ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロスプレッドを分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190519221153j:plain

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロスプレッドって何?

ゼロスプレッドって、GEMFOREX(ゲムフォレックス)では本当にゼロスプレッドで取引できるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は充実したボーナスや最大レバレッジ1000倍を提供する、海外FXブローカーです。

ゼロスプレッドでトレードできると言われているGEMFOREX(ゲムフォレックス)の、ノースプレッド口座が気になる方もいるのではないでしょうか。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロスプレッドを分かりやすく解説

ゼロスプレッドを採用するGEMFOREX(ゲムフォレックス)の公式サイトではノースプレッド口座を「主要通貨のスプレッド 0.0pip~」と記載しています。

ただし、本当にゼロスプレッドを採用しているのではありません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロスプレッドと言っても、限りなくスプレッドが0に近いだけで、スプレッドは以下のように発生します。

  • オールインワン口座:USD/JPY 1.4pips
  • ノースプレッド口座:USD/JPY 0.3pips

オールインワン口座と比較すると、GEMFOREX(ゲムフォレックス)ノースプレッド口座はゼロスプレッドに限りなく近いです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロスプレッドのみを狙ったトレードは禁止

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座では、ゼロスプレッドを売りにしているものの、スプレッド0pipsばかりを狙ったトレードを繰り返すことを禁止しています。

もちろん普通にトレードしていて、偶然ゼロスプレッドで約定した場合は問題ないでしょう。

ただ意図的にゼロスプレッドばかりを狙った行為は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)でアカウント凍結措置がとられてしまいます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の利用規約にも記載がありますので絶対にやめてください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロスプレッド採用のノースプレッド口座とは?

ゼロスプレッドが売りのノースプレッド口座ですが、ゼロスプレッドばかりを狙ったトレードはできません。

しかしGEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は、スプレッドが圧倒席に狭いため、低コストでトレードすることができます。

オールインワン口座と比較するとスプレッドが1pips近く狭いことをご確認いただけるでしょう。

  • USD/JPY:0.3
  • EUR/USD:0.3
  • AUD/USD:0.3
  • GBP/USD:1.3
  • USD/CAD:0.8

上がGEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座で、下がオールインワン口座の平均スプレッド一覧です。

ノースプレッド口座をみても、ゼロスプレッドの通貨ペアは存在しません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド一覧表はいずれも平均スプレッドであり、そのときによってスプレッドは変動し、ときにゼロスプレッドでトレードできる可能性があるということです。

詳しくはGEMFOREX(ゲムフォレックス)のMT4で実際のスプレッドを確認してください。

ごらんいただいて予想できる通り、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のオールイン口座のスプレッドはゼロスプレッドになることはほとんどありません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロスプレッド【ノースプレッド口座は取引手数料なし】

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でゼロスプレッドに近いトレードができるノースプレッド口座は、スプレッド以外に手数料が発生しません。

他社でもGEMFOREX(ゲムフォレックス)と同じように、オールインワン口座とゼロスプレッドに近いノースプレッド口座が用意されています。

オールインワン口座のようなスタンダードな口座の場合は、スプレッドが広いぶん取引手数料が発生しません。

逆にノースプレッド口座のようなゼロスプレッドに近い口座の場合は、スプレッドが狭いぶん取引手数料が1pips前後上乗せされます。

スプレッドも取引手数料も、名前が異なるだけで実質的なトレードコストですので、ふたつの口座の手数料差はほとんどないのが現実です。

しかしGEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は、ゼロスプレットに限りなく近いのにも関わらず取引手数料は発生しません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は、本当にゼロスプレッドに近いコストでFXできるのです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロスプレッド【ノースプレッド口座のスキャルピング】

取引手数料なし・スプレッドの狭いノースプレッド口座なら、ゼロスプレッドでなくても魅力的です。

よってGEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は、スキャルピングに向いていると言えます。

ただしそのぶんトレードルールが厳しいのも、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のデメリットでしょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は、5分間に連続して往復合計10LOT以上の取引することを禁止しています。

万が一知らずに行った場合は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)へ連絡しなければいけません。

連絡しなかった場合は、GEMFOREX(ゲムフォレックス)で口座凍結のペナルティ対象となります。

ゼロスプレッドで取引できる可能性があるノースプレッド口座は、そのぶんルールが厳しいです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロスプレッド【ノースプレッド口座の注意点】

その他にもGEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座には注意点があります。

  • 初期入金額は30万円必要
  • ボーナス対象外
  • 自動売買システムの利用不可

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の最低入金額は100円からなのに対し、ノースプレッド口座の初期入金額は30万円必要です。

またボーナス対象外口座となり、ボーナス獲得や資金移動にも対応していません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のセールスポイントであるEAやミラートレードなどの自動売買システムも、ノースプレッド口座では利用できません。

ゼロスプレッドに近いスプレッドでトレードできるぶん、さまざまなシーンで制約があるのはデメリットです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座は、最大ロットでデイトレードする方に向いていると言えます。

秒・分単位のスキャルピングは厳しいので、スキャルピング以上デイトレード以下の取引をする方におすすめと言えるでしょう。

ゼロスプレッドに限りなく近いスプレッドは、短期間に回数を重ねるトレードをGEMFOREX(ゲムフォレックス)でしたい方に適していると言えます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロスプレッドを分かりやすく解説まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロスプレッドは、あくまでもタイミングによってゼロスプレッドになる可能性があるということです。

常にノースプレッド口座においてゼロスプレッドのトレードができるわけではありませんのでご注意ください。

ただしGEMFOREX(ゲムフォレックス)ではゼロスプレッドを狙ってばかりのトレードは罰則の対象になってしまいます。

ノースプレッド口座のスプレッドの狭さを活かし、工夫しながらGEMFOREX(ゲムフォレックス)のトレードを楽しんでください。