ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

is6comの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

大胆なボーナスキャンペーンなどでも話題となっているis6com。 そんなis6comをこれから利用してトレードを始めたいという人もいるのではないでしょうか。

しかしトレードスタイルによってはis6comの追証システムやロストカット の基準などを前もって知っておきたいという人もいるでしょう。

そこで今回は、is6comの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説していきます。

is6comの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

is6comとは、2016年創業の海外ブローカーです。

比較的新しめのブローカーでありながら、盛大なボーナスキャンペーンを打ち出しており登録者数を伸ばしている業者となっています。

しかしトレーダーによっては、自分のトレードスタイルに合う業者と合わない業者というものがどうしても出てくるものです。

中でも追証のシステムについてやロストカットの条件などに関しては、is6comでのトレードにおいて確実に知っておきたいことでしょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comは追証がない

そもそも追証とは、ポジション保有中に相場が大きく変動し取引所が定めている一定の割合以上価格が変動した場合でも、継続してポジションを持ち続けるために追加で支払う資金のことです。

追証は「追加証拠金」の略語であり、日本国内のブローカーが多く採用しているルールとなっています。

しかし海外ブローカーの多くがこの追証システム非対応であり、is6comに関しても追証システムを採用していません。

そのため一定の証拠金維持率を下回った場合には、ポジションを継続するかどうかの判断はユーザー側で選択することができず、強制的にロストカット になるでしょう。

追証システムがある場合には、一度価格が大きく変動した後に思い通りの価格帯に戻ってくると見込んでポジションを保有し続けられるというメリットがあります。

しかし逆に感情に流されすぎて、追証を支払ってポジションを保有し続けてもやはり損失が出てしまうということもよくあることです。

追証がなく一定の証拠金維持率を下回った時点で強制的にロストカットされるため、FXのトレード初心者などはリスクを軽減させながらトレードすることができる取引所だといえるでしょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comはゼロカットシステム搭載なので資金がマイナスになる心配がない

is6comでは追証システムが採用されていないので、一定の証拠金維持率を下回った場合には強制的にロストカットが発動します。

しかし、強制的にロストカットになってしまった場合に、資金がマイナスになってしまうことを心配しているという人もいるかもしれません。

is6comではゼロカットシステムを採用しており、万が一、証拠金残高(口座残高)が0を下回ってしまった場合にはサポート営業日の10時にボーナスを付与する形でマイナス分を相殺してくれます。

そのため実質、資産がマイナスになるという心配がなく安心してハイレバレッジトレードを行うことができるでしょう。

もしも24時間(1営業日)を過ぎても残高がリセットされない場合には、MT4IDと共に残高をリセットしてほしいとサポートセンターに問い合わせを行えば対応してもらうことが可能です。

一時的に資産がマイナス表記になってしまっても、ゼロカットシステム後に通常通り取引が再び可能となります。

ただし資金移動の場合には、0カットシステムは対象外となりますので注意してください。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comの証拠金維持率は50%

is6comのロストカットの条件は、保有しているポジションがis6comの定めた一定の証拠金維持率を下回った場合となっています。

また証拠金維持率は50%に設定されており、海外の取引所の中でもやや高めの設定となっているでしょう。

50%を下回れば、ユーザーの選択権はなしで強制的にロストカットが施行されることになります。

また複数のポジションを保有している場合には、損失額の大きなポジションから順次ロストカットが執行され、証拠金維持率50%を上回るまでロストカットが行われるという形になるでしょう。

証拠金維持率が比較的高めに設定されているのは、リスクの軽減にもつながりますが、逆に利益をあげられるポジションまでも強制的にロストカットされる可能性もあります。

ロストカットされるまで待っていると、逆に損失が大きくなってしまうというリスクもありますので、損切りのタイミングなどもしっかり練習しておくと良いでしょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comは入金ボーナスが魅力なので証拠金維持率が高くてもボーナス分で試してみる価値はある

証拠金維持率が高めであるため、自分で損切りの判断がうまくできないという人の場合には、ロストカットが怖くてエントリーできないという人もいるかもしれません。

しかしis6comでは頻繁に入金ボーナスキャンペーンを行なっており、キャンペーン期間中に入金を行うとかなりの好条件にてボーナスを付与してもらえる可能性があります。

そのため入金額によっては、自分の資金を使わずにボーナス分のみを使用してトレードを行うことも可能です。

is6comや海外ブローカーを初めて利用するという人であれば、追証なしのロストカットに慣れるためにも、まずはボーナス分でトレードを始めてみるのも良いかもしれません。

is6comの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

今回は、is6comの追証とロストカット ・証拠金維持率についてわかりやすく解説してきました。

is6comでは追証のシステムはなく、50%の証拠金維持率を下回るとロストカットが執行されるというルールになっています。

追証システムがないので、初心者なら大きな損失を被るリスクを避けられますが、トレード方法によっては逆にロストカットで大きく資産を減らしてしまう可能性もあるでしょう。

ただしis6comでは、頻繁に入金ボーナスキャンペーンが行われているため入金ボーナスをうまく利用しながら、is6comのルールに慣れていくという方法もあるようです。

まずは自分のトレードスタイルとis6comのルールの相性が良いかどうかを確認した上で、is6comを利用してみてくださいね。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)