ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

is6comの本人確認書類の提出方法を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】is6comの詳細ページはこちらから

【5位】iFOREXの詳細ページはこちらから

豪華なボーナスキャンペーンで話題を呼んでいる海外ブローカーの1つであるis6com。

そんなis6comでこれからトレードにチャレンジしてみたいと考えている人もいるでしょう。

is6comは海外のブローカーではありますが、日本語にも対応しているので英語が苦手な日本人ユーザーでも気軽にトレードを始めることができます。

しかしis6comで取引を行うのであれば、本人確認書類をはじめとする必要書類の提出が求められます。

そこで今回は、is6comの本人確認書類の提出方法について分かりやすく解説していきます。

is6comの本人確認書類の提出方法を分かりやすく解説

is6comは豪華なボーナスキャンペーンや国内ブローカーでは実現できないようなハイレバレッジトレードで国内トレーダーからも人気のある海外のブローカーです。

国内ブローカーよりも大きな利益が期待できるという点で、取引を始めてみたいと考えている人も多いでしょう。

実際にis6comは、公式サイトが日本語にも対応しているため、簡単に登録や入出金手続きが行えるはずです。

しかしis6comで取引(特に入出金)を行うのであれば、本人確認書類をはじめとする必要書類を提出する必要があります。

is6comでは、本人確認書類をはじめとする必要書類を公式サイトにアップロードするという方法にて書類を提出してくことが可能です。

is6comの本人確認書類の提出方法 まずは書類を準備しよう

is6comの本人確認書類の提出方法ですが、まずは有効となる書類を準備することから始めていきましょう。

is6comの本人確認書類は以下の2つにおいて、それぞれ1点ずつ書類を用意しなければなりません。

  • 身分証明書
  • 住所証明書

is6comの本人確認書類の提出方法 身分証明書として認められているもの

is6comの本人確認書類の1つめに必要になるのが、身分証明書です。

is6comは海外のブローカーではありますが、日本語の身分証明書にも対応しています。

身分証明書としてis6comに認められているものには、以下のものがあります。

  • 自動車運転免許
  • パスポート
  • 住基カード
  • マイナンバーカード

いずれも有効期限内のものであり、顔写真がついているもののみが有効となります。

また記載の住所から住所変更などがあった場合には、変更後の住所が記載されている部分も撮影してアップロードしていくことになるでしょう。

is6comの本人確認書類の提出方法 住所証明書として認められているもの

次にis6comの本人確認書類で提出が必要なものの中で、住所証明書として認められているものは以下のものになります。

  • 公共料金(電気・ガス・水道等)の請求書・領収書
  • 携帯電話の請求書・領収書
  • クレジットカード会社の利用明細書・請求書
  • 住民票

いずれも氏名と現住所が記載されているものであり、かつ発行から3ヶ月以内のもののみが認められているようです。

is6comの本人確認書類の提出方法 書類の画像をアップロードしよう

is6comに提出する書類が用意できたら、次に行なっていくのが書類のアップロードです。

書類はスマホのカメラなどで撮影し、画像として保存しておいてください。 撮影した画像がボヤけていたり、顔写真や住所、氏名が写っていないなどの不具合があれば、is6com側からの承認が降りません。

必ず全体が見える画像を撮影するようにしてください。 撮影が完了したら、is6comの公式サイトにアクセスしログインしていきましょう。

メイン画面の上部がメニューバーになっているので、右上の「ご本人確認証明」の部分をクリックしていきます。

本人確認書類提出の手続き画面に移るので、そのまま画面をスクロールさせて1枚目の身分証明書の項目で「ファイルを選択」をクリックしていきましょう。

提出するファイルを選択できるので、そのままアップロードしたい画像を選択すれば、自動でアップロードが始まるでしょう。

また住所変更などで、他の面もアップロードが必要な場合には、2段目の「ファイルを選択」をクリックして同じように画像を選択しアップロードを行なってください。

次に2つめの書類である住所証明書を提出していきます。 住所証明書の項目で「ファイルを選択」をクリックしていきましょう。

提出するファイルを選択できるので、そのままアップロードしたい画像を選択すれば、自動でアップロードが始まるでしょう。

最後に一番下にある「証明書類を提出する」をクリックすれば書類の提出が完了します。

あとはis6com側の書類提出の承認を待ちましょう。

is6comの本人確認書類の提出ができない場合の対処法

is6comでは、稀に何度も本人確認書類の提出にトライしているのにうまくアップロードできないという人もいるかもしれません。

そのような場合には、以下のいずれかの方法を試してみてください。

is6comの本人確認書類の提出ができない場合はまずは拡張子を確認してみる

is6comに本人確認書類の画像がうまくアップロードできないという場合には、まずはファイルの拡張子を確認してみましょう。

そもそも拡張子とはファイル名の後に続く名称のことをさします。

例えばファイル名が「身分証明書」という名前であれば「身分証明書.png」とか「身分証明書.jpg」とか「身分証明書.gif」などにファイル名がなっているはずです。

この身分証明書というファイル名の後につくドット「.」以降が拡張子と呼ばれるものです。

is6comで書類を提出するのであればJPG・GIF・PNG・PDFという拡張子のファイルのみが認められています。

もしもそれ以外の拡張子のファイルをアップロードしようとしても、アップロードできませんので注意してください。

アップロードしようとしているファイルに、上記以外の拡張子がついていれば、いずれかのものに変更してから再度アップロードしてみましょう。

is6comの本人確認書類の提出ができない場合は容量を確認してみよう

is6comでは画像サイズが大きすぎるという場合にも、アップロードがうまくいかない可能性があります。

is6comでの書類のアップロードは画像サイズが最大4MBまでのものが可能です。

もしこれ以上大きなサイズの画像をアップロードしているという場合には、画像サイズを調整してから再度アップロードしてみてください。

is6comの本人確認書類の提出方法を分かりやすく解説まとめ

今回は、is6comの本人確認書類の提出方法を分かりやすく解説してきました。

is6comでは、画像をアップロードして本人確認を行うという方法が用いられています。

もしもわからない部分がある場合には、サポートセンターに問い合わせをしながら手続きを進めてみてくださいね。