ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)は最大400倍ものレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

そして、iFOREX(アイフォレックス)にはスマホで使える純正アプリもあります。

アプリを使えば時間と場所にとらわれず細切れ時間を利用してトレードができるようになります。

そこで今回はiFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方を分かりやすく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方:入手方法

iFOREX(アイフォレックス)のアプリはApp StoreまたはGoogle Play Storeから誰でも無料で入手できます。

インストール方法も特別むずかしいことはありません。

通常のアプリとまったく同じ手順でインストールしていけば問題ありません。

あとはアプリ経由でiFOREX(アイフォレックス)へログインすれば実際にトレードすることができます。

ちなみに、まだiFOREX(アイフォレックス)に登録していない人もアプリから口座を開設できます。

これからiFOREX(アイフォレックス)を使うという人ははじめからアプリを使っていくのもよいかもしれません。

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方:ログイン方法

iFOREX(アイフォレックス)のアプリは必ず所定のIDとパスワードを入力してログインする必要があります。

その方法自体は特別めずらしいものでもありませんし難しくもありません。

ただ、iFOREX(アイフォレックス)のアプリは一定時間放置しておくと自動的にログアウトされてしまいます。

当然、あらためてログインしなければふたたび利用することはできません。

これが意外とストレスになるものです。 そこでおすすめしたいのが指紋認証です。

指紋認証はアプリの詳細メニューの「ログインオプション」から設定できます。

アプリメインでトレードしていくつもりの人はぜひとも設定しておきましょう。

なお、iFOREX(アイフォレックス)のログインパスワードは初期設定ではランダムな文字列となっています。

指紋認証ばかり利用していてパスワードを忘れてしまわぬよう、早いうちに自分の覚えやすいものへ変更しておくことをおすすめします。

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方:日本語化

iFOREX(アイフォレックス)のアプリはデフォルトでは英語表記となっています。

まずは設定から言語表示を日本語に変更しておきましょう。

この操作についてもきわめてシンプルです。

メインメニューで「language」を選び「日本語」を選択するだけです。

あとはアプリ内の言語がすべて日本語化されます。

iFOREX(アイフォレックス)の公式サイトを見れば分かると思いますが、翻訳に不自然なところもありません。

なんの違和感もなく使っていけると思います。

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方:入金方法

iFOREX(アイフォレックス)のアプリからは入金も出金も可能です。

利用可能な入金方法は以下の3種類です。

・クレジットカード

・電子マネー

・銀行振込

クレジットカードを利用するには事前にカード情報の登録が必要になります。

また、銀行振込については手順に従って表示される振込先に向けて、別途金融機関から送金手続きをする必要があります。

そして、iFOREX(アイフォレックス)のアプリで利用できる電子マネーはbitwallet(ビットウォレット)にかぎられます。

ただ、bitwallet(ビットウォレット)は一度登録してしまえば他のブローカーで利用できるところも少なくありません。

そういった汎用性の高さからも、基本的にiFOREX(アイフォレックス)では入金・出金ともにbitwallet(ビットウォレット)の利用を推奨します。

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方:注文方法

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方はPC版のプラットフォームとほぼ同じです。

メインメニューから「トレード」を選ぶと以下のような画面が表示されます。

Aでトレードしたいカテゴリーを選び、Bのなかから実際にトレードする銘柄を選択します。

「売り」または「買い」をタップすると注文詳細が表示されます。

数量など詳細な条件設定をして「注文」をタップすれば発注完了です。

なお、今回はiFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方の全体像を解説しています。

そのため、詳細な注文方法の種別やオプション設定などの解説はここでは割愛いたします。

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方:出金方法

iFOREX(アイフォレックス)のアプリでは出金リクエストも可能です。

出金に関してはメインタブに項目がありません。

ハンバーガーメニュー「三」でメニューを展開して「出金」を選びましょう。

あとは出金手段や金額を選んで手続きをおこなっていくだけです。

なお、クレジットカード出金は事前にクレジットカードで入金した金額が上限となります。

また、出金するためには事前にiFOREX(アイフォレックス)へ本人確認書類を提出しておく必要があります。

本人確認に必要な書類は以下のとおりです。

・身分証・・・運転免許証やパスポートなど

・現住所証明書・・・公共料金の領収書やクレジットカードの利用明細など

本人確認は必ずしもPCでおこなわずともアプリからでも完了できます。

少々面倒なところもありますが早めに済ませておくことをおすすめします。

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方の注意点

iFOREX(アイフォレックス)のアプリとブラウザベースのプラットフォームは同時に利用できません。

どちらかのログインが検出されたタイミングで先にログインしていたプラットフォームは自動的に切断されてしまいます。

そのため、PCでチャートを確認しつつアプリで注文を入れるといった使い方はできません。

自宅はPC、出先ではアプリといった使い分けをはじめに決めておいたほうがよいでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い勝手は?

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い勝手はかなり快適です。

基本的にPCでできることはすべてアプリでもできますし、アプリだけでトレードしていくことも十分に可能です。

とはいえ、この方の言うように若干重いという難点はあります。

ただ、iFOREX(アイフォレックス)のアプリはユーザーレビューの評価も高く、定期的にバージョンアップもしています。

今後、動作の軽量化などを図ってさらに使いやすいものに進化していくことが期待されます。

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方を分かりやすく解説 まとめ

iFOREX(アイフォレックス)のアプリの使い方の全体像を解説してきました。

iFOREX(アイフォレックス)はそもそもブラウザベースの取引プラットフォームとなっています。

そのため、スマホであろうがPCであろうがあまりプラットフォームに差はありません。

詳細な解説にまではいたりませんでしたが、いずれにしろ全体的に使い勝手の良いアプリということが分かると思います。

iFOREX(アイフォレックス)に興味のある方はぜひともアプリを活用してみてください。