ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)の手順とやり方がわからない。

成行注文や指値注文ってなに?どのような取引方法(注文方法)なのかがわからない。 あなたは今、このようにお考えですよね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)は基本的な使い方のひとつですので、こちらで詳しく解説していきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)を分かりやすく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)の手順は、以下の3ステップです。

  • 手順1.MT4・MT5の注文画面を起動する
  • 手順2.注文画面で注文銘柄・取引方法を選択、注文方法に応じて数量と価格を入力する
  • 手順3.発注ボタンを押す

注文画面を起動する方法は、以下の通り3タイプありますが、どれを利用しても同じ方法で注文できます。

  • メニューバーの「ツール」から「新規注文」を選択
  • メニューエリアの「新規注文」アイコンを選択
  • 気配値一覧で右クリックして「新規注文」を選択

もし注文画面内で、発注したい通貨ペアが見当たらない場合は、気配値一覧のエリア内のどこでもよいので右クリックをしたら「すべて表示」を選択すれば、全銘柄が選択できるようになります。

なおスマホアプリのMT4とMT5も、取引方法(注文方法)の手順は、パソコン版と同じやり方を行います。

ではGEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)はどのような方法で、注文画面はどのように入力したらよいのかについてみていきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法) 成行注文

成行注文は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の市場価格で約定をめざす取引方法(注文方法)です。

現在の市場価格で約定する取引方法(注文方法)ですので、即座にGEMFOREX(ゲムフォレックス)で売買を成立させることができます。

ただし成行注文は、スリッページが発生するおそれがあり、発注価格から大幅にずれた価格で約定する可能性もあるため、売買が成立する価格は約定するまでわからないことはデメリットでしょう。

成行注文の取引方法(注文方法)のやり方として、たとえば「GEMFOREX(ゲムフォレックス)でUSD/JPYの現在のレートが100円のときに0.01ロット買う」方法をみていきます。

注文画面を起動したら、以下の通り入力します。

  • 通貨ペア:USD/JPY
  • 数量:0.01
  • 注文種別:成行注文/カウントダウン注文(MT5の場合)

最後に「成行買い」ボタンを押して、取引方法(注文方法)は完了となり、GEMFOREX(ゲムフォレックス)で即座に売買は成立します。

スリッページがなければ100円で買うことができます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法) 指値注文

指値注文は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)で売買したい価格を決めて行う取引方法(注文方法)です。

自分の希望価格で売買できる取引方法(注文方法)ですので、損する価格で売買されないことはメリットでしょう。

一方、レートが希望価格に到達しなければ注文は成立しないため、約定まで時間がかかる、最悪約定しない可能性もあることはデメリットです。

指値注文の取引方法(注文方法)のやり方として、たとえば「GEMFOREX(ゲムフォレックス)でUSD/JPYの現在レートが100円のとき、103円まであがったら0.01ロット買う」方法をみていきます。

注文画面を開いて、以下のように入力しましょう。

  • 通貨ペア:USD/JPY
  • 数量:0.01
  • 注文種別:指値注文
  • 注文種別:Buy Limit
  • 価格:103

最後に「発注」を押して取引方法(注文方法)は完了し、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のレートが103円に達すると、売買が成立します。

ちなみに指値注文を選択して表示されるもうひとつのSell Limitは、指値注文のうち売り注文になりますので、売りたいときに選択してください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法) 逆指値注文

逆指値注文は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の損失を最小限に抑える取引方法(注文方法)です。

成行注文と指値注文は、利益を獲得するための取引方法(注文方法)なのに対し、逆指値注文は損切りを目的とした決済注文になります。

逆指値注文は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の現在レートを境にして、指値注文とは逆方向に価格を設定します。

買い注文のときには現在よりも高い価格、売り注文のときは安い価格でしか発注できないしくみになっていることが、逆指値注文の特徴でしょう。

たとえばGEMFOREX(ゲムフォレックス)でUSD/JPYのレートが100円のときに買ったとしましましょう。

そして103円で売るために、指値注文をしこんでおき、さらにレートがさがってしまうリスクも考えて、99円の逆指値注文で損切りも同時に仕込んでおきます。

するとGEMFOREX(ゲムフォレックス)のレートは、一気に95円まで下がってしまい、本来であれば5円の損失が発生するところ、逆指値注文で損切りをしこんでおいたため1円の損失で済ませることができます。

この取引方法(注文方法)のやり方は、以下のように注文画面を入力します。

  • 通貨ペア:USD/JPY
  • 数量:0.01
  • 決済逆指値:99
  • 注文種別:指値注文
  • 注文種別:Sell Limit
  • 価格:103

本来、現物取引の逆指値注文は普通に売り注文をすれば問題ありません。

しかしFX取引であるGEMFOREX(ゲムフォレックス)では反対売買で決済をするため、売り注文をしてしまうと新規注文のあつかいになってしまいます。

そこでGEMFOREX(ゲムフォレックス)の損切りは、新規注文のオプションという形で「決済逆指値」に価格を入力することになります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス) 取引方法(注文方法)の応用4つ

ここまで基本的な取引方法(注文方法)について解説してきました。

さらにGEMFOREX(ゲムフォレックス)では、上項で解説した3つの基本的な取引方法と、新規エントリー・決済注文の中からいくつかを効果的に組み合わせて行う応用の利いた注文方法もできます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)の応用として、以下の4つがあります。

  • OCO(オーシーオー)注文:買いと売りのふたつの決済注文を同時にしこみ、いずれか一方が約定したら、もう片方はその場で取り消される
  • IFD(イフダン)注文:新規注文が約定すると、ふたつの決済注文をしこむことができる
  • IFO(アイエフオー)注文:新規注文と利確と損切りを同時にしこむことができる
  • トレーリングストップ注文:保有中のポジションに対してレートが有利に動いた場合、逆指値の注文価格もそれに合わせて同じ間隔で移動する

基本の取引方法をマスターしなければ、応用の利いた注文方法を活用することは難しいため、まずは基本的な注文方法マスターしてください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)を分かりやすく解説まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引方法(注文方法)として3つの基本はかかせないものですのできちんとマスターしましょう。

取引方法の基本をマスターしたら、注文方法の応用を利用して効率的に利益獲得をめざしてください。