ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットってなに?

ゼロカットの執行のタイミングはいつ?

執行のペナルティや執行されないケースはあるの? あなたは今、このようにお考えですよね。

iFOREX(アイフォレックス)は追証なし・ゼロカット採用、証拠金維持率0%という好条件のもと、最大400倍のレバレッジ取引を始めることができます。

ところでゼロカットとはどのようなものなのかよくわからないという方もいるはずですので、詳しく解説していきましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットとは?

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットとは、トレードの損失による借金をトレーダーが返済しなくてもよいしくみをさしています。

トレードで確定した損失は、口座残高にマイナスとして表示されますが、iFOREX(アイフォレックス)ではマイナスになった残高を0にリセットします。

国内FXでは、追証によってマイナスの残高を0にリセットする必要があるため、トレーダー自身が借金を返済しなければいけません。

一方、iFOREX(アイフォレックス)はゼロカットシステムを採用しているため、背負った借金をFX業者に肩代わりしてもらうことができます。

ゼロカットは、iFOREX(アイフォレックス)だけでなく海外FXの多くが採用している、借金リスクからトレーダーを守るためのしくみです。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカット執行のタイミング

iFOREX(アイフォレックス)でのゼロカット執行のタイミングは、ロスカット後まもなくです。

ゼロカット執行のタイミングは、そのときに応じて誤差はありますが、遅いときはただ遅れているだけです。

特別な申請は必要がなく、ロスカットを合図に自動的にゼロカットが執行されるので待ちましょう。

他社では、ゼロカット執行が大幅に遅れている場合に追加入金による申請で執行をうながす業者もありますが、iFOREX(アイフォレックス)では入金の必要はないためコストもかかりません。

あまりにもゼロカット執行が遅れている場合は、iFOREX(アイフォレックス)のサポートデスクに執行が遅れている件についてたずねてみましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカット執行によるペナルティ

結論を言うと、iFOREX(アイフォレックス)のゼロカット執行によるペナルティはありません。

ゼロカット執行を行っても、取引条件が不利になることや、コストがかかることもありませんし、執行回数にも制限は設けていないです。

本来トレーダーが背負うべき借金をiFOREX(アイフォレックス)に肩代わりしてもらうという大きなメリットがありますが、ゼロカット執行によるペナルティはないと考えておきましょう。

国内FXのトレーダーにとっては信じられないゼロカットシステムですが、海外FXでは広く採用されています。

iFOREX(アイフォレックス)がゼロカットを採用する理由

トレーダーにとってノーリスクのゼロカットですが、ではなぜiFOREX(アイフォレックス)などの海外FXはゼロカットを採用しているか、その理由が気になる方も多いのではないでしょうか。

ゼロカットはトレーダーが背負った借金を肩代わりするしくみですので、当然iFOREX(アイフォレックス)にはデメリットになります。

一方、トレーダーにとってはメリットになるため、ゼロカットの採用によりiFOREX(アイフォレックス)の集客につながりやすく収益アップが見込めるようになるでしょう。

銀行送金の出金手数料、トレードで発生したスプレッド、口座維持手数料がiFOREX(アイフォレックス)の収益になるため、トレーダー数が増加すればそれだけ収益アップが期待できるというわけです。

収益から還元する形でゼロカット採用を実現していることから、ゼロカットはiFOREX(アイフォレックス)のサービスの一環と言えるでしょう。

一方、国内FXはゼロカットを採用していませんが、その理由は国の規制があるからです。

日本の金融庁は、ブローカーによる損失を法律で禁止しているため、国内FXはサービスとしてゼロカットを提供できません。

そのかわりに追証システムの採用が義務づけられていますが、サービス性が高いのは追証よりも、iFOREX(アイフォレックス)が採用しておりノーリスクで利用できるゼロカットと言えるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットが例外的に執行されないケース

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットが例外的に執行されないケースがあります。

ゼロカットが執行されないケースとして、自動売買トレードや複数口座による両建て、複数アカウントの登録があげられるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)は自動売買トレードを禁止しています。

口座間をまたぐ両建てはトレーダーが確実に利益を獲得できますし、不正トレードになります。

複数アカウントの登録はボーナスの不正受給ができるため、iFOREX(アイフォレックス)の規約違反にあたります。

規約違反や不正トレードを行うと、iFOREX(アイフォレックス)はゼロカットを執行しないだけでなく、利益の出金拒否や最悪口座凍結のペナルティが課せられるため絶対にやめましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットの注意点

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットの注意点をみていきます。

まずは初心者トレーダーの注意点として、ゼロカットとロスカットを区別しましょう。

ふたつは似た言葉ですが、ゼロカットは借金の返済を行わなくてもよいシステムになりますが、ロスカットはトレードの強制終了を行うことをさしています。

iFOREX(アイフォレックス)でロスカットが執行されると、ゼロカットが発動してマイナス残高をリセットされるというしくみになりますので、まずはふたつの違いについてきちんと理解しましょう。

もうひとつの注意点として、ゼロカットの執行により、証拠金の全額が没収されてしまうというリスクがあることです。

ノーリスクで執行されるゼロカットですが、ゼロカットに頼り切ってしまうとトレード技術が向上しないだけでなく、トータル的な自己資産を減らすことになりかねません。

最悪なのは、資金を金融機関から借金してトレードの証拠金にあて、トレードに勝ったら借金の返済を行おうと考えてトレードしたけれど結局負けてしまったケースです。

トレードに負けるとゼロカットが執行されることと同時に、借金して準備した資金は全額没収されてしまいます。

ゼロカットはあくまでもトレードに負けてしまったときの救済システムですので、ゆとり資金をトレードにあてること、そしてトレードの目的を見失わないようにトレード技術を磨いていくことが大切です。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットについて解説しました。

ゼロカット採用のもと最大400倍のレバレッジ取引ができるiFOREX(アイフォレックス)では借金リスクにおびえることなくトレードを楽しめます。

ただしゼロカットのしくみをよく理解せずにトレードを始めると、思わぬリスクに直面するおそれもあるますので、きちんとシステムについての知識を深めておきましょう。