ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)でスキャル・スキャルピングは出来るのか?詳しく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】is6comの詳細ページはこちらから

【5位】iFOREXの詳細ページはこちらから

国内ユーザーからも人気の高い海外ブローカーの1つとしてあげられることも多いiFOREX(アイフォレックス)。

そんなiFOREX(アイフォレックス)を利用して、スキャルピングにチャレンジしてみたいという人もいますよね。

短期トレードを繰り返すことになるため、自動botなどで運用しながらスキャルピングをやりたいという人もいるでしょう。

しかしブローカーの中にはスキャルピングを禁止しているというところも少なくありません。

そこで今回は、iFOREX(アイフォレックス)でスキャル・スキャルピングは出来るのか?について詳しく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)でスキャル・スキャルピングは出来るのか?詳しく解説

1996年創業のiFOREX(アイフォレックス)は、20年以上の運用実績を持つ海外の老舗ブローカーです。

長きに渡る運用実績により信頼性が高く、加えて最大400倍のハイレバレッジトレードが可能な点や豪華なボーナスキャンペーンなどが人気の理由となっています。

そんなiFOREX(アイフォレックス)でハイレバレッジをかけながらスキャル・スキャルピングをしてみたいと考えている人もいるでしょう。

しかしiFOREX(アイフォレックス)では、スキャル・スキャルピングは実質禁止されている行為です。

iFOREX(アイフォレックス)でスキャル・スキャルピングは実質禁止されているトレード方法

iFOREX(アイフォレックス)では、スキャル・スキャルピングは実質禁止となっていますが、実際に公式サイトなどに「スキャルピング禁止」との記載がある訳ではありません。

しかし、iFOREX(アイフォレックス)では他の禁止事項や取引で起こる現象などを考えるとスキャル・スキャルピングを行うことがかなり難しいといえるでしょう

iFOREX(アイフォレックス)でスキャル・スキャルピングが難しいのは注文方式がDD方式だから

iFOREX(アイフォレックス)では「スキャルピング禁止」という記載はないのに実質はスキャル・スキャルピングができないと言われています

 その大きな理由となっているのが、iFOREX(アイフォレックス)の注文方式です。

FX業者にはDD方式とNDD方式と呼ばれる2つの注文方法があり、iFOREX(アイフォレックス)の注文方式はスキャルピングに不向きのDD方式であると考えられています。

そもそもFX業者の注文方法であるDD方式とは、FX業者が取引に関与しないというノーディーリングデスク方式のことです。

業者はユーザーの注文を純粋に取り次ぐのみであるため、取引操作を業者側が行うことはできません。

そのため業者に操作されない信頼性の高い取引ができることが多くなっており、取引の透明性も高いと言われています。

一方のiFOREX(アイフォレックス)が採用していることが推測されるDD方式は、FX業者がユーザーの取引に関与してくる可能性のある注文方法です。

つまりDD方式はユーザーが注文を行うと、その注文を一旦FX業者が抱えて、そこからFX業者が市場に対して注文を行うという形になります。

そのためDD方式のiFOREX(アイフォレックス)は、NDD方式に比べて取引の信用性や透明性が劣る傾向があり、市場の値動き通りにユーザーが利益を出せない可能性があるのです。

iFOREX(アイフォレックス)がスキャル・スキャルピングが難しいDD方式であると推測できる理由

ここまでFX業者の注文方式であるDD方式とNDD方式があることについて説明してきますた。

そしてiFOREX(アイフォレックス)はスキャル・スキャルピングに不向きであるDD方式であることが予測されています。

しかしiFOREX(アイフォレックス)は、注文方式がDD方式であると公式で発表している訳ではありません。

iFOREX(アイフォレックス)がスキャル・スキャルピングに不向きのDD方式であると考えられる理由に、以下の2つがあります。

  • 1日に10以上のポジションを保有することを禁止しているため
  • 実際にスキャル・スキャルピングを行うとスプレッドが広がること

まず1つめが、iFOREX(アイフォレックス)は1日に10以上のポジションを保有することが禁止となっている点です。

スキャル・スキャルピングを行うのであれば、短時間に何度もポジションの保有・決済を繰り返すことになるので、実質スキャル・スキャルピングが禁止と言われているようなものでしょう。

さらにiFOREX(アイフォレックス)でスキャル・スキャルピングを行うと、iFOREX(アイフォレックス)が電話がきたりスプレッドが一気に広がったりするという口コミもみられました。

このようなことからもiFOREX(アイフォレックス)でスキャル・スキャルピングを行うのはかなり難しいといえるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)以外でスキャル・スキャルピングしたいならTitanFX(タイタンFX)がおすすめ

どうしても海外FXにてスキャル・スキャルピングをしたいという人であれば、TitanFX(タイタンFX)への乗り換えもおすすめです。

NDD方式を採用しているTitanFX(タイタンFX)は、スキャル・スキャルピングによってスプレッドが広がることもなく、注文が通りやすいのも特徴となっています。

スキャル・スキャルピングを行うのであれば、TitanFX(タイタンFX)をはじめとする短期トレード向きの業者を利用するのが良いでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)でスキャル・スキャルピングは出来るのか?詳しく解説まとめ

今回は、iFOREX(アイフォレックス)でスキャル・スキャルピングは出来るのか?について詳しく解説してきました。

iFOREX(アイフォレックス)ではスキャル・スキャルピングを行うことを公式で禁止していませんが、実際はかなり難しくなります。

どうしてもスキャル・スキャルピングのトレードを行いたいのであれば、短期トレード向きのFX業者を利用していくのがおすすめです。