ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングを分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングのやり方を知りたい。

そもそもiFOREX(アイフォレックス)でスキャルピングは禁止されいてるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

iFOREX(アイフォレックス)は20年という運営実績を誇る、信頼性の高い海外FX取引所です。

安全性を重視する方の中には、iFOREX(アイフォレックス)でトレードしたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングを分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)でスキャルピングするメリットは、やはり証拠金維持率0%を誇るロスカット率ではないでしょうか。

証拠金のギリギリまでトレードできることからロスカットをまぬがれやすく、ポジション維持を続けやすいことが、iFOREX(アイフォレックス)の大きな魅力でしょう。

仮想通貨のスプレッドは広いと言われていますが、為替FXのスプレッドは狭いと言われていることも、iFOREX(アイフォレックス)はスキャルピングに適していると考えられます。

ではまずiFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングは認められているのでしょうか。

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングについて解説していきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングは禁止だが定義ははっきりしていない

結論から申し上げますと、iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングは禁止されています。

公式サイトにはスキャルピングを禁止する記述がありませんが、iFOREX(アイフォレックス)公式からの回答が得られました。

長年の運営実績を誇るiFOREX(アイフォレックス)ユーザーの口コミからは、スキャルピングで利確したなどの声が聞かれるため、まさか禁止されているとは思わないユーザーも多いでしょう。

そもそもiFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングの定義は不明確です。

スキャルピングは、数秒という短時間で注文と決済を繰り返すトレード手法のため、サーバーに負担をかけてしまう理由から、競合ではスキャルピングを禁止しています。

当然、iFOREX(アイフォレックス)も同様の理由からスキャルピングを禁止していることが考えられますが、公式サイトではその理由を明確に公表していません。

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングの定義については疑問が残ると言えるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングは禁止だが1回2回であればできるという声も

スキャルピングを禁止しているiFOREX(アイフォレックス)ですが、口コミを観ていると多くのトレーダーがスキャルピングしていることがわかります。

中には1・2回のスキャルピングなら、iFOREX(アイフォレックス)の監視の目を逃れられると考える方もいるようです。

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングにメリットを感じているユーザーの中には、iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングにならないギリギリの頻度でエントリーすればよいと考える方もいます。

たしかにこの考えは、iFOREX(アイフォレックス)が禁止する範囲外のトレード方法が可能ですので、不正トレードには該当しないと考えられるでしょう。

そうはいってもiFOREX(アイフォレックス)が定義するスキャルピングがよくわからない点については、iFOREX(アイフォレックス)の具体的な取り締まり対象の内容について知りたいところです。

もし自分でiFOREX(アイフォレックス)の動きなどから取り締まり対象になる範囲をきちんと把握し、スキャルピングにならないトレードをするのは正直大きな労力がかるため、あまり現実的ではありません。

またこちらが考えるスキャルピングの定義とiFOREX(アイフォレックス)の定義をとらえ間違えてしまった場合は、不正トレードだと見なされてペナルティ対象になることも覚悟しなければいけません。

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングは禁止。発覚すれば口座凍結になるリスクもある

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングは禁止されているため、発覚すれば口座凍結という重いペナルティが課せられてしまいます。

以下の口コミからは、以前のiFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングに対する監視の目は緩かったことが伺えますが、現在では口座凍結になる可能性が高いとのことです。

口座凍結にいたってしまった場合は、多くの取引所では利益の没収、取引所の永久追放などが考えられますので、iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングはやらないに越したことはありません。

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングは禁止なので他のブローカーの利用がおすすめ

ここまで解説した通り、iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングは禁止行為ですのでやめましょう。 iFOREX(アイフォレックス)以外にもスキャルピングに適した海外FX取引所は存在します。

スプレットの狭い取引所と言えばTitan FXやAXIORYがあり、2社ともスキャルピング向けの低スプレッド口座のブレード口座やナノスプレッド口座が利用できます。

特にAXIORYはプラットフォームにcTraderを採用していることもあり、約定率が高くスキャルピングに定評がある取引所です。

トレード手法によって取引所を使い分けるというのは賢い方法と言えるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)はスプレッドが狭いためデイトレードや、スイングトレードに適した取引所と言えます。

iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)は公式的にスキャルピングを禁止しているため、やめることをおすすめします。

ロスカット水準が極めて低いiFOREX(アイフォレックス)は非常に魅力的な海外取引所ですが、スキャルピングが発覚し口座凍結にいったってしまっては元も子もありません。

禁止されていることは忠実に守ることをおすすめします。