ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)がよくわからない。

取引方法(注文方法)に成行注文や指値注文があるけれど、どのような違いがあるの?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のどのようなシーンでどの取引方法(注文方法)をすればいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は最大1000倍のレバレッジを活かした、ハイリターン・ハイリスクトレードを行うことができます。

FXで利益獲得をめざすためには、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)のやり方を知り、取引方法(注文方法)の種類について熟知する必要があると言えるでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)のやり方はMT4を使い、以下の手順で行います。

  • 【手順1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)でトレードしたい通貨を選択
  • 【手順2】各注文フォームで発注する

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でトレードしたい通貨ペアを選択します。 「気配値表示」エリアを右クリックし「すべて表示」から注文したいペア通貨を選択しましょう。

「すべて表示」を選択することで、非表示になっているGEMFOREX(ゲムフォレックス)の通貨ペアを表示することができます。

「新規注文」アイコンを選択して、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の注文フォームを表示しましょう。

ここからは具体的にGEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)を選択して、発注する方法をみていきます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法):成行注文

成行注文は、現在のGEMFOREX(ゲムフォレックス)の市場価格で注文する取引方法(注文方法)です。

即座に約定する取引方法(注文方法)ですので、今すぐGEMFOREX(ゲムフォレックス)で売買することができます。

ただしGEMFOREX(ゲムフォレックス)でスリッページが発生すると、発注価格で売買が成立しない可能性もあるため、約定するまでは売買価格が明確にならないケースもあります。

成行注文による取引方法(注文方法)を例にあげ、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の現在レートが100円で、今すぐ買いたいと考えているとしましょう。

「通貨ペア」で注文したい通貨ペアを選択し、「数量」に注文数量を記入、「注文種別」でストリーミング注文を選択し「成行買い」を選択します。

するとGEMFOREX(ゲムフォレックス)で100円を買うことができます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法):指値注文

指値注文は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)で売買したい価格を決めて注文できる取引方法(注文方法)です。

自分が売買したい価格で発注できる取引方法(注文方法)ですので、損をする価格で売買することがありません。

ただしGEMFOREX(ゲムフォレックス)レートが注文価格に達しない場合は、なかなか売買が成立しなうえ、最悪約定せず売買できない可能性もあります。

指値注文による取引方法(注文方法)を例にあげ、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の現在レートが100円で、98円まで下がったら買いたいと考えているとしましょう。

「通貨ペア」で注文したい通貨ペアを選択し、「数量」に注文数量を記入、「注文種別」で指値注文を選択し、下の「注文種別」でBuy LimitまたはSell Limitを選択、「価格」に売買したい指値注文価格を記入し、「発注」を選択します。

ちなみに「Buy Limit」は買い指値注文、「Sell Limit」は売り指値注文をさします。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレートが「価格」に達することで、指値注文は約定します。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法):逆指値注文

逆指値注文は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の損失を最小限に抑えるための取引方法(注文方法)です。

成行注文と指値注文は利益獲得のための取引方法(注文方法)ですが、逆指値注文は損切りのために行います。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の現在レートを境にして、指値注文とは逆方向に発注する取引方法(注文方法)です。

指値注文ではシステム上、買いの場合は現在レートよりも安い価格で、売りの場合は高い価格でしか発注できません。

一方、逆指値注文は逆に買い注文の場合は現在レートよりも高い価格、売り注文は安い価格でしか発注できないしくみになっています。

では例としてGEMFOREX(ゲムフォレックス)のレートが100円の時点で買ったとします。

101円になった時点で売りたいと考えているため、101円の売り指値注文を発注しましたが、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレートは下がってしまう可能性もあるため99円の売り逆指値注文も発注します。

チャートを離れている間にレートは95円まで下がってしまい5円の損失になりましたが、99円で逆指値注文をしこんでいたため売ることができ、1円の損失で済ませることができるのです。

「通貨ペア」で注文したい通貨ペアを選択し、「数量」で注文数量を記入、「注文種別」で指値注文を選択、「注文種別」からBuy StopまたはSell Stopを選択し、「価格」は逆指値注文価格を記入します。

ちなみに買い着指値注文は「Buy Stop」、売り指値注文は「Sell Stop」を選択してください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の現物取引は上のように逆指値注文をして損切りを行いますが、為替FXなどレバレッジ取引の場合の損切り設定はやり方が異なります。

レバレッジ取引は、新規注文と決済注文による反対売買がセットになった取引方法であるため、上記のような注文方法では損切りをしこむことができません。

よって新規注文フォームに決済注文をオプション的にしこむことで、損切りすることができます。

「決済逆指値」に損切り価格を設定することで、決済することができます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)を分かりやすく解説まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)を解説しました。

取引方法(注文方法)の使い方を覚えるだけで、GEMFOREX(ゲムフォレックス)で利益獲得をめざしやすくなります。

基本的な取引方法(注文方法)は、成行注文と指値注文ですが、逆指値注文で損切りすることも可能です。

ただしレバレッジ取引については、新規逆指値注文では損切りできませんので、オプション的に損切り価格をしこみましょう。