ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)は最大400倍までのレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

そんなiFOREX(アイフォレックス)に興味がある人も多いのではないでしょうか。

しかし、海外のFXブローカーであることから使い方が難しいのではと不安に思い決心がつかない、という人もいるかもしれません。

そこで今回はiFOREX(アイフォレックス)の使い方を全体的に分かりやすく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)の使い方:口座開設方法

iFOREX(アイフォレックス)をどういった使い方をしていくにしても、まずは口座を開設する必要があります。

とはいえ、口座開設の方法はそれほど難しくありません。

iFOREX(アイフォレックス)の公式サイトから口座開設を申し込むだけです。

とりあえず必要な情報も「名前」と「メールアドレス」「電話番号」の3つだけです。

以上を入力して「口座開設」をクリックするとあらためてセキュリティコードの入力を求められます。

以上で、とりあえずのiFOREX(アイフォレックス)への口座開設は完了です。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方:入金方法

iFOREX(アイフォレックス)は口座を開設しただけではトレードははじめられません。

まずは口座へ入金しなければなりません。

iFOREX(アイフォレックス)で利用できる入金方法はクレジットカード、電子マネー、銀行振込の3種類。

ここではクレジットカードの使い方を紹介します。

前提としてクレジットカード入金はカード情報の事前登録が必要です。

表示されるフォームにしたがってクレジットカード情報と入金額を入力していきましょう。

その後、問題がなければアンケートと本人確認のステップへと進みます。

ちなみに、iFOREX(アイフォレックス)ではVISA、JCB、MASTER、AMEXなどほぼすべてのクレジットカードブランドが利用できます。

海外のFXブローカーはVISAしか対応していないということも珍しくないなか、これはたいへん珍しいケースです。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方:詳細情報入力

iFOREX(アイフォレックス)への入金が済むと、次は個人情報の入力と本人確認のステップへと進みます。

詳細情報の入力項目は以下のとおりです。

・性別

・氏名

・電話番号

・国籍、住所

・生年月日

・マイナンバー

・職業

・資金源

・年収

・純資産

・予定投資額

住所はローマ字表記で入力する必要があります。

職業以降の項目はアンケートのようなものです。

よほどのことがないかぎりこの情報が理由で口座開設を拒まれることはありませんので正直に答えていきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方:本人確認

ここまでの手続きを進めていればとりあえずiFOREX(アイフォレックス)でトレードができます。

ただ、iFOREX(アイフォレックス)では本人確認を済ませないと出金ができません。

あわせて本人確認まで済ませておきましょう。

本人確認には「身分証」と「現住所確認書類」の写しの2種類が必要になります。

それぞれ利用できる書類は以下のとおりです。

・身分証・・・運転免許証、パスポートなど

・現住所確認書類・・・公共料金の領収書や住民票の写しなど

いずれもスキャンしたデータをiFOREX(アイフォレックス)のマイページからアップロードするだけです。

(モノクロ不可)

アップロード後に問題がなければ以後、iFOREX(アイフォレックス)ですべての機能が利用できるようになります。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方:注文方法

iFOREX(アイフォレックス)のトレーディングプラットフォームはブラウザベースです。

別途ソフトを用意する必要もなくそのままトレードができます。 プラットフォームの使い方も難しくありません。

まずはAの部分でトレードしたいカテゴリーを選びます。

そしてBで実際にトレードする銘柄の「売り」または「買い」をクリックします。

すると注文の詳細画面がポップします。

ここで数量や詳細条件などを入力して「注文」をクリックすれば注文完了です。

なお、今回はiFOREX(アイフォレックス)の使い方の全体像の解説のため詳細な注文方法やオプション設定の解説は省略します。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方:出金方法

iFOREX(アイフォレックス)からの出金に際しては、まず事前に出金先の銀行口座の登録が必須となります。

所定の方法にしたがって口座を登録しておきましょう。

具体的な銀行口座登録で注意すべきは「住所がローマ字入力」「銀行コード、SWIFTコード」が必要になるくらいです。

銀行コード、SWIFTコードは各銀行のサイトで簡単に調べられます。

以上の銀行口座登録が済んでいればiFOREX(アイフォレックス)から出金ができるようになります。

そして、出金に関しては別途「出金依頼書」への署名が必要になります。

この出金依頼書が曲者です。

iFOREX(アイフォレックス)では出金依頼書には自筆署名する必要があるため基本的には一度プリントアウトして署名しなければならないのです。

タブレットなどがあればタッチ操作でデジタル署名することも可能ですが、やはりひと手間かかることは同じです。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方自体は基本的にシンプルです。

しかし、出金に関してはかなり面倒というのが正直なところです。

また、クレジットカード出金には以下のような制限がかかります。

・事前に入金した金額までしか出金できない

・他の出金方法に先んじて出金しなければならない

要するに、クレジットカード出金はカードの支払いをキャンセルするだけのものです。

これはiFOREX(アイフォレックス)がマネーロンダリングに悪用されることを防ぐためのルールです。

ちなみに、これはiFOREX(アイフォレックス)にかぎった話しではなく他のブローカーでもほぼ同様のルールが決められています。

こればかりは仕方がないと割り切ってしまいましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方を分かりやすく解説 まとめ

iFOREX(アイフォレックス)の使い方を全体的に解説してきました。

基本的にiFOREX(アイフォレックス)はブラウザベースの取引プラットフォームのため使い方も難しくありません。

ただ、入金や出金など一部の口座管理の面で使いづらいところもあるのは事実です。

全体的には、国内ブローカーに近い使い勝手ができる反面、海外のFXブローカーに慣れた人にはやや物足りないといった感覚を覚えるかもしれないといった印象です。

とはいえ、iFOREX(アイフォレックス)の公式サイトには充実したTIPSなどもあります。

はじめて海外FXをするにはよいブローカーといえるのではないでしょうか。