ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

海外のFX取引所では追証システムを採用していないところが多くなっていますが、中でもiFOREX(アイフォレックス)に興味を持っているという人もいるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)ではゼロカットシステムが採用されており、よりリスクを軽減してトレードを行うことができるようになっています。

しかし実際にiFOREX(アイフォレックス)のゼロカットシステムはどのようなメリットがあるのかや、反対にデメリットはないのかなども気になるところでしょう。

そこで今回は、iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットについて分かりやすく解説していきます。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説

iFOREX(アイフォレックス)は、1996年創業のギリシャを拠点とした海外ブローカーです。

創業以来20年以上の運用実績があり、これまで大きなアクシデントなども発生していないため安心して利用できる海外ブローカーの1つとなっています。

取引画面も日本語に対応しており、サポートセンターに日本人も常駐しているため国内ユーザーでも安心して利用できるというのも大きな特徴です。

そんなiFOREX(アイフォレックス)では、トレードの際に追証なしのゼロカットシステムを採用しています。

これによりトレード中の大きな損失を回避し、リスクを軽減しながらトレードを行うことが可能です。

>>iFOREXの口座開設がまだの方はこちらから

そもそもiFOREX(アイフォレックス)のゼロカットシステムとは?

そもそもiFOREX(アイフォレックス)のゼロカットシステムとは、名前の通り証拠金がゼロでカットされるというシステムになります。

通常、国内の取引所の多くではトレードの際に追証というシステムを採用しています。

追証とは、一定の証拠金維持率を下回った時に発生する追加の証拠金のことです。

この追証を支払わないとユーザーはそれ以上ポジションを持ち続けることができません。

そのため追証のあるFXブローカーでは、追証を支払うことによりポジションを保有し続けるかどうかを選択することができるようになっています。

一方のiFOREX(アイフォレックス)にはこの追証のシステムが採用されておらず、iFOREX(アイフォレックス)側の定める一定の証拠金維持率を下回れば強制的にロストカットが執行され、ポジションが解除されます。

つまりポジション保有中に一定の証拠金維持率を下回れば、それ以上ポジションを保有し続けること自体ができないのです。

そしてこのロストカット が起こった際に、自分の資産がマイナスになってしまうという自体が稀に起こります。

しかしiFOREX(アイフォレックス)ではゼロカットというシステムが採用されているので、実質資産がマイナスになってしまった場合でも、証拠金をゼロに戻してくれるというルールがあるのです。

>>iFOREXの口座開設がまだの方はこちらから

iFOREX(アイフォレックス)はゼロカットが採用されているので資産がマイナスになる心配がない

ロストカット などにより一旦資産がマイナスになったとしても、ゼロに戻してくれるのがゼロカットシステムのメリットです。

iFOREX(アイフォレックス)では、ユーザーのポジションの損失が証拠金を上回った時点で決済措置を取ってくれるため、証拠金以上の損失は絶対に発生することはありません。

たとえ週末をまたいで大きく為替レートが動いた場合であっても、資産がマイナスになった段階ですみやかにゼロカットのサービスが発動するようになっています。

ロスカットが発生した場合、まれに取引画面上では一時的に表示がマイナスになることがありますが、しばらくすると証拠金残高が「0円」にリセットされるのでマイナスのままという心配はありません。

万が一、資産がマイナスのままずっと変わらないということがあれば、サポートセンターへ連絡することでゼロにリセットする対応を行ってもらうことも可能です。

>>iFOREXの口座開設がまだの方はこちらから

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットにデメリットはないのか?

一旦マイナスになった証拠金もゼロにリセットしてくれるゼロカットシステムは、借金を追う必要がなくリスクを軽減しながら取引できるサービスだといえるでしょう。

また「ゼロカットシステム自体にデメリットがないのか?」と考える人もいるかもしれませんが、マイナスをゼロに戻してくれるゼロカットシステムにはデメリットはないと言っても過言ではありません。

強いてゼロカットシステムのデメリットをあげるのであれば、ゼロカットシステムとロストカット がセットになっているという点です。

iFOREX(アイフォレックス)には追証のシステムがないため、証拠金維持率を下回ればポジションを保有し続けるという選択肢を選ぶことはできません。

そのため、証拠金維持率を下回った後に値動きが逆に動き始めることが期待できるような場面でも、証拠金維持率を下回ればポジションは解消され証拠金がなくなってしまうというリスクはあります。

追証なしのゼロカットシステムは、資産がマイナスになるというリスクは防ぐことができますが、不用なロストカットを防ぐことができないというデメリットがあげられるでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説まとめ

今回は、iFOREX(アイフォレックス)のゼロカットを分かりやすく解説してきました。

iFOREX(アイフォレックス)には追証なしのゼロカットシステムが採用されており、証拠金が一時的にマイナスになってもゼロにリセットしてもらえるというメリットがあります。

ただし追証という選択肢はないので、一時的に証拠金維持率を下回ればそれ以上ポジションを保有することはできません。

資産がマイナスになるというリスクを防ぎながら取引をしたいという人であれば、向いている取引所であるといえるでしょう。

自分のトレードスタイルを見直しながら、iFOREX(アイフォレックス)でのトレードが自分に合っているかどうかを検討してみてくださいね。

>>iFOREXの口座開設がまだの方はこちらから