ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)は出金拒否(出金トラブル)や出金できないことはあるのか、口コミや事実を確認したい。

もしiFOREX(アイフォレックス)で出金拒否があるとしたらその原因はなに?

やっぱり悪意ある出金拒否なの?

iFOREX(アイフォレックス)の出金トラブルについて詳しく知りたい。 あなたは今、このようにお考えですよね。

ここではiFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できない原因について詳しく解説していきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)は出金拒否(出金トラブル)と出金できないという口コミも事実もなし

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)や出金できないという口コミを見て多くのトレーダーが連想するのは、FX業者からの悪意ある出金拒否ではないでしょうか。

海外FX業者は、出金拒否や出金トラブルの噂がたえず、出金できないというユーザーもいるため、このような噂が繰り返されています。

しかしiFOREX(アイフォレックス)は運営実績20年を誇り、日本人サービス・グループ会社の合計3社ともに金融ライセンスを取得しています。

出金トラブルを起こす海外FXブローカーは運営を存続することは難しいため、長年にわたる運営実績は、iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否がない証拠としてはじゅうぶんでしょう。

またiFOREX(アイフォレックス)の日本人向けサービスはバージン諸島金融サービス委員会(BVIFSC)、残り2社のグループ企業はキプロス証券取引委員会(CySec)と金融行為監督機構(FCA)の金融ライセンスを取得しています。

キプロス証券取引委員会(CySec)の金融ライセンスは厳格な審査基準が設けれられており、世界的にも信頼性が証明されていることから、iFOREX(アイフォレックス)の安全性は高いと言えるでしょう。

そもそも出金拒否や出金トラブルを起こすような業者は金融ライセンスを取得できませんし、出金拒否をしようものならライセンスははく奪されています。

またSNSで出金拒否の噂が拡散されてしまうことをiFOREX(アイフォレックス)は理解しているはずです。

世界的に信頼性の高いライセンスを失うことや、顧客離れが進むリスクを負ってまで、iFOREX(アイフォレックス)は出金拒否をするとは考えにくいでしょう。

過去iFOREX(アイフォレックス)による悪意ある出金拒否の事実はなく、最近の口コミを確認しても悪意ある出金拒否に関する口コミはありません。

ただしiFOREX(アイフォレックス)から出金できないという口コミはありますが、出金拒否の原因はなになのでしょうか。

iFOREX(アイフォレックス)は出金拒否(出金トラブル)や出金できないのではなく時間がかかっているだけのケースが大半

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)によって出金できない事態を招いてしまいますが、ただ単に時間がかかっているケースもめずらしくありません。

出金機関やiFOREX(アイフォレックス)の混雑により、出金処理に時間がかかってしまう出金トラブルがあります。

またクレジットカードによる出金の場合は、カード会社の決済日の関係で即時出金に対応できるケースがあれば、最長2ヶ月にわたり出金できないこともあります。

出金時間に幅があることを、iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否だと勘違いしてしまうという、出金トラブルがあります。

他社と比較してもiFOREX(アイフォレックス)の出金時間は長くなるケースがあり、bitwalletの出金時間は他社の場合即時からほんの数分で完了するところ、iFOREX(アイフォレックス)は最短3営業日です。

「海外FX=出金拒否」と考えている方は、先入観によってただ時間がかかって出金できないでいることを悪意ある出金拒否と連想してしまいがちです。

iFOREX(アイフォレックス)の悪意ある出金拒否や出金トラブルとは無関係ですので、おとなしく着金を待ち、もし遅延しているようであればサポートデスクへ問い合わせてみてもよいかもしれません。

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)や出金できない原因は出金ルールを守っていないから

悪意によるiFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)ではなく、出金できない原因として出金ルールを守っていないことがあげられます。

iFOREX(アイフォレックス)は、入金額まで同じ方法と金額まで出金しなければならず、利益についてはbitwalletまたは銀行送金で出金しなければいけないという出金ルールがあります。

たとえばクレジットカードの出金は、入金額に利益を上乗せして同じカードへ一度に出金しようとすることが出金できない原因でしょう。

また出金手続きの不備も出金できない原因となり、たとえばiFOREX(アイフォレックス)と異なる名義の口座や、海外送金の場合はiFOREX(アイフォレックス)に対応していない口座に出金することがあげられます。

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)の原因は不正トレードによる「出金できない」ペナルティが課せられから

iFOREX(アイフォレックス)の意図的な出金拒否(出金トラブル)の原因として、たったひとつあげられることはトレーダーの不正トレードでしょう。

以下のようなトレードをiFOREX(アイフォレックス)は不正トレードとみなし、「出金できない」というペナルティが課せられます。

  • サーバーに負担をかけるほどのスキャルピング
  • ボーナスやゼロカットを悪用した両建て
  • 経済指標発表時、サーバーの混雑で遅延を招くタイミングを狙ったトレード
  • 自動売買トレード

特に利用規約等を把握していないかったり海外FXのトレードがはじめての方は、iFOREX(アイフォレックス)で出金できないのは悪意ある出金拒否だと思い込む可能性があるため、出金トラブルの原因にもなりかねません。

違反や不正トレードによる出金拒否や出金トラブルにいたらないよう、iFOREX(アイフォレックス)の規約を今一度見直してみましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)がないのは出金依頼書によって不正出金を防いでいるから

iFOREX(アイフォレックス)で出金拒否(出金トラブル)により出金できないという口コミがほぼない理由は、手続きで独自の出金依頼書を提出を設けており、未然に不正出金を防いでいるからです。

出金依頼書とは、トレーダーの手書きのサインが必要な書類で、口座開設時に提出した身分証明書・住所確認書類・クレジットカードの画像もあわせて提出しなければいけません。

手間があるぶん、iFOREX(アイフォレックス)は安全に出金できるため、出金できないという声も少なくなっています。

最近では出金依頼書の提出が不要なケースもあるようですので、臨機応変にiFOREX(アイフォレックス)の指示にしたがいましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)は出金拒否や出金トラブルが少なく、出金依頼書などの厳重な手続きによって出金できない事態を防ぐことができる海外FX業者です。

グループ企業が世界的に厳格な金融ライセンスを取得していることは、iFOREX(アイフォレックス)が悪意ある出金拒否を行わない証明と言えるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)の運営実績からも出金トラブルは少ないと考えられるため、安全性の高い海外FX業者と言えます。