ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

is6comのスプレッドを他社と比較してみた

【口座開設ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】is6comの詳細ページはこちらから

【5位】iFOREXの詳細ページはこちらから

豪華なボーナスキャンペーンで登録者数を増やしているis6com。 そんなis6comに興味があるという人も多いでしょう。

キャンペーンでもらえるボーナスだけでトレードしながら利益を出したいという人もいますよね。

しかし実際にトレードを行うのであれば、気になってくるのがスプレッドの幅です。 そこで今回は、is6comのスプレッドを他社と比較してみました。

is6comのスプレッドを他社と比較してみた

最大1000倍というハイレバレッジトレードが可能で、ボーナスを使いながら利益を増やせる可能性のあるis6com。

そんなis6comで着実に利益を積み上げていきたいと考えている人も多いはずです。

そしてトレードの勝率を上げるためには、スプレッドの幅も事前にチェックしておきたいものですよね。

ここではis6comのスプレッドを他社と比較していきましょう。

is6comのスプレッドに関する基礎知識

まずはis6comのスプレッドに関する基本的なルールについてですが、is6comではスプレッドに変動制を採用しています。

そのためトレードを行うタイミングによってスプレッドの幅は常時変動し、一定ではありません。

つまり今現在のスプレッドが広いからといって、この先もずっと同じスプレッド幅で相場が動いていくという訳ではないという部分を心得ておきましょう。

その上で、is6comのスプレッドに関しては公式サイトに平均値のスプレッドが記載されています。

is6comは口座タイプによってもスプレッドの幅が異なっており「米ドル/日本円」のスプレッドではマイクロ口座でおよそ2.0pipsの差、そしてスタンダード口座の場合にはおよそ1.6pipsの差となっています。

is6comのスプレッドを他社と比較してみた gemforex(ゲムフォレックス)の場合

海外ブローカーの中でもスプレッドが狭いと言われているgemforex(ゲムフォレックス)との比較です。

gemforex(ゲムフォレックス)のスプレッドも変動型となっているため、一概にスプレッドの幅がどれくらいと断定することはできません。

しかし口コミなどをみていると、比較的スプレッドが狭いという声が多くなっています。

実際平均値で確認してみると「米ドル/日本円」のオールインワン口座で1.2pipsほど、ノースプレッド口座では0pipとなっているのです。

is6comと比べると平均値のスプレッドがかなり狭いことがわかりますが、バグなども多いためユーザーが何を優先させるのかによって利用のしやすさが異なってくるでしょう。

is6comのスプレッドを他社と比較してみた iFOREX(アイフォレックス)の場合

海外ブローカーの中でも20年以上の運用実績を持つiFOREX(アイフォレックス)との比較です。

iFOREX(アイフォレックス)では2018年より前はスプレッドを固定型で運用していましたが、2018年より変動制に切り替わりました。

また取扱の銘柄が多いため商品によってもスプレッドが広かったり狭かったりの評判はまちまちのようです。

現在のところ「米ドル/日本円」の平均スプレッドが1.8pipsほどとなっているため、is6comのスタンダード口座とマイクロ口座の中間くらいで平均スプレッドが動いていることがわかります。

どちらかというとドル円やユーロドルなど取引量の多い通貨ペアの方がスプレッドが狭い傾向があり、マイナー通貨は他社に比べてスプレッドが広い傾向があるとも言われている取引所です。

is6comのスプレッドを他社と比較してみた TITAN FX(タイタンFX)の場合

こちらもスプレッドが狭いことで国内トレーダーからも人気となっているTITAN FX(タイタンFX)との比較です。

TITAN FX(タイタンFX)もis6com同様に口座タイプを2種類から選べるようになっており、どの口座で取引をするのかによってもスプレッドの幅が異なってきます。

またスプレッドは両口座共に変動型となっているので、他の取引所同様に取引量や取引を行うタイミングによって幅が変動していくことになるでしょう。

スプレッドの平均値としては、TITAN FX(タイタンFX)のスタンダード口座で「米ドル/日本円」が1.2pipsほどとなっており、ブレード口座では0.3pipsほどの差があるようです。

平均値としてはis6comよりも両口座共にスプレッドが狭いことがわかります。

is6comのスプレッドを他社と比較してみた XMの場合

国内トレーダーの利用している海外ブローカーでも代表的なところがXMでしょう。

XMもスプレッドは変動型を採用しているため、取引するタイミングによってもスプレッドが広がったり狭くなったりということがあります。

ただし口コミなどをみていると相対的にXMはスプレッドが広めという口コミが多くなっており、「米ドル/日本円」の平均スプレッドで1.8pipsほどだと言われています。

is6comの2つの口座タイプのちょうど中間ほどのスプレッドにはなっていますが、スプレッドが広いという口コミが多いためスプレッドの開きの差がタイミングによって激しいという可能性もあるでしょう。

ただし約定率などは他の取引所よりも高いと評判のため、確実に注文を通したい場合などは信頼のおける取引所となっています。

is6comのスプレッドを他社と比較してみた まとめ

今回は、is6comのスプレッドを他社と比較してみました。 is6comのスプレッドは、他社と比べて若干高いくらいの傾向があるようです。

ただしスプレッドは常に変動するため一概にスプレッドが広いとは言い切れません。

実際に取引を行う際には、いくつかのブローカーのスプレッドを比較しながらより条件の良い取引所でトレードできるようにしておくのがおすすめです。