  • ノースプレッド口座:0.3pips

上記はUSD/JPYの平均スプレッドになり、pipsとは「Percantage In Point」の略称でUSD/JPYの場合は1pips=1銭と考えます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引単価は1Lot=10万通貨ですので、これにpipsを乗じることで事実上の手数料を換算できます。

上述を例にスプレッドを計算してみましょう。

  • オールインワン口座のスプレッド:10万通貨×1.6pips=16万銭=1,600円
  • ノースプレッド口座のスプレッド:10万通貨×0.3pips=3万銭=300円

ノースプレッド口座はスプレッドは発生するものの、その名称の通りにほぼ負担はないと考えてよいでしょう。

海外FX取引所の多くは、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のようにスプレッドの狭い口座でトレードできるものの、別途取引手数料が発生するパターンは多いです。

一方、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は、低スプレッドで取引できるうえ、取引手数料も無料です。

一般的にGEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座のような業者はめずらしいため、トレードコストを抑えたい方にとって魅力的と言えます。

ただしGEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は低コストでトレードできることと引き換えに、取引制限や入金制限が発生します。

EA使用不可、ボーナス適用対象外という制限があるうえ、最低入金額が30万円と高額であることは、ノースプレッド口座のデメリットでしょう。

ようするにノースプレッド口座は、ボーナスなしで比較的高額な資金を準備しなければならず、裁量トレードに限られるため、中級者以上向けの口座と言えます。

資金や手数料を抑えてトレード―を試したいとお考えの初心者は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のオールインワン口座がおすすめです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の入金手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の入金手数料は、無料です。

さまざまな入金方法を採用しているGEMFOREX(ゲムフォレックス)ですが、すべての入金方法で無料になります。

万が一入金にかかわる手数料が発生した場合も、入金を証明できるスクショ等をGEMFOREX(ゲムフォレックス)へ提出することで、手数料を負担してもらえます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は非常に手厚い入金手数料サービスを展開しており、他社と比較してもここまで徹底したサービスを行う業者は非常にめずらしいと言えるでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の出金手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の出金手数料は、原則的に無料です。

ただし入金手数料のように、すべてのコストを負担してもらえるのではなく、例外的に出金手数料が発生するパターンもあります。

  • 海外銀行への月2回目以降の出金
  • 入金後にトレード実績のない状態での出金
  • ボーナスのみのトレードによる出金

GEMFOREX(ゲムフォレックス)から月2回目の出金を海外銀行で行うと、1回あたり出金金額の20%、20万円以下の場合は4,500円の手数料が発生します。

また入金したのにもかかわらず、GEMFOREX(ゲムフォレックス)でトレードを行わずに出金することや、ボーナストレードのみの場合も、4,500円の出金手数料が発生します。

あくまでもGEMFOREX(ゲムフォレックス)が無料と定めているのは出金手数料に限り、複数銀行を経由する出金で発生する中継手数料や、受取銀行側で独自に発生する手数料は個々に負担しなければいけません。

多くの海外FXブローカーも、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の出金と同じく、別途中継手数料や受取手数料などは発生するため、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は高いとは言えません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座維持手数料

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座維持手数料は原則的には発生しません。

ただし「1月、4月、7月、10月」の1日時点で90日間トレード実績のない口座については、月1,500円の口座維持手数料が発生し、口座残高から相殺されていきます。

なお口座残高が0円の場合は、口座維持手数料は発生しません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)から口座維持手数料を相殺されないためには、取引を行う予定がない場合、口座残高を出金することをおすすめします。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料を分かりやすく解説まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料は、取引手数料と入金手数料は特に負担が軽いことが特徴です。

ただし取引手数料の負担が軽い分、ノースプレッド口座でのトレード制限や入金制限がありますので、心得ておきましょう。

出金手数料や口座維持手数料も、利用方法によっては、手数料負担を納めることができるため、工夫してご利用ください。