ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200530183103j:plain

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットってなに?

ゼロカット執行のタイミングはいつ?

執行されないケースはあるの? あなたは今、このようにお考えですよね。

運営実績は20年を超えており、充実したボーナス制度を採用しているiFOREX(アイフォレックス)は最大400倍のレバレッジ取引を、証拠金維持率0%というロスカット水準を設けている海外FX業者です。

ハイレバレッジ取引はハイリターンが期待できる一方、借金リスクも高いというデメリットをはらんでいますが、iFOREX(アイフォレックス)ではゼロカットを採用しており、借金の危険性から投資家を守ります。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットとは?

ゼロカットとは、投資家が背負った借金をiFOREX(アイフォレックス)に肩代わりしてもらえる制度です。

レバレッジ取引は、証拠金を担保に数倍の資金でトレードできるため、大きな利益が期待できる一方、損失も大きくなります。

損失は借金として返済しなければいけませんが、ゼロカットが適用されているiFOREX(アイフォレックス)では、借金返済すなわち追証リスクがありません。

ゼロカットとは、損失によりマイナスになった口座残高をiFOREX(アイフォレックス)によって0にリセットしてもらうことができます。

たとえ莫大な損失を背負ってしまっても、金額に関係なくゼロカットは執行されるため、安心してトレードできます。

iFOREX(アイフォレックス)の公式サイトに「追証なし保証」と記載されている通りで、取引所の都合でゼロカットが執行されないということはありません。

ゼロカットは、国内FXユーザーにとっては理解できない制度かもしれませんが、iFOREX(アイフォレックス)をはじめとした海外FX業者では一般的に採用されています。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカット執行のタイミング

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカット執行のタイミングは、ロスカット後まもなくです。

ただしロスカットのタイミングには誤差があり、多少の遅れが発生するケースもありますが、単に遅れているだけです。

もし大幅にゼロカットが執行されない場合は、iFOREX(アイフォレックス)のサポートデスクに問い合わせてみましょう。

基本的にゼロカット執行のために、特別な手続きや申請は必要はありません。

競合の中には、ゼロカット執行のタイミングが大幅に遅れてしまう海外FX業者もあり、執行のタイミングを早めるために追加入金を行うケースもあります。

iFOREX(アイフォレックス)は追加入金しなくてもゼロカット執行のタイミングが大幅に遅れてしまうことはなく、入金する必要もいっさいないためご安心ください。

iFOREX(アイフォレックス)がゼロカットを採用する理由

国内FX業者で適用されないゼロカットを、なぜiFOREX(アイフォレックス)は採用するのか、疑問を感じている方もいるでしょう。

ゼロカットはトレーダーの損失を肩代わりすることですので、当然iFOREX(アイフォレックス)にとってデメリットの大きな制度です。

一方ゼロカットを適用することで、iFOREX(アイフォレックス)でトレーダー数の増加が見込まれるため、それだけ収益アップは期待できるでしょう。

トレードで発生したスプレッド、銀行送金の出金手数料、口座維持手数料は、iFOREX(アイフォレックス)の収益になるため、トレーダー数が多いことに比例しての収益も見込めるというしくみです。

ようするにこれらの収益をゼロカットとして還元しているのです。

国内FXでもゼロカットを適用してほしいと考えているトレーダーもいるでしょうが、金融庁の規制によってブローカーの補てんを禁止しています。

海外FXであるiFOREX(アイフォレックス)は、国内の金融庁の規制を受けることなく運営できるため、ゼロカットを提供できると考えてよいでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)でゼロカットが執行されないケース

トレードの損失は、ゼロカット執行によりiFOREX(アイフォレックス)によって補てんされるため、安心してさまざまなトレード手法にチャレンジしようとお考えの方もいるでしょうが、注意が必要です。

iFOREX(アイフォレックス)の利用規約違反や不正トレードを行うと、たとえ悪意がなかったとしてもゼロカットは執行されないと考えておきましょう。

執行されないケースとして、複数口座による両建てはゼロカットの悪用につながりますし、複数アカウントの取得はボーナスの不正受給になるため、iFOREX(アイフォレックス)だけでなく海外FX業者の全般が禁止する行為です。

これらの禁止行為はゼロカットが執行されないだけでなく、出金拒否や最悪の場合口座凍結のペナルティが課せられるおそれがあるため絶対にやめましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカット執行によるペナルティ

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを執行してもなにかペナルティがあるわけではありません。

トレーダーの違反や不正によりiFOREX(アイフォレックス)はゼロカットを執行しませんが、基本的には執行すると考えてよく、ゼロカットにかかる手数料やトレード規制、回数制限などもありません。

国内FXユーザーにとってゼロカットは信じられない制度ですが、ゼロカットを採用してもらえることはiFOREX(アイフォレックス)の大きなメリットと言えるでしょう。

ただしゼロカットが採用されているからと、安心しきってしまってはトレード技術は向上しません。

またゼロカットが執行されることによって、すべての証拠金を失うことになります。

ゼロカットについて誤解しないでいただきたいことは、iFOREX(アイフォレックス)を利用する目的であり、トレードで利益をめざすことを忘れずにご利用ください。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットとロスカットの違い

ゼロカットとロスカットを混同されている方がいますが、ふたつはまったく違うものです。

違いとして、ゼロカットはロスカットによって発生した損失による借金、すなわちマイナスの口座残高をiFOREX(アイフォレックス)によって0にリセットしてもらい、借金返済をなくしてもらうことをさしています。

一方ロスカットは、トレードで含み損を抱えたポジションがこれ以上拡大しないように、iFOREX(アイフォレックス)によってトレードを強制終了することをさしています。

似ている言葉ですが、ゼロカットとロスカットはまったく違うものですので、お間違えのないようにご注意ください。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説まとめ

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットは、借金の不安を抱えることなく最大400倍のレバレッジ取引を楽しむことができる制度です。

海外FXのハイレバレッジ取引は大きな損失を抱えるリスクがありますが、iFOREX(アイフォレックス)はゼロカットが適用されるため借金リスクのない環境で、トレードにチャレンジできます。

メリットがありデメリットがないゼロカットはとても魅力的なシステムですが、万が一のロスカット時にのみ頼ることとし、iFOREX(アイフォレックス)のトレードでは利益をめざしてください。