ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)を知りたい。

やめ方はどのような手順で進めたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

iFOREX(アイフォレックス)は運営実績20年以上を誇る海外FX取引所です。

長年の運営実績からトレーダーからの信頼が厚いiFOREX(アイフォレックス)ですが、中には退会方法(解約方法)を知りたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方は、簡単に行えます。

退会フォームが見つからないため、iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)は不可能なのと不安に感じる方もいるでしょうがご安心ください。

iFOREX(アイフォレックス)のやめ方にはいくつか注意点がありますが、それさえ守れば退会方法(解約方法)を進めることができます。

では具体的にiFOREX(アイフォレックス)の退会方法とやめ方の注意点を解説していきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方

たしかにiFOREX(アイフォレックス)には退会フォームが装備されていません。

退会フォームの代わりにサポートデスクへメールを送信することで、退会方法(解約方法)を進めることができます。

具体的なやめ方は、メールに退会方法(解約方法)を進めるむねを記載したうえで、氏名や解約したい口座番号を記入し、iFOREX(アイフォレックス)へ送信するだけです。

他社取引所の中には退会フォームを装備している業者も存在します。

しかしiFOREX(アイフォレックス)が退会専用フォームをあえて準備していない理由は、上の利用規約にもある通り書面による通知が必要だからと考えています。

退会にかかわる正式な書面を作成したり、交わしたりするのは大きな手間となるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)は退会申請メールを書面とみなすことで、正式な退会方法(解約方法)とし、やめ方の利便性を図っていると解釈できます。

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方を進められないパターン

ただし中にはiFOREX(アイフォレックス)で退会方法(解約方法)を進めることができない方もいます。

iFOREX(アイフォレックス)で口座開設時に本人確認書類の提出を完了していない方は、退会方法(解約方法)を進めることができません。

その理由は、本人確認を完了していない=口座登録を完了していないからです。

このパターンのiFOREX(アイフォレックス)のやめ方は、入金やトレードをいっさい行っていない方は特になにもする必要がありません。

ただしすでにiFOREX(アイフォレックス)で入金やトレード経験がある方は、以下の注意点を守りましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方の注意点 事前に出金する

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方の注意点として、事前に口座から出金しましょう。

やめ方を進める前に口座から出金することは、利用規約にも記載されています。

保有中の未決済の全ポジションは、すべてキャンセルするか決済してクローズします。

ポジションをクローズしても口座内に証拠金や利益は残ったままですので、すべて出金を行いましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)では申請を行ったとしても、運営側がこちらの口座へ残高を自動返却するサービスは行っていません。

自分で証拠金の出金手続きを行いましょう。 この際、出金時間にも注目してください。

iFOREX(アイフォレックス)の出金時間はおおよそ1から2営業日ですので、先に退会申請を進めてしまうと出金した証拠金の着金が間に合わなくなってしまいます。

酔ってやめ方の注意点としては、着金を確認してから退会方法(解約方法)を進めてください。

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方の注意点 取引履歴を取得する

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方の注意点は、確定申告に備えて取引履歴を取得することです。

確定申告時に取引履歴の提出は行いませんが、書類作成時に損益状況を把握するための重要な資料ですので、確実に取得しておきましょう。

取引履歴の取得方法は、iFOREX(アイフォレックス)の取引プラットフォーム上から「決済注文」としてダウンロード可能です。

退会を完了すると、iFOREX(アイフォレックス)の取引履歴は抹消されてしまいますので、忘れずに取得しましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方は口座放置でも可能

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方は、そのまま口座を放置することでも可能です。

しかしこのやめ方は、口座資金やセキュリティにおいてデメリットがあるためおすすめできません。

12か月間口座を放置することで、四半期ごとに15ドルの口座維持手数料が口座残高から相殺されていきます。

口座残高が0円にいたると口座維持手数料は発生しませんが、無駄な手数料を支払うことになります。

退会(解約)をお考えの場合は、きちんと出金したほうが無駄がないと言えるでしょう。

また口座残高がない口座であっても、口座はアクティブですので、アンチマネーロンダリングなどに利用されてしまうおそれもあります。

そのようなことからiFOREX(アイフォレックス)を使わない場合であっても、きちんと退会方法(解約方法)を踏むやめ方が妥当と言えるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)を踏むやめ方は簡単

ここまでiFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)を解説してきましたが、やめ方は簡単です。

退会専用フォームが装備されている取引所と比較しても、退会方法(解約方法)の手間は他社と同等と考えてよいでしょう。

しかもメールによる退会方法(解約方法)は多くの海外FX取引所が採用している方法でもあります。

ポジションのクローズ、出金、メールサポートデスクへの退会申請がiFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)のプロセスであると心得ておきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)の退会方法(解約方法)とやめ方を解説しました。

利用規約にも記載がある通り、やめ方の手順として退会の7日前までにメールで退会申請を行いましょう。

ただし即退会が執行されないからと言って出金を後回しにしてしまうと、iFOREX(アイフォレックス)の手続きのタイミングによって口座残高を失うことになりかねません。

やめ方を進める前に、ポジションのクローズや出金、取引履歴の取得を完了してから、退会手続きを進めてください。