ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットってなに?

ゼロカット執行のタイミングはいつなの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

iFOREX(アイフォレックス)は最大400倍のレバレッジ取引できるだけでなく、証拠金維持率0%というロスカット水準を儲けているためロスカットリスクの低い海外FX取引所です。

しかしロスカットの可能性は0ではなく、iFOREX(アイフォレックス)のハイレバレッジ取引でロスカットされてしまったら莫大な借金を抱えることになりかねません。

そこで重宝するのがゼロカットです。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットとは、トレードの損失リスクを抑えるために役立つ制度です。

ここではiFOREX(アイフォレックス)のゼロカットについて詳しくみていきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)の「ゼロカット」とは?

端的に言いますと、iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットとは、レバレッジ取引における損失を取引所に肩代わりしてもらえる制度です。

レバレッジ取引は、証拠金を担保に数倍の資金でトレードできるため、大きな利益が期待できる一方、損失も大きくなります。

損失は借金として返済しなければいけませんが、ゼロカットが適用されているiFOREX(アイフォレックス)では借金返済、すなわち追証リスクがありません。

ゼロカットとは、損失によりマイナスになってしまった口座残高を、iFOREX(アイフォレックス)によって0にリセットしてもらうことができます。

たとえ莫大な損失を抱えてしまっても、損失額の影響を受けることなくゼロカットは執行されるため、安心してトレードできます。

iFOREX(アイフォレックス)の公式サイトに「追証なし保証」と記載されている通りで、取引所の都合によってゼロカットが執行されないということはありません。

ゼロカットは、国内FXユーザーにとって理解のできない制度かもしれませんが、海外FX取引所では一般的に採用されているものですのでご安心ください。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカット執行のタイミング

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカット執行のタイミングは、ロスカットのあとすぐです。

ただし執行のタイミングに多少の遅れが発生するケースもありますが、ただ単に遅れているだけです。

万が一、いつまでたってもロスカット執行にいたらない場合は、iFOREX(アイフォレックス)のサポートデスクへ問い合わせてみましょう。

基本的にゼロカットの執行に特別な申請や手続きは必要ありません。

一方、競合の海外FXの中にはゼロカット執行のタイミングが遅い業者も存在し、場合によっては追加入金することで執行のタイミングを早めることができるケースもあります。

iFOREX(アイフォレックス)ではゼロカットの執行に追加入金はいっさい不要です。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットにおけるペナルティ

iFOREX(アイフォレックス)でゼロカットを執行してもペナルティはありませんし、執行に特別な条件もありません。

もちろんゼロカット手数料の徴収も、トレード条件の制限、適用回数の制限もなく、チャート分析ツールを自由に利用できるのと同じように、iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットも無条件で適用されます。

国内FXユーザーにとっては信じられない制度ですが、ゼロカットを適用できることはiFOREX(アイフォレックス)を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

ゼロカットが適用されるからと頼り切ってしまってはいつまでもトレード技術は向上しません。

そもそもゼロカットが執行されということ、証拠金すべてを失うことを意味しています。

ゼロカットについて誤解しないでいただきたいことは、iFOREX(アイフォレックス)でトレードする目的は利益を獲得することです。

証拠金をムダづかいしないために、常に勝てるトレードをめざしてください。

iFOREX(アイフォレックス)がゼロカットを適用する理由

国内FXで適用されないゼロカットを、なぜiFOREX(アイフォレックス)は採用しているの? このようにお考えの方もいるはずです。

ゼロカットはトレーダーの損失を肩代わりするということですので、当然ゼロカットはiFOREX(アイフォレックス)にとってデメリットの大きい制度です。

ただしゼロカットの適用によって、多くのユーザーにトレードしてもらうことができるため、それだけiFOREX(アイフォレックス)の収益は見込めるでしょう。

トレードで発生したスプレッド、銀行送金による出金手数料、口座維持手数料は、取引所の収益になるため、ユーザーが多いほどiFOREX(アイフォレックス)は儲かります。

これらの収益をゼロカットとして還元していると考えておきましょう。

国内FXでもゼロカットを適用してほしいとお考えの方もいるでしょうが、金融庁の規制により「ブローカーの損失補てん」を禁止しています。

海外FXであるiFOREX(アイフォレックス)は金融庁の規制を受けることなく運営でき、ゼロカットを提供できると考えておきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットが執行されないケース

ただしiFOREX(アイフォレックス)では例外的にゼロカットが執行されないケースがあります。 利用規約違反や不正トレードを行うとゼロカットは執行されません。

たとえば複数口座による両建てや、複数アカウントによるボーナスの不正受給などです。

iFOREX(アイフォレックス)に限らず多くの海外FXが禁止する行為であり、最悪口座凍結や出金拒否などのペナルティ対象になってしまうため絶対にやめましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットと「ロスカット」の違い

はじめてレバレッジ取引をiFOREX(アイフォレックス)で行う方は、ゼロカットとロスカットの違いを区別できていない方もいるようです。

レバレッジ取引では、証拠金を担保にポジションを保有して、含み損が増えて証拠金の割合が減ってしまうとロスカットにいたり、ポジションは強制決済されてトレード終了となります。

ゼロカットとは、ロスカットで確定した損失をiFOREX(アイフォレックス)に肩代わりしてもらうことをさし、借金返済がなくなることをさします。

このようにロスカットとゼロカットはまったく異なるものですので、iFOREX(アイフォレックス)をご利用の際はふたつについてきちんと理解しておきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットは、最大400倍のレバレッジ取引で発生した損失、すなわちマイナス口座残高をゼロまでリセットする制度です。

ようするにゼロカットを適用しているiFOREX(アイフォレックス)は、トレードの損失を借金として返済する必要がないことを示しています。

魅力的なゼロカットですが、執行されるのとともに証拠金は没収となるため、利益をめざしてトレードを行いましょう。