ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)は最大400倍のレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

ただ、高いレバレッジはリターンも大きくなる一方で損失も大きくなるものです。

そのため場合によっては借金を作ってしまうこともありえるのでは、と心配に思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、iFOREX(アイフォレックス)にはゼロカットと呼ばれるシステムがあるためそのようなリスクはありません。

そこで今回はiFOREX(アイフォレックス)のゼロカットについて分かりやすく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットとは

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットとは、口座残高以上の損失をなしにしてくれるシステムです。

レバレッジをかけて実資産以上のトレードをするFXは期待利益が大きくなる一方で損失も大きくなるハイリスク・ハイリターンな取り引きです。

そのため場合によっては口座にある証拠金だけでは損失をカバーしきれず、追加で証拠金を差し入れなければならないこともあります。 いわゆる追証です。

しかし、iFOREX(アイフォレックス)では口座にある証拠金が損失補填に不足したとしても、その損失分はゼロにリセットしてくれることとなっています。

これがゼロカットシステムです。

このゼロカットにより、トレーダーはどれほどの損失を出しても借金を作るようなことがないのです。

これはiFOREX(アイフォレックス)の利用規約にも「追証なし保証」としてしっかりと明記されています。

口約束のように反故にされるような心配も不要です。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットのタイミング

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットはリアルタイムで自動的に執行されます。

自主的に利用を申請したりなにかの操作をしたりする必要はありません。

ただ、システムの処理が遅れてゼロカットが遅れること自体はあります。

その場合はあせってマイナス分を入金せず、iFOREX(アイフォレックス)がゼロカットしてくれるまでしばらく様子を見ましょう。

それでも一向にゼロカットされない場合はサポートデスクへ連絡してみましょう。

iFOREX(アイフォレックス)はサポートの迅速さにも定評があります。

速やかになんらかの対応をしてくれるはずです。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットとロスカットの違い

iFOREX(アイフォレックス)にはゼロカットと似たシステムとしてロスカットというものがあります。

しかし、このふたつは明確に違うものです。

ゼロカットはすでに発生してしまった損失の一部をなしにしてくれる救済制度。

対して、ロスカットはあるタイミングで強制的にポジションを決済してそれ以上の損失拡大を防ぐことが目的です。

具体的にはiFOREX(アイフォレックス)ではポジション保有に最低限必要な証拠金と同じだけの含み損が生じるとロスカットが発生します。

これはすなわちロスカットが発生すると口座残高もゼロになることを意味します。

そのため、ゼロカットとロスカットを混同してしまう人も少なくないようです。

ゼロカットは「マイナス分をカットしてゼロに戻すシステム」。

対してロスカットは「強制的な損切りの結果として口座残高がゼロになってしまうだけ」です。

iFOREX(アイフォレックス)をはじめて使う人は、この2つを混同しないように注意しましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットに制限はない

iFOREX(アイフォレックス)でゼロカットされることでトレーダーがなんらかの不利益を被ることはありません。

別途利用料を支払ったり一定期間トレードを禁止されたりといったペナルティなどは一切ありません。

何度でもいくらでもゼロカットされて構いません。

基本的にiFOREX(アイフォレックス)のゼロカットはトレーダーにとってメリットしかないシステムなのです。

とはいえ、ゼロカット=口座残高ゼロになるということですから、されないに越したことはありません。

借金のリスクがないとしても慎重なトレードを心がけるようにしましょう。

iFOREX(アイフォレックス)がゼロカットを採用している理由

ゼロカットがトレーダーにとって頼もしい制度だとしてもiFOREX(アイフォレックス)にはなんのメリットがあるのでしょうか。

それは単純にトレーダーにとって魅力的なブローカーになれるということです。

ゼロカットのあるブローカーとないブローカーであれば、あるほうがよいに決まっていますよね。

そしてiFOREX(アイフォレックス)としても多くのユーザーに利用してもらうことが収益向上につながります。

それならばiFOREX(アイフォレックス)と同じように国内ブローカーもゼロカットを採用すればよいのに、とお思いの人も多いのではないでしょうか。

しかし、国内ブローカーでゼロカットを採用しているところはありません。 これは日本の金融庁の規制が理由です。

日本の法律ではゼロカットのような「トレーダーの損失補填」を使った宣伝が禁止されているのです。

対して、海外の金融ライセンスで営業しているiFOREX(アイフォレックス)はその規制の影響を受けません。

それゆえなんの問題もなくゼロカットを採用できるのです。

ちなみに、世界的に目を向けるとゼロカットシステムはスタンダードになりつつあります。

その点からもiFOREX(アイフォレックス)のゼロカットが怪しいシステムではないということが分かるのではないでしょうか。

iFOREX(アイフォレックス)でゼロカットされないことはあるのか?

iFOREX(アイフォレックス)がゼロカットしないということはありません。

原則的にiFOREX(アイフォレックス)は必ず口座残高のマイナス分をゼロにしてくれます。

ただし、利用規約違反に関してはゼロカットの対象云々以前に口座凍結などのペナルティの対象となってしまいます。

よくある規約違反は複数口座(アカウント)をまたいだ両建てです。

そのほかiFOREX(アイフォレックス)には規約でこまかなトレードに関するルールを定めています。

すべてを把握しておく必要はありませんが、基本的な禁止事項はあらかじめ確認しておくようにしましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説 まとめ

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットは万が一にも口座残高がマイナスになっても、そのマイナス分の損失をなしにしてくれるシステムです。

これによりトレーダーはどれほどの損失を出しても借金を作ってしまうようなことにはなりません。

ゼロカットの利用に際してはなんらコストもかからない上にペナルティもありません。

されないに越したことはありませんが、基本的にiFOREX(アイフォレックス)のゼロカットはトレーダーにとってメリットしかないシステムです。

ぜひとも遠慮なく利用させてもらいましょう。