ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)は出金拒否(出金トラブル)があるの? 出金できない原因は、やっぱり悪質な出金拒否なの?もし違うのであればその理由を知りたい。 あなたは今、このようにお考えですよね。 iFOREX(アイフォレックス)は運営実績25年を誇る老舗の海外FX業者です。 海外FXと言えば出金拒否の噂がありますが、iFOREX(アイフォレックス)でも出金トラブルなど、出金できないケースがあるのかどうか、気になる方も多いはずです。 結論を言えば、iFOREX(アイフォレックス)は出金拒否する可能性もありますが、それには正当な理由があるからです。 ここではiFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できない理由について詳しく解説していきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)・出金できないケースが悪質ではない2つの理由

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないケースが悪質ではない理由として、以下の2つがあげられます。

  • 25年の運営実績
  • 金融ライセンスの保有

現在、人気の海外FXの大半は運営実績10年ほどになるのに対して、iFOREX(アイフォレックス)は運営実績25年を誇るため、海外FXでは老舗中の老舗業者です。 2010年近辺のFXブームで倒産した業者も多数ある中、iFOREX(アイフォレックス)は運営が続いています。 長年にわたり運営が続いている理由こそが、出金拒否をしないなによりの理由でしょう。 またiFOREX(アイフォレックス)では、以下の金融ライセンスを取得しています

  • 日本人向けサービス:バージン諸島金融サービス委員会(BVIFSC)
  • グループ企業2社:キプロス証券取引委員会(CySec)、金融行為監督機構(FCA)

キプロス証券取引委員会(CySec)の金融ライセンスは厳格な審査基準が設けれられており、世界的にも信頼性が証明されています。 金融ライセンスを保有していることもiFOREX(アイフォレックス)が出金拒否をしない理由になります。 もし悪質な出金拒否や出金トラブルを起こす業者であれば、金融ライセンスははく奪されてしまいます。 同時にSNSで「iFOREXは出金できない」という悪評も拡散されて、評判は地に落ち顧客離れは一気に進むでしょう。 わずかな得のために長年の運営で獲得した信頼を失ってしまう行為を、わざわざiFOREX(アイフォレックス)がするとは考えにくいです。 運営実績25年と金融ライセンスの保有を武器にiFOREX(アイフォレックス)はじゅうぶん戦えるという理由から、iFOREX(アイフォレックス)が悪質な出金拒否をするとは考えにくいでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できない原因1. 不正トレード・規約違反

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できない原因としてまず考えられるのが、不正トレードと規約違反です。 以下のようなトレードを不正トレードと見なすため、出金できない状況に陥ります。

  • ボーナスやゼロカットを悪用した両建てトレード
  • 自動売買トレード
  • サーバーに負担をかける頻度のスキャルピング
  • 経済指標発表時、サーバーの混雑で遅延を招くタイミングを狙ったトレード

規約違反では、たとえば複数アカウントを取得してボーナスを不正受給する行為があげられます。

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できない原因2. 出金ルールの無視

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否や出金トラブルではなく、ただ単に出金できないケースもあります。 原因は、トレーダーがiFOREX(アイフォレックス)の出金ルールを無視していることであり、たとえば以下の通りになります。

  • 入金と同じ金額・方法で出金しなければいけない
  • 利益はbitwalletか銀行送金で出金する
  • 取引口座と銀行口座の名義が異なる
  • 送金できない銀行を利用している

送金できない銀行とは、SWIFTコードを持たない金融機関をさしていて、そうでなければ出金できないのです。 不正トレードや規約違反とあわせて出金ルールの無視もiFOREX(アイフォレックス)の出金拒否の原因になります。 いずれもトレーダー側に出金拒否の原因があります。 それにもかかわらず海外FXは不正に出金拒否されてしまうという先入観から、業者側の悪意によって出金できないと勘違いするケースは少なくありません。 iFOREX(アイフォレックス)を疑う前に、利用規約と出金ルールを見直してください。

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないのではなく遅れているだけのケースも

同じように出金が遅れているだけなのにもかかわらず、トレーダーの思い込みからiFOREX(アイフォレックス)に出金拒否(出金トラブル)されたと勘違いするケースもあります。 出金できないわけではないため、着金をおとなしく待ちましょう。 またiFOREX(アイフォレックス)は出金依頼書がなければ出金できないため、指示にしたがって手続きを進めてください。 出金依頼書の手続きを行うことで、出金トラブルのリスクを大幅に下げることができます。

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないという口コミは?

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないと言う口コミはあるのでしょうか。

確認したところ、悪質な出金拒否についての口コミはほとんどありませんでした。 しかし時間がかかって遅いという出金トラブルの口コミはちらほら見かけています。

またiFOREX(アイフォレックス)は出金依頼書の手続きが面倒という声も多いですが、そのぶん出金できないという声も少ないです。 出金依頼書はアナログのサインをしてデジタル化して返信するため、ユーザビリティが低いことは大きなデメリットだと言えるでしょう。 一方、不正出金されにくいことはメリットと言えるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)の出金拒否(出金トラブル)と出金できないを分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)では業者の悪意による出金拒否はありません。 ただし出金が遅いことや、トレーダーに原因があるのにもかかわらず、出金できないと勘違いするケースが大半でしょう。 金融ライセンスや長年の運営実績は、iFOREX(アイフォレックス)が悪質な出金拒否や出金トラブルがない理由として十分ではないでしょうか。