ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

安心して取引ができるFXの海外ブローカーを探しているという人の中には、iFOREX(アイフォレックス)での口座開設を検討している人もいるでしょう。

海外ブローカーの中でも老舗として信頼度の高いiFOREX(アイフォレックス)は、国内ユーザーも多く利用しているのが特長です。

しかしトレードスタイルによっては、手数料がどれくらいかかるのか気になるという人もいますよね。

そこで今回は、iFOREX(アイフォレックス)の手数料について分かりやすく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)とは1996年創業の、海外のFXブローカーです。

海外のブローカーというと比較的新しめの業者が多くなっており、国内の取引所に比べて安心して利用できる場所が少ないと感じている人もいるでしょう。

しかしiFOREX(アイフォレックス)では創業から20年以上の取引実績があり、これまで大きなトラブルに見舞われたケースもありません。

そのため国内ユーザーの多くが、安心して利用できる海外取引所としてiFOREX(アイフォレックス)をあげています。

iFOREX(アイフォレックス)にはこのような信頼そして実績がありますが、実際に取引にかかるコストが高いのであれば利用を躊躇してしまうという人もいますよね。

それでは実際にiFOREX(アイフォレックス)でかかってくる手数料について細かく見ていきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の手数料 取引手数料は無料

iFOREX(アイフォレックス)を利用するのであれば、一番気になってくる手数料が取引手数料です。

注文を出した時にかかってくる取引手数料に関してですが、iFOREX(アイフォレックス)は取引手数料無料で利用することができます。

そのため1日に何度取引をしても取引手数料として徴収される費用はありません。

(ただしiFOREX(アイフォレックス)はスキャルピング禁止です。)

取引手数料は無料で利用できるiFOREX(アイフォレックス)ですが、見えない手数料と呼ばれるスプレッドが存在します。

そのため実質はこのスプレッドの差が取引手数料となってくるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)のには取引手数料はないがスプレッドが広め

iFOREX(アイフォレックス)のスプレッドは、固定制となっておりドル円のペアでも1.8pipsほどのスプレッド幅が常時あります。

スプレッドは他の取引所に比べると広めだと言われていますが、スプレッドが大きく変動しないというのも逆に言えば特長になります。

動きが少ないタイミングでもスプレッドが固定されているので、他社でスプレッド幅が開きやすいタイミングでは逆にお得に利用できる可能性もあるでしょう。

またスワップ金利に該当するiFOREX(アイフォレックス)のオーバーナイト手数料も状況に応じては手数料という形で支払わなければならなくなる可能性もあります。

iFOREX(アイフォレックス)の手数料 入出金手数料も無料

またiFOREX(アイフォレックス)では、入出金に関しても無料で利用することができます。

ただし銀行預金口座への直接出金に関しては、基本的に海外送金という扱いになるので注意が必要です。

出金を行うと受取をする金融機関の側で「リフティングチャージ」という手数料が別途徴収されます。

リフティングチャージの費用は送金額によっても異なりますが、通常は最低でも2500円徴収され流ようです。

そのため銀行預金口座への少額の出金を行えば、逆に手数料が高くついてしまう可能性もあるので注意してください。

また入出金共に利用する金融機関によってはiFOREX(アイフォレックス)外で手数料が発生する場合があるので、利用する金融機関の内容をしっかり確認しておくようにしましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の手数料 口座を放置すると口座維持手数料が発生する可能性も

iFOREX(アイフォレックス)は、スプレッドやスワップポイント、振り込み手数料があるものの基本的にiFOREX(アイフォレックス)に支払う取引手数料や入出金手数料は基本的に無料です。

しかしiFOREX(アイフォレックス)の口座を開設してそのまま放置しておくと口座を維持するための管理手数料が必要になる可能性があります。

口座維持手数料が発生してしまう条件としては、口座開設後に1年以上取引が無く証拠金が預託されている状態にあった場合です。

口座維持手数料に関しては、資金より毎月15ドルほどが差し引かれていくことになるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)に預け入れてある資金がゼロになればそれ以上差し引かれることはありませんが、資金が15ドルを下回れば、資金はゼロ表記になります。

もしもiFOREX(アイフォレックス)に入金したまましばらく利用する予定がないということであれば、資金を抜いておくのがおすすめです。

iFOREX(アイフォレックス)の手数料を分かりやすく解説まとめ

今回は、iFOREX(アイフォレックス)の手数料を分かりやすく解説してきました。

iFOREX(アイフォレックス)は、取引手数料や入出金手数料が無料で利用できます。

ただしスプレッドやスワップ、また利用する金融機関によっては振り込み手数料などが発生する可能性もあるでしょう。

さらには、iFOREX(アイフォレックス)の口座に資金を入れたまま1年以上利用がなければ口座維持手数料も発生します。

iFOREX(アイフォレックス)をしばらく利用しない場合には、事前に資金を抜いておくようにしましょう。