ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

is6comで両建てトレードは出来るのか詳しく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】is6comの詳細ページはこちらから

【5位】iFOREXの詳細ページはこちらから

海外取引所の中でもハイレバレッジトレードや豪華なボーナスキャンペーンが話題となっているis6com。

そんなis6comにて両建てトレードを行いたいと考えている人もいるでしょう。

一定期間の利益を狙えたり、予想と値動きが逆に動いてしまうことへのリスクヘッジとなる両建てトレードですが、取引所によっては両建てトレードを禁止しているところもあります。

そこで今回は、is6comで両建てトレードは出来るのかについて詳しく調べてみました。

is6comで両建てトレードは出来るのか詳しく解説

そもそも両建てトレードとは、「売りと買いのポジションを同じタイミングで同量持つ」という注文方法のことをさします。

売りと買いのポジションを同じタイミングで同量持つことで、実際の値動きに対してリスクを軽減する効果を狙うことが可能です。

そのためハイレバレッジトレードを行う際に両建てで注文を出しておけば、値動きがあった際に含み損が発生している方の注文を切ることでリスクを下ゲルことが可能になります。

しかしブローカーの中には、この両建てトレードという手法自体を禁止しているという取引所もあるようです。

is6comでは両建てトレードが可能なのかどうか、公式サイトを確認してみたところ、以下のような文面を見つけることができました。

両建てを行って頂けます。同じ取引通貨ペアの売りポジションと買いポジションを同時に保有して頂けます。

つまりis6comでは両建てトレードを行うことを、公式がOKしているということになるでしょう。

is6comで両建てトレードは出来るが実際には難しい可能性もある

公式サイトにて両建てトレードが出来ると掲載されているis6com。

しかし公式サイトには、以下のような文面も付け加えられているので注意が必要です。

しかし、システムの盲点をついた取引は禁止しており、様々な要因によって影響を受ける場合があることを予めご理解下さい。

スワップやスプレッドの拡大により損失が生じる場合がございます

まり両建て自体は基本的にOKだけど、is6com側のシステムや特性をうまく利用して利益を出すというような行為に及ぶのは禁止されているのです。 

もしも両建てトレードを行なって、is6com側に「システムの盲点をついた取引である」と判断された場合には、スプレッドが広がるなど何かしらのデメリットが発生する可能性があります。

ただしこの「システムの盲点をついた取引」の判断基準については明確に公表されておらず、システムの盲点をついた取引かどうかは、全てis6com側の最良によって決められてしまうようです。

is6comで両建てトレードを実際にしている人の口コミ

is6comでは両建てトレードをokとしていますが、実際には両建ての中でもis6com側に独断で不正と見なされてしまう行為があればスプレッドが広がるなどの問題が発生するようです。

そこで実際にis6comを利用している人で、両建てトレードで取引したという人の口コミをみていきましょう。

こちらis6comを利用して両建てトレードを行なった人の口コミです。

is6comにて両建てトレードを行なった際にはうまくいかなかったということが書かれています。

実際にスプレッドやスワップが開いてしまったなどの現象としての報告がないためわかりませんが、上手くいかなかったようですね。

こちらは実際にis6comで両建てを行なったという口コミではありませんが、両建てを行なって規約違反となる可能性のある行為についての口コミになっています。

例えばis6comにて売り注文をだし、同じタイミングで同じ量の買い注文を別のブローカーにて出した場合には何かしらのペナルティを受ける可能性があるようです。

このような行為自体がシステムの盲点をついた取引に値するのかどうかは不明ではありますが、実際取引所間での両建てトレードを禁止しているところは多いのでis6comに関しても禁止されている可能性は高いといえるでしょう。

また両建てトレードに限ったことではありませんが、is6comでは10Lot以上の大口注文に関しては、トレード前にis6com側に申告を行う必要があるようです。

これは両建てトレードにも当てはまるルールであり、万が一10Lot以上の両建てトレードを事前の申告なしに行い利益が出た場合にはこの利益が取り消しされる可能性が高くなるでしょう。

これはis6com独自のルールであり他のブローカーではあまり見ることがないため、つい申告を忘れてしまうという人もいます。

しかし過去には10Lot以上を未申告のまま取引して出金ができなかったというトラブルもありますので、大口で両建てトレードを行う際には注意が必要です。

このようにis6comでは実質両建てトレードを行うことは可能ですが、注文の滑りやすさや注文の出し方の注意点が多いため両建てトレード向きの取引所だとは言えません。

同じ海外のブローカーであればTitan FX(タイタンFX)であれば、ボーナスはつきませんが約定率も高く両建てトレードでも利用しやすい取引所であるといえるでしょう。

is6comで両建てトレードは出来るのか詳しく解説まとめ

今回は、is6comで両建てトレードは出来るのか詳しく解説してきました。

is6comは両建てトレードを禁止しておらず、実質両建てトレードが可能な取引所になっています。

ただし注文が滑りやすかったり10Lot以上の取引には事前の申告が必要など細かいルールもあり、あまり両建てトレード向けの取引所であるとは言えません。

両建てトレードを取引のメインで考えるのであれば、注文の通りやすさなどから取引所を選ぶのが良いでしょう。