ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)とXMの比較を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)とXM、どちらも日本での運営歴の長い老舗の海外FXブローカーです。

しかし、同じ老舗であってもその実態には様々な違いがあります。

どちらを使うにしてもそういった違いの理解は欠かせません。

そこで今回はiFOREX(アイフォレックス)とXMの比較を分かりやすく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)とXMの比較を分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)とXMを比較:取扱銘柄

iFOREX(アイフォレックス)とXMの取扱銘柄を比較すると大きな違いが見られます。

iFOREX(アイフォレックス)とXMの取扱銘柄の種類と数は以下のとおりです。

・iFOREX(アイフォレックス)・・・為替FX84種、株式657種、株価指数35種、その他CFD13種、仮想通貨18種

・XM・・・為替FX55種、株式0、株価指数18種、その他CFD17種、仮想通貨0

明らかにiFOREX(アイフォレックス)の取扱銘柄のほうが種類も数も豊富です。

XMは日本でも最大手と呼べる海外のFXブローカーですが、取扱銘柄においてはiFOREX(アイフォレックス)の完全勝利です。

iFOREX(アイフォレックス)とXMを比較:レバレッジ

iFOREX(アイフォレックス)とXMのレバレッジを比較すると大きな違いがあることが分かります。

・iFOREX(アイフォレックス)・・・最大400倍

・XM・・・最大888倍

およそ倍近い差があります。 とはいえ、iFOREX(アイフォレックス)の400倍でも国内ブローカーにくらべればかなり高いレバレッジです。

数値の上では大きな違いですが、ここまでくると使い勝手にはそれほどの差はないといってもよいかもしれません。

iFOREX(アイフォレックス)とXMを比較:取引手数料

iFOREX(アイフォレックス)とXMの取引手数料の比較結果は以下のとおりです。

・iFOREX(アイフォレックス)・・・取引手数料無料

・XM・・・スタンダード口座は手数料無料、XMTradigng Zero口座(ゼロ口座)は往復10USD

iFOREX(アイフォレックス)には口座タイプがひとつしかありません。

そして、取引手数料は無料です。

対してXMには手数料無料のスタンダード口座と、手数料のある代わりにスプレッドの狭いゼロ口座の2種類があります。

スプレッドとは同一銘柄の売値(bid)と買値(ask)の差額で、トレーダーにとっては事実上の手数料の一種ともいえるものです。

そのため、実際の取引コストを比較するにはスプレッドもまた加味する必要があります。

iFOREX(アイフォレックス)とXMを比較:スプレッド

一例としてUSD/JPYでiFOREX(アイフォレックス)とXMのスプレッドを比較してみましょう。

・iFOREX(アイフォレックス)・・・0.7pips

・XMのスタンダード口座・・・1.6pips

・XMのゼロ口座・・・0.1pips

スプレッドだけを見ればXMのゼロ口座がもっとも優れているように見えます。

しかし、取引手数料を加味するとXMのゼロ口座の実質スプレッドは1.1pipsです。

(取引手数料往復10USD=1.0pipsに相当します)

総じて、取引コストという観点からの比較ではiFOREX(アイフォレックス)のほうが優れているといってよいでしょう。

なお、スプレッドは固定ではなくマーケットの状況によって変動するものです。

必ずしも上記の比較結果と同じになるとは限らない点はご承知おきください。

iFOREX(アイフォレックス)とXMを比較:ボーナス

iFOREX(アイフォレックス)とXMのいずれも手厚いボーナスが特徴のブローカーです。

しかしボーナスに関してはシステムが若干違うため単純比較はむずかしいところです。

ひとつずつ見ていきましょう。

【iFOREX(アイフォレックス)】

・初回入金100%ボーナス

・3%キャッシュバックボーナス

・40%ペンディングボーナス

【XM】

・3,000円口座開設ボーナス

・100%入金ボーナス

・20%入金ボーナス

XMのボーナスは基本的に口座開設ボーナスと入金ボーナスです。

入金ボーナスは100%ボーナスを使い切ると20%ボーナスに切り替わります。

また、ボーナスは証拠金としてのみ使えるだけでそのまま出金することはできません。

iFOREX(アイフォレックス)の初回入金ボーナスも同様です。

しかし、iFOREX(アイフォレックス)のキャッシュバックボーナスに関しては出金も可能です。

iFOREX(アイフォレックス)とXMを比較:取引プラットフォーム

iFOREX(アイフォレックス)とXMでは採用している取引プラットフォームがまったく異なります。

iFOREX(アイフォレックス)はブラウザベースの独自プラットフォーム。

対して、XMはMT4またはMT5と呼ばれる、PCにダウンロード・インストールして使用する汎用的なプラットフォームを採用しています。

上記はiFOREX(アイフォレックス)、下記はXMのプラットフォームです。

それぞれ一長一短あるため詳細な比較には適していませんが、あえて大きな違いを挙げるとすると以下のようになるでしょう。

・iFOREX(アイフォレックス)・・・初心者にも分かりやすい、自動売買(EA)不可

・XM・・・高機能な反面初心者には使いにくい、自動売買(EA)可能

取引プラットフォームの特徴をのぞけばXMも初心者向きのブローカーではあります。

しかし、iFOREX(アイフォレックス)はXM以上の運営歴もあり、プラットフォームや教育コンテンツなどすべての面でさらに初心者にも使いやすくなっています。

どちらが優れたブローカーかという判断は一概には言えませんが、iFOREX(アイフォレックス)のほうがビギナー向けといった印象です。

iFOREX(アイフォレックス)とXMを比較:サポート

iFOREX(アイフォレックス)とXMのサポートデスクの比較はiFOREX(アイフォレックス)が一歩先を行っています。

XMも老舗のブローカーだけあって充実したサポートには定評があります。

海外のFXブローカーでありながら日本語対応も完璧です。

しかし、iFOREX(アイフォレックス)の場合、日本語サポートがあることは当然として、さらにそのサポートの迅速さが群を抜いています。

iFOREX(アイフォレックス)とXMの比較を分かりやすく解説 まとめ

iFOREX(アイフォレックス)とXMを項目別に比較してきました。

どちらも日本での運営歴の長い老舗のブローカーのひとつですが、それぞれ大きく特徴が異なることが分かります。

特に最大レバレッジ、取扱銘柄、ボーナスの種類、取引プラットフォームなどはかなりの違いがあります。

XMとiFOREX(アイフォレックス)どちらを使うにしてもそういった相違点はしっかりと把握しておきましょう。