ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMの特徴を比較してみた

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用・ロスカット水準20%

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・他のFX業者でなかなか作れない"法人口座"を作れ"法人の場合損失繰越"が出来るのでおすすめ

・NDD方式を取っており利用者の利益とFX業者の利益が直結しているので余計な成約が無し

・ボーナスが無い分トレードの手数料が低く設定されている。その為本気でトレードをしたい方には一番おすすめのFX業者

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

最大レバレッジ1,000倍で追証もないGEMFOREX(ゲムフォレックス)と、888倍のハイレバレッジが魅力の大手海外FXブローカーであるXM。どちらも魅力的なFXブローカーです。

いずれの業者を使ってFXを始めるべきか決めかねる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMの特徴を詳しく比較してみました。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMの特徴を比較してみた

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMの特徴の概要

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の大きな特徴といえば、最大1,000倍までのハイレバレッジ、豊富なボーナス、日本人経営の安心感ということが挙げられます。

対して、XMもレバレッジは最大888倍、ボーナスやキャンペーンも頻繁に行っています。

海外FXといえばXMというくらい口座開設者が多いのも特徴です。

概要だけを見ると、GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMの特徴にはそれほどの差はないように見えます。

では、より詳しくGEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMを比較していきましょう。

>>GEMFOREXの口座開設がまだの方はこちらから( "超"高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰える)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMの口座タイプの比較

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、手数料無料の反面スプレッドがやや広いオールインワン口座と、手数料無料かつスプレッドも狭いノースプレッド口座の2種類の口座タイプがあります。

ただし、ノースプレッド口座は手数料無料&スプレッドが狭い一方で、取引制限がかかります。

XMの口座タイプは、手数料無料でややスプレッドの広い、スタンダード口座とマイクロ口座、手数量が発生する代わりにスプレッドが狭いZero口座の3種類が利用できます。

口座タイプのバリエーションは、最小契約規模の小さいマイクロ口座があるXMのほうが多くなっていますが、GEMFOREX(ゲムフォレックス)と大きな違いはないと言えるでしょう。

しかし、GEMFOREX(ゲムフォレックス)では法人口座が開設できる一方で、XMは個人口座のみの取扱という点で大きく異なります。

XMはマイクロ口座があることから主に個人の方を、GEMFOREX(ゲムフォレックス)は個人から法人まで幅広い層をターゲットにしているということでしょう。

>>GEMFOREXの口座開設がまだの方はこちらから( "超"高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰える)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)XMの手数料の比較

取引手数料はGEMFOREX(ゲムフォレックス)、XMいずれもスタンダードな口座の場合、取引手数料は無料です。

しかし、スプレッドの狭さが特徴であるXMのZero口座では、1lotあたり5$の手数料がかかります。

一方で、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は手数料も無料です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のほうが圧倒的に有利な気もしますが、実はノースプレッド口座は自動売買システムが使えない、ボーナスが適用されないなどの制限があります。

XMのZero口座は、ボーナス非対応ということはありません。

>>GEMFOREXの口座開設がまだの方はこちらから( "超"高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰える)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMのスプレッドの比較

USD/JPYで比較してみると、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドは1.2pips、XMは1.6pipsです。

どちらも極小スプレッドに特化した口座タイプではなく、スタンダード口座の平均値です。

他の通貨ペアを見てもスプレッドの狭さではGEMFOREX(ゲムフォレックス)に軍配が上がっています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)もXMも、どちらも取引手数料はかかりません。 ただ、取り扱っている通貨ペアはXMが圧倒的に多くなります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は取り扱っている通貨ペアが33なのに対して、XMは55種類と倍近くです。

>>GEMFOREXの口座開設がまだの方はこちらから( "超"高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰える)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMのレバレッジの比較

レバレッジの最大値は、さきほど比較の概要で触れたようにGEMFOREX(ゲムフォレックス)1,000倍、XMが888倍と大きな差はありません。

しかし、最大レバレッジにかかる制限の内容に具体的な違いがあります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)もXMも有効証拠金=口座残高に応じて最大レバレッジに制限がかかります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、口座残高200万円以上で500倍まで最大レバレッジが下がります。

XMの場合は、さらに細かく段階が分かれ、200万円以上の口座残高で200倍まで、1,000万円以上の口座残高で100倍までレバレッジが下がります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)、XMのどちらも口座残高に余裕があるほど最大レバレッジに制限がかかるということです。

ただし、XMは1取引あたりのレバレッジが低いかわりに、取引のlot制限が50lotと比較的緩くなっています。

対して、GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、30lotで制限がかかります。

小lotならばハイレバレッジの効くGEMFOREX(ゲムフォレックス)、大lotならば制限の緩いXMが使いやすいかもしれません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMのロスカット・証拠金維持率の比較

GEMFOREX(ゲムフォレックス)もXMも証拠金維持率が20%を下回ると強制ロスカットが執行され、差はありません。

以前は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット水準は証拠金維持率100%と厳しかったのですが、現在は他のFXブローカーの水準と変わらず20%です。

>>GEMFOREXの口座開設がまだの方はこちらから( "超"高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰える)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMのボーナスの比較

2019年5月現在、GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMでは以下のようなボーナスキャンペーンを実施しています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

・新規口座開設20,000円ボーナス

XM

・新規口座開設3,000円ボーナス

・入金ボーナス

入金ボーナスは、口座に入金した金額の一定割合のボーナスクレジットが口座残高に反映されるボーナスです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、現在入金ボーナスキャンペーンを実施していませんが、定期的に入金ボーナスキャンペーンも実施しています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)、XMいずれもボーナスは豊富で、大きな違いはないと言えるでしょう。

>>GEMFOREXの口座開設がまだの方はこちらから( "超"高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰える)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMの両建て取引の比較

両建て取引についても、GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMの規約に違いはありません。

どちらも単一口座であれば両建てトレードできますが、複数口座や複数業者を使った両建てトレードは規約違反です。

スプレッドの相関性の高い通貨ペアについても同様です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMの特徴を比較してみた まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とXMは、いずれもハイレバレッジ、狭いスプレッド、ゼロカット、豊富なボーナスが魅力のFXブローカーで、大きな差はありません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はレバレッジの高さ、スプレッドの狭さでXMを一歩上回っていますが、lot制限と取扱通貨ペアの少なさでXMに劣っています。

XMは、スプレッドの狭いZero口座に取引手数料が発生する一方で、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座のようにボーナスの適用除外となることがない点が特徴です。

やはり、それぞれ一長一短があるというのが正直なところです。

1つのブローカーの口座でしか取引してはいけないということもありません。リスク分散の点からも、用途に応じて複数のブローカーを使ってみてはいかがでしょうか。

>>GEMFOREXの口座開設がまだの方はこちらから( "超"高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰える)