ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)の使い方がよくわからない。

あなたは今、このようにお考えですよね。

iFOREX(アイフォレックス)は最大400倍のレバレッジ取引を、証拠金維持率0%というロスカット水準とゼロカットシステム採用のもと始めることができる海外FX業者です。

ここではiFOREX(アイフォレックス)の基本的な使い方について解説していきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)の使い方の手順

iFOREX(アイフォレックス)の使い方は、以下の手順で行います。

  • 手順1.iFOREX(アイフォレックス)で口座開設し本人確認を済ませる
  • 手順2.iFOREX(アイフォレックス)の口座に資金を入金する
  • 手順3.iFOREX(アイフォレックス)でチャート分析や注文する
  • 手順4.iFOREX(アイフォレックス)から資金を出金する

通常海外FX業者の使い方として、取引プラットフォームを入手する必要がありますが、iFOREX(アイフォレックス)はブラウザ上で稼働する独自プラットフォームを利用するためインストールは必要ありません。

一方スマホの場合は、iFOREX(アイフォレックス)の公式アプリをインストールし、口座開設をはじめるという使い方をします。

ここではPC版によるiFOREX(アイフォレックス)の使い方を手順に沿って解説していきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方 口座開設方法

iFOREX(アイフォレックス)の使い方として、まずはじめの手順は口座開設方法からはじめましょう。

口座開設方法は、iFOREX(アイフォレックス)の画面の流れに沿って進めるだけで完了します。

使い方の手順は、iFOREX(アイフォレックス)公式サイトの「登録」を選択して、口座開設画面に氏名・メールアドレス・電話番号を入力しましょう。

つづいてセキュリティコードを入力して、ロボットからのアクセスでないことを証明し、利用規約をチェックしたら「続行」を選択します。

画面にメールアドレスやパスワードが入力され、同時に登録メールアドレスにもiFOREX(アイフォレックス)のログイン情報が記載されたメールが送信されます。

iFOREX(アイフォレックス)のログイン時にメールの情報が必要になりますので、大切に保管しておきましょう。

本来であれば口座開設の次の手順として、本人確認を先に進めるべきですが、iFOREX(アイフォレックス)は本人確認を後回しにして入金方法に進むことができます。

出金までに本人確認を完了すればよいため、iFOREX(アイフォレックス)の入金手続きを行い、着金を待つ間に本人確認を済ませれば効率的な時間の使い方につながるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方 入金方法

iFOREX(アイフォレックス)の使い方の手順として入金方法に進みましょう。

入金方法の使い方は、iFOREX(アイフォレックス)へログインして「資金」を選択します。

iFOREX(アイフォレックス)の入金方法は、クレジットカード・bitwallet・銀行送金の3種類になりますので、クリックして「続行」へ進みましょう。

あとは各入金方法の手順に沿って、手続きを完了させてください。

各入金方法の使い方における注意点をみていきましょう。

まずbitwalletの場合、先にサービス側でアカウント登録を済ませたうえでiFOREX(アイフォレックス)で入金手続きを進めると、bitwalletにリダイレクトするので最終的な手続きはbitwallet内で行います。

クレジットカードはVISAカードとMaster Cardに制限されていて、入金で利用したカードの画像をアップロードするという使い方が必要になります。

銀行送金の使い方は、時間と手数料がかかる海外送金よりも、スピーディかつ低コストで送金できる国内送金がおすすめです。

入金方法において、反映スピードと送金コストを重視するのであればクレジットカードがもっともおすすめで、つづいてbitwallet、銀行送金の順になります。

iFOREX(アイフォレックス)は入金と同じ出金方法を利用しなければいけないというルールがありますが、クレジットカードは利益を出金できないため、注意点を踏まえたうえで入金方法を選びましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方 本人確認方法

つづいてのiFOREX(アイフォレックス)の使い方の手順は、本人確認方法に進みます。

本人確認では個人情報の登録や必要書類のアップロードを行う必要がありますので、まずはiFOREX(アイフォレックス)のマイページにログインしましょう。

個人情報を登録する使い方は、画面右側の「個人情報」をクリックして、性別・氏名・電話番号・国籍・住所・生年月日・マイナンバー・職業を、ローマ字表記を用いて記入します。

資金源・年収・純資産・予定投資額についてはおおよそでかまいません。

一般的な収入や資産状況であれば、iFOREX(アイフォレックス)から口座開設を拒否されることもありませんので、正確な情報を記入しましょう。

本人確認の書類をアップロードする使い方は、iFOREX(アイフォレックス)の「書類のアップロード」をクリックして、手順に沿って操作しましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方 注文方法

iFOREX(アイフォレックス)の使い方のうち、メイン操作である注文方法をみていきましょう。

マイページのメニュー「取引」を選択して、iFOREX(アイフォレックス)の気配値一覧から注文したい商品と銘柄をクリックで選択しましょう。

選択した銘柄のチャートは画面左側、右側に取引画面のウインドウが表示されます。

チャート画面では、上部に実装されているアイコンを選択して、インジケーターやトレンドラインを表示して相場分析する使い方できます。

取引画面の使い方として、まず新規エントリーの場合、成行注文する場合は「新規注文」、指値注文する場合は「新規指値注文」を選択して、売・買の選択と、注文方法に沿った数量や価格の項目を入力しましょう。

決済方法の使い方は、「未決済取引」を選択して、決済したいポジションの「決済」ボタンを選択してください。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方 出金方法

iFOREX(アイフォレックス)の使い方の最後の手順として、出金方法をみていきましょう。

出金方法も、クレジットカード・海外銀行送金・bitwalletになりますが、クレジットカードは制限により入金額までしか出金できません。

カードで入金した資金でトレードして得た利益は、海外銀行送金・bitwalletのいずれかを利用しなければいけないという使い方のルールがあります。

銀行送金の使い方は、iFOREX(アイフォレックス)で口座登録を行います。

口座登録における注意点は、住所をローマ字入力する・銀行コードとSWIFTコードを入力する必要があるため、各自調べてください。

iFOREX(アイフォレックス)で出金手続きを完了後、出金依頼書の提出も行います。

出金依頼書は直筆の署名が必要になりますので、タブレットでデジタル署名をするか、面倒ですが一度印刷して署名後、スキャンして提出を行いましょう。

出金方法自体は難しくありませんが、署名が必要になるためひと手間かかることを覚えておきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の使い方を分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)の使い方におけるメリットは、他社のように取引プラットフォームをインストールする手間がないことです。

一方、出金時に出金依頼書を署名して提出しなければいけないため、ひと手間かかることは使い方におけるデメリットでしょう。

また出金方法は本人確認を完了している必要があるため、早めに手続きを済ませておくことが、iFOREX(アイフォレックス)の使い方をスムーズに進めるためのコツと言えるでしょう。