ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)は最大400倍までのレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

その高いレバレッジを活用すれば短期間で莫大な利益を出すことも不可能ではありません。

しかし、いくらレバレッジが高くとも各種手数料が高くては利益も目減りしてしまいます。

そこで今回はiFOREX(アイフォレックス)の手数料について分かりやすく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)の手数料を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)の手数料の種類

iFOREX(アイフォレックス)を使っていく上で考えておくべき手数料には以下のようなものがあります。

・取引手数料

・入金手数料

・出金手数料

・口座維持手数料

・スワップポイント

スワップポイントをのぞけば、とりたてて分かりにくい手数料はないと思います。

以降でひとつずつ詳しく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)は取引手数料無料

iFOREX(アイフォレックス)では取引手数料はかかりません。

ブローカーによっては口座タイプによって取引手数料のかかるものとかからないものを分けていることもありますが、iFOREX(アイフォレックス)にはそもそも口座タイプがひとつしかありません。

単純にiFOREX(アイフォレックス)は取引手数料無料と考えて問題ありません。

ただし、FXには事実上の手数料といえるスプレッドがあります。

スプレッドとは同一銘柄の売値(bid)と買値(ask)の差額で、その差分はトレーダーが負担することになります。

このスプレッドは当然に狭ければ狭いほどトレーダーにとって有利です。

そして、iFOREX(アイフォレックス)のスプレッドは数ある海外のFXブローカーの中でも狭い部類に入ります。

一例として、USD/JPYのスプレッドは0.7pipsです。

これはおおまかに計算すると1往復のトレードあたり約700円相当です。

他のブローカーの手数料の多くはスプレッドも加味して1,000円前後となっているなか、iFOREX(アイフォレックス)のこの値はかなり安いといってよいでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)は入金手数料も無料

iFOREX(アイフォレックス)は入金手数料もかかりません。

iFOREX(アイフォレックス)には銀行入金、クレジットカード入金、電子ウォレット入金と複数の入金方法がありますが、いずれも手数料無料です。

ただし、送金元で発生する手数料はトレーダー負担です。

他社のように送金元の手数料までiFOREX(アイフォレックス)が肩代わりしてくれるといったことはありません。

iFOREX(アイフォレックス)の出金手数料

iFOREX(アイフォレックス)の出金手数料は出金方法によって異なります。

出金方法ごとの手数料は以下のとおりです。

・クレジットカード出金・・・無料

・電子ウォレット出金・・・無料

・銀行口座への出金・・・2,000円

※ 銀行口座への出金は10万円以上の出金にかぎり月3回、手数料無料 クレジットカード出金と電子ウォレット出金は手数料無料ですが、事前に入金した金額までが上限となります。

そのため、事実上、利益分の出金は銀行宛てにおこなう必要があります。

そして銀行口座への出金手数料は原則的に一律2,000円です。

これはお世辞にも安いとはいえません。

また、iFOREX(アイフォレックス)では銀行口座への出金は基本的に海外送金扱いとなります。

その場合、受取側銀行で別途2,500円程度の手数料が発生します。

iFOREX(アイフォレックス)へ支払う手数料とあわせると5,000円近くにもなってしまい、場合によっては出金どころか不足が生じることさえあります。

基本的にiFOREX(アイフォレックス)からの出金はある程度まとまった金額とするようにしましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の口座維持手数料

iFOREX(アイフォレックス)は原則的に口座維持手数料を徴収しません。

しかし、12ヶ月間まったくトレード実績のない口座については休眠口座とみなされ、例外的に四半期ごとに15USDが口座維持手数料として引き落とされます。

ただ、口座残高がゼロになった場合はそれ以上の引き落としはありません。また、不足額をあとになってiFOREX(アイフォレックス)から請求されるようなこともありません。

休眠口座で借金を作ってしまうといった心配は不要です。

とはいえ、無駄に手数料を支払って資産を減らしていく必要もありません。

iFOREX(アイフォレックス)をしばらく使わないつもりの人は速やかに資金を引き上げておくことをおすすめします。

iFOREX(アイフォレックス)のスワップ金利手数料(スワップポイント)

純粋な手数料といえるかどうかといえば微妙なところですが、FX初心者の方はスワップ金利手数料にも注意しておきましょう。

スワップ金利はFXでは一般的にスワップポイントと呼ばれるもので、ポジションを翌日に持ち越すと発生します。

これを知らずにおくと相場が動いていないにもかかわらず手数料負けしてしまうという事態にもなりかねません。

ちなみに、スワップポイントは単純な手数料と違い支払うだけではなく貰える場合もあります。

iFOREX(アイフォレックス)でスワップ金利が支払いと受け取りのどちらになるかは通貨ペアの商品情報から確認できます。

「オーバーナイト金利」の項目がスワップポイントです。

先に触れたとおりスワップポイントを無視したポジションの長期保有は手数料負けの原因となります。

長期保有を前提としたトレードでは必ず値を確認しておくようにしましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の手数料は高い?安い?

取引手数料に関してはiFOREX(アイフォレックス)は非常に安い部類に入ります。

これはスプレッドを加味しても変わりません。

単純な取引コストの観点からいえばiFOREX(アイフォレックス)はかなり優れたブローカーといえるでしょう。

ただ一方で、iFOREX(アイフォレックス)はスキャルピングができない、複数口座(アカウント)の運用が不可といった取引制限が他のブローカーにくらべて厳し目というデメリットもあります。

また、出金手数料についても一律2,000円と他のブローカーにくらべてやや高めといったところも否めません。

これはまとまった資金を動かしていくつもりであればそれほど問題とはならないでしょうが、少額で回していくスタイルの人にとって馬鹿にできる金額ではありません。

少額トレードメインでiFOREX(アイフォレックス)を使うつもりの人は出金手数料には注意しておきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の手数料を分かりやすく解説 まとめ

iFOREX(アイフォレックス)では取引手数料はかかりません。

実質的な取引コストとしてはスプレッドだけを考えておけば問題ありません。

また、入金手数料も無料です。

ただ一方でiFOREX(アイフォレックス)は10万円以下の出金に関して一律2,000円の手数料を課しています。

無駄に手数料を支払わずに済むようにiFOREX(アイフォレックス)ではできるだけまとまった金額の出金をおすすめします。