ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

is6comのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

日本国内のブローカーでは実現できないようなハイレバレッジトレードができる海外のブローカー。

is6comでも最大1000倍というハイレバレッジでの取引が可能であり、少ない資金で大きな利益を得られる可能性があります。

しかしハイレバレッジトレードができる業者を初めて使うという人であれば、is6comのレバレッジの高さやそこにかかってくる手数料に不安を感じる人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、is6comのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料について分かりやすく解説していきます。

is6comのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説

国内トレーダーの多くが海外ブローカーでの取引を行う理由の1つに、国内ブローカーでは不可能なハイレバレッジトレードができるという点があります。

そして海外ブローカーであるis6comでも、最大1000倍でのハイレバレッジトレードができるようになっています。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comでは口座タイプや口座残高によってレバレッジの最大値が変わってくる

最大1000倍のハイレバレッジトレードができると言われているis6comですが、全てのユーザーが1000倍のレバレッジトレードができるという訳ではありせん。

is6comでは、どのタイプの口座を解説しているか、そして口座残高によってレバレッジの最大値がそれぞれ設定されています。

マクロ口座の場合

  • 口座残高が20000ドル以下...レバレッジ1000倍
  • 口座残高が20000ドル以上...レバレッジ500倍
  • 口座残高が50000ドル以上...レバレッジ200倍
  • 口座残高が100000ドル以上...レバレッジ100倍

スタンダード口座の場合

  • 口座残高が20000ドル以下...レバレッジ1000倍
  • 口座残高が20000ドル以上...レバレッジ500倍
  • 口座残高が50000ドル以上...レバレッジ200倍
  • 口座残高が100000ドル以上...レバレッジ100倍

このように口座残高や口座タイプによってもレバレッジの最大値は変動するので、まずは自分の口座残高を確認してみましょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comでは細かなレバレッジ取引は設定できない

ブローカーによっては、レバレッジの最大値までであれば注文ごとにレバレッジを設定できるところも多くなっています。

しかしis6comではレバレッジの変更は行えません。

口座タイプや口座残高によって一律1000倍、もしくは400倍でレバレッジが設定されている状態です。

(預入証拠金額が$20,000以上の場合のレバレッジは一律500倍もしくは400倍となっています。)

口座残高などによっても異なりますが、常に最大値でのレバレッジトレードが必要になるので、自分の裁量ではレバレッジを調整できなくなっています。

ハイレバレッジトレードもやってみたいけれど、まずは小さなレバレッジから始めたいという人であれば、レバレッジを細かく設定できるブローカーを利用するのが良いでしょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comの手数料 レバレッジ取引の手数料は基本的に無料

ハイレバレッジトレードができるis6comでは、注文時などの取引の際には取引手数料という形での手数料は徴収していません。

そのため手数料は無料で取引ができるようになっています。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comのレバレッジ取引手数料は無料だがスプレッドがある

ただしis6comには取引手数料という形での手数料の徴収はありませんが、見えない手数料と呼ばれるスプレッドが存在します。

スプレッドとは、同じタイミングでの売値と買値の差額のことです。 スプレッドは常に変動するものであり、通貨ペアによっても異なってきます。

  またis6comには口座タイプが3タイプあり、どの口座を開設するのかによってもスプレッドの幅が異なってきます。

スプレッドは常に一定のものではないので、あくまでも参考程度になりますがトレードスタイルによってはスプレッドが開きすぎているという人もいるかもしれないので、開設口座選びの参考にしてくださいね。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comのレバレッジ取引では入出金手数料にも注意

またis6comでレバレッジ取引を行うために入金する際には、入金手数料が発生する場合もあります。

基本的には1回の入金額が20000円(USD200)以上であれば、入金手数料は無料です。

しかし1回の入金額が20000円(USD200)未満の場合には、1回あたり入金手数料が1500円(USD15)かかります。

20000円以下の少額の入金はおよそ10%前後の手数料が発生してしまうので、取引自体を行うのはあまりおすすめはできません。

is6comは、どの国の金融ライセンスも所持していないブローカーであるためあまりにも大金を入金するのもリスクが高くなっています。

金融ライセンスを保有していない場合には、倒産などの理由により出金が一切できず保証もされない可能性もあるためです。

しかし入金額が少なすぎると高額な手数料がかかってきてしまうため、できるだけ20000円以上を毎回入金していくのが良いでしょう。

また入金同様に出金も、出金回数や出金の条件によって出金手数料がかかってくる可能性があります。

is6comからの出金方法には、銀行への送金とbitwalletへの送金という2つの方法がありますが、どちらも月に1回であれば無料にて出金を行うことが可能です。

ただし出金の条件として最低5000円(50ドル)以上となっているので注意してください。

また月2回目以降の出金に関しては、1回につき出金額の2%(20万円($2,000)以下は一律4500円($45))の出金手数料がかかってきます。

こちらも出金手数料としてはかなり高額な手数料になっているので、出金の回数はできるだけ月1回に抑えるのが良いでしょう。  

is6comのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説まとめ

今回は、is6comのレバレッジ取引(FX)のやり方と手数料を分かりやすく解説してきました。

is6comでは、レバレッジの詳細を設定することはできず、常に口座残高ごとに設定されたレバレッジの最大値でトレードを行う必要があります。

取引手数料は無料ですが、スプレッドがあることや条件によって入出金手数料もかかってくることなどを心得ながらトレードを行うのが良いでしょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)