ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の両建てを分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)は両建てを認めているの?

もし認めているのであれば両建てのやり方や禁止事項、メリットや注意点について詳しく知りたい。

このようにお考えの方に向けて、iFOREX(アイフォレックス)の両建てについて詳しく解説していきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の両建てを分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)は両建てを認めている?

結論を言うとiFOREX(アイフォレックス)は両建てを認めています。

公式サイトの「取引条件」のページでは、両建てについて以下の通り明示しています。

  • iFOREXは両建てを「正味」に基づいて最小の証拠金を計算する目的のための取引ととらえる
  • 両建ての一方のポジションの決済を、未決済のまま残るポジションと同量の新しいポジションの注文と捉える

このように明示していることからiFOREX(アイフォレックス)は両建てを認めているととらえることができるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス) 両建てトレードのやり方

iFOREX(アイフォレックス)での両建てトレードのやり方は、以下の手順です。

手順1.iFOREX(アイフォレックス)で1つ目のポジションを建てる

iFOREX(アイフォレックス)のマイページにログインしたら、メインメニュー「取引」になっていることを確認します。

気配値一覧から、両建てトレードをする通貨ペアを選びましょう。

表示した注文画面で「新規注文」タブが選択されていることを確認し、両建てする「銘柄」、「買」「売」のどちらかを選択、「数量」を記入して「注文」しましょう。

手順2.2つ目のポジションを建てる

1つ目のポジションと同じように、iFOREX(アイフォレックス)の気配値一覧から通貨ペアを選んで注文画面を入力します。

ただし両建てトレードをしますので、「売」「買」については1つ目のポジションと異なるものを選んでください。

1つ目のポジションで「売」を選んでいる場合、2つ目では「買」を選んで発注すると言う要領です。

2つのポジションを建てることでiFOREX(アイフォレックス)の両建てトレードをスタートできます。

手順3.含み損のポジションを決済する

新規エントリーを完了したら、iFOREX(アイフォレックス)の相場の方向性が明確になった時点で含み損のポジションを決済しましょう。

これで両建てトレードを解除できます。

含み損のポジションを決済するやり方は、iFOREX(アイフォレックス)の画面下にあるトレードウォッチで「未決済取引」タブになっていることを確認します。

そして両建てを解除したいポジションの「決済」ボタンを押すだけです。

両建てを解除したら、含み損のポジションを活かしてiFOREX(アイフォレックス)の利益を狙いましょう。

iFOREX(アイフォレックス) 両建てのメリット

両建てのメリットは、iFOREX(アイフォレックス)における相場の方向性が明確になるまでトレードの損益を0に抑えることでしょう。

同じ通貨ペアの買いと売りの価格は相反するため、両建ての含み損益は相殺されて0になります。

含み損益を0に抑えながら、相場の方向性が明確になるまで待つことができ、相場の方向性が明確になった時点で、含み損方向のポジションを決済します。

最終的に残した含み損方向のポジションを使い、すばやくトレンドに乗れることが両建てのメリットでしょう。

わざわざ両建てをしなくても、iFOREX(アイフォレックス)のトレンドが来たら注文すればよいのではとお考えの方もいるはずです。

両建てに活用される成行注文は即座約定をめざす方法ですが、約定するタイミングにズレが生じるので思い通りの価格で注文できません。

特にトレンドの起点であればiFOREX(アイフォレックス)には注文が殺到するので、成行注文ではスリッページのリスクが高まります。

しかし両建てしていればトレンド方向のポジションを保有していることになるため、新規エントリーによるスリッページのリスクにおびえる必要がないというわけです。

iFOREX(アイフォレックス)の両建てに関する禁止事項

FOREX(アイフォレックス)の両建ての禁止事項については、利用規約の第7条「お客様の表明・保証条項」の1.14項に明記されています。

万が一、禁止事項にふれてしまう両建てを行い発覚すると、出金拒否や最悪の場合口座凍結のペナルティになりますので絶対にやめましょう。

禁止事項1.iFOREX(アイフォレックス)の口座間をまたぐ両建て

iFOREX(アイフォレックス)は複数口座の開設ができないため、1トレーダー・1口座制での運用に限られます。

両建ては、1つの口座内でロングとショートを保有する方法のみ認められています。

たとえば以下の口座をまたいで両建てを行うことが、禁止事項にあたります。

  • 他人名義の口座
  • 複数アカウントの登録で開設した複数口座

両建てに関係なく、複数アカウントの登録をすること自体がiFOREX(アイフォレックス)の禁止事項にあたるため絶対にやめましょう。

禁止事項2.iFOREX(アイフォレックス)と他社の口座間をまたぐ両建て

同じくiFOREX(アイフォレックス)と他社の口座間をまたぐ両建ても禁止事項にあたります。

どんなパターンであっても口座をまたぐ両建てはiFOREX(アイフォレックス)で禁止されています。

その理由はボーナスの不正取得やゼロカットの悪用につながってしまうからです。

iFOREX(アイフォレックス)の両建てにおけるよくある質問

iFOREX(アイフォレックス)は両建ての一括決済はできるの?

複数ポジションをまとめて決済できる一括決済ですが、iFOREX(アイフォレックス)ではできます。

やり方はポジション2つにチェックをつけて「選択取引一括決済」したら、問題がないのかを確認して実行しましょう。

両建ての解除ではなく、終了でも利用できる機能のためとても便利です。

iFOREX(アイフォレックス)の両建ての注意点は?

両建ての注意点は、スプレッドとスワップポイントがポジションの保有数にあたる2倍も発生することです。

相場が急変した場合、スプレッドの拡大は1つのポジション保有時よりも加速するでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)のスワップポイントはマイナスのケースが多いため、両建てでは2倍もの手数料として蓄積されていきます。

いずれにせよ両建ての注意点として、ロスカットを防ぐために証拠金を多く準備しておきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の両建ては指値注文でもできるの?

基本的に両建ては、売買ポジションの約定価格を同じにするために成行注文を利用します。

指値注文を使ってはいけないと言うルールはありませんが、

iFOREX(アイフォレックス)で同じタイミングのロングとショートを保有する場合は成行注文がベストでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)の両建てを分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)の両建てについて解説しました。

両建てを認めていてやり方も簡単なiFOREX(アイフォレックス)は、両建てをトレード手法のひとつとして活用できます。

ただし口座間をまたぐ両建ては重大な禁止事項になりますので絶対にやめましょう。

また両建てのトレードコストの負担にもご注意ください。