ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)は運営実績25年を誇る海外FXブローカーです。

豊富な銘柄を取り扱い、独自プラットフォームで取引を行うiFOREX(アイフォレックス)では、最大400倍のレバレッジ取引を始められます。

使い方がよくわからないと悩んでいる方に向けて、iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)について解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)について、以下の流れで解説します。

  • 1. iFOREXiFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)のやり方
  • 2. FXトレードの注文方法の基礎知識
  • 3. iFOREXの注文方法の種類
  • 4. ストップ・リミットの設定方法
  • 5. iFOREXの決済方法

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)のやり方 4つの手順

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)のやり方を解説します。

手順1. 注文画面を開く

注文方法(取引方法)のやり方は、iFOREX(アイフォレックス)の基本メニューにある「取引」を選びます。

取引したい通貨、または商品タブを選んでから通貨を選択します。 するとポップアップで注文画面が開きます。

手順2. 注文画面を入力

iFOREX(アイフォレックス)のポップアップの右側に表示される注文画面を入力します。

■成行注文のやり方

iFOREX(アイフォレックス)の「新規注文」タブを選んで、注文したい銘柄が表示されていることを確認・選択します。

「数量」を入力して「売」「買」ボタンのいずれかをクリックして完了です。

■指値注文のやり方

「新規指値注文」タブを選んで、注文したい銘柄を選びます。 「数量」と「指値注文レベル」に注文価格を入力しましょう。

ポジションを保有する期限を「キャンセルまで有効」「日時の設定」から選びます。 最後に「売」「買」ボタンのいずれかをクリックします。

手順3. 損切り・利食いの設定【任意】

新規エントリー時に任意でストップロスやリミットを予約できる、オプション的な注文方法(取引方法)も利用できます。

損切りは「ストップロス」、利食いは「リミット(利確)」にチェックをつけて「数量」を入力するだけです。

手順4. 発注

注文画面の入力を終えたら「注文」ボタンをクリックして、iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)を完了します。

iFOREX(アイフォレックス)の公式アプリでも、注文方法のやり方は同じ流れで進めます。

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)の基礎知識

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)のやり方は、FXトレードのしくみを理解しなければできません。

ここではFXがはじめての方に向けて、FXトレードでかかせない注文方法の基礎知識について解説します。

FXトレードのやり方は「安く買って高く売る」という注文方法を行います。

1つの取引につき新規注文と決済注文をセットで行いますが、どちらかで買いをすれば、もう一方で売る注文方法をしなければいけません。

逆に「売ってから安く買い戻す」という注文方法も、iFOREX(アイフォレックス)では可能です。 売りからはじめる注文方法を、ショートまたは空売りとよびます。

保有していない通貨を先に売ることができる理由は、証拠金取引だからです。

証拠金取引とは、証拠金を担保に新規注文を行います。 新規注文を行うと、注文内容がポジションと言う形で一時的に取引口座へ反映されますが、実際に通貨を買うわけではありません。

ポジション保有後、市場レートが適切な価格に到達した時点で決済注文を行います。

これで新規注文と決済注文の時点におけるレート変動幅、すなわちトレードの差額が損益として発生します。 トレードの損益はiFOREX(アイフォレックス)の口座へ反映されます。

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)の種類3つ

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)の基本は、新規注文と新規指値注文です。

ここではiFOREX(アイフォレックス)ではどのような注文方法ができるのか、種類について解説します。

注文方法の種類1. 成行注文

「新規注文」とはiFOREX(アイフォレックス)の市場価格で発注する方法です。

一般的には成行注文と呼ばれており、注文画面に表示されている価格で売買が成立します。 注文で売買が成立することを約定と言います。

iFOREX(アイフォレックス)の「新規注文」とは、成行注文をさしています。

注文方法の種類2. 指値注文

「新規指値注文」とは、自分が売買したい価格を予約して、iFOREX(アイフォレックス)の相場が設定価格に達したときに、売買が成立する注文方法です。

iFOREX(アイフォレックス)の新規指値注文は、俗に言われる指値注文をさします。 指値注文は価格を予約するため、価格の変更やキャンセルもできます。

注文に有効期限を仕込んでおくこともでき、自分のやりたい取引方法に近づけられるでしょう。

注文方法の種類3. 逆指値注文

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法に逆指値注文の項目が見当たりませんが、対応しています。

逆指値注文は、あえて「高く買う」「安く売る」方向にポジションを建てる取引方法です。

成行注文と指値注文は、現在のレートよりも「高く買う」「安く売る」方向にしかポジションを建てられません。

一方逆指値注文は、逆方向にポジションを建てられます。 このためトレンドの起点で売買したいときなど、応用が利いた取引に活用できる注文方法です。

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法) ストップ・リミット

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)として、ストップやリミットを予約することもできます。

  • ストップ:損切り
  • リミット:利益確定

上記を新規注文で予約できるため、チャートの前で値動きを確認していないくても自動決済が可能です。

またストップとリミットを同時に予約すれば、iFOREX(アイフォレックス)の損失を最小限に抑えながら利益確定もできます。

オプション機能のため、利用は任意です。 iFOREX(アイフォレックス)の相場の急変に備えて、新規注文時に決済注文まで予約しておける便利な注文方法です。

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法) 決済注文2つ

ここまでiFOREX(アイフォレックス)の新規エントリーの注文方法(取引方法)について解説してきました。

最終的に建てたポジションを決済注文にて、以下の通り反対売買でクローズしなければいけません。

  • 新規注文が「買い」の場合、決済注文は「売り」
  • 新規注文が「売り」の場合、決済注文は「買い」

なお前項で解説したストップ・リミットを予約している場合は、決済注文は不要です。

決済注文にも、成行決済注文と指値決済注文があるため、それぞれのやり方を解説していきます。

決済方法1. 成行決済注文

決済注文のやり方は、iFOREX(アイフォレックス)のレートが決済したい価格に達したら、以下の操作を行います。

  • 手順1. マイページの「未決済取引」タブを選択
  • 手順2. 決済したいポジションの「決済」ボタンをクリック

あとは画面の流れにしたがって進めれば、決済注文は完了となり、即時決済ができます。

決済方法2. 指値決済注文

指値決済注文のやり方は、iFOREX(アイフォレックス)にて以下の操作を行います。

  • 手順1. マイページの「未決済取引」タブを選択
  • 手順2. 決済したいポジションの「ストップ」「リミット」ボタンをクリック
  • 手順3. 「買いレート」「売りレート」のいずれかを記入
  • 手順4. 「編集」をクリック

買い・売りレートの記入方法は、前項の解説通りです。 あとは画面の流れにしたがえば完了します。

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)を分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)の注文方法(取引方法)は、FXトレードの基礎知識を理解することが大切です。

これさえ理解していれば、iFOREX(アイフォレックス)の注文方法をスムーズに進めることができます。