ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

is6comに出金拒否や出金できないはある?ない?

【口座開設ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】is6comの詳細ページはこちらから

【5位】iFOREXの詳細ページはこちらから

豪華なボーナスキャンペーンなどで人気のあるis6comにて、これから取引を始めたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

is6comをはじめとする海外ブローカーでは、豪華なボーナスキャンペーンや国内ブローカーでは実現できないハイレバレッジトレードが可能で、大きな利益を掴める可能性も高くなっています。

しかしis6comなどの海外ブローカーは安全面に不安があるという人も多くなっており、一番不安視されているのが出金がしっかりできるかどうかについてです。

そこで今回は、is6comに出金拒否や出金できないは「ある」のか「ない」のかについて詳しく調べてみました。

is6comに出金拒否や出金できないはある?ない?

is6comは2016年にオープンしたセイシェル諸島を拠点とする海外のブローカーです。

登録のみで5000円のボーナスが付与されたり、不定期で行われる入金ボーナスキャンペーンなどが大人気となっています。

しかしis6comはまだまだ新しい取引所であり、セキュリティ面などに関して不安視する声も多く挙がっています。

特に出金ができないというトラブルに関しては、多くの国内ユーザーが関心を持っているところでしょう。

is6comで出金拒否や出金できない可能性はゼロではない

まず一番最初に確認しておきたのが、is6comはどの国の金融ライセンスも取得していないという点です。

FXの業者には海外・国内問わず数多くのブローカーがありますが、多くのブローカーがいずれかの国の金融ライセンスを取得しています。

金融ライセンスを取得しているということは、その国の金融ルールに関する一定の基準を満たして運用を行なっているという証にもなるのです。

どの国の金融ライセンスも取得していないis6comでは、完全にis6com独自のルールで運用が行われているということになります。

そのため、最悪出金ができないなどのトラブルがあったとしても、資金に関する保証をしてくれないという可能性もあるということになるのです。

ただし、あまりにも適当に運用していたのではユーザー数も激減してしまい、運用していくことはできません。

is6comは金融ライセンスは取得していないため、いざという時に安全面で不安があるとはいえ、通常は良識ある範囲で運用を行なっているはずです。

is6comで出金拒否や出金できなかったことは過去にあるのか?

金融ライセンスを取得していないという点で、is6comに不安を感じるという人もいるでしょう。

それでは実際に、これまでにis6comは出金拒否や出金できないといったトラブルがあったのかどうかをみていきましょう。

is6comの出金拒否や出金できないというトラブルの中で、一番有名なものが上記のトラブルです。

入金額50万円にボーナスも付与分も含め「ドル/円のショート」を10lotで2回トレードした結果、利益が出たにも関わらず利益が無効になり出金拒否がされたという事例になっています。

スキャルピングや自動botなどの利用もなく、特に不正は見当たらなさそうですが、実はis6comでは10lot以上の取引には事前の申告が必要になるのです。

この場合、事前の申告がない状態で10lot分のトレードを行い利益が出たため、未申告ということで利益が無効になり出金拒否がされました。

しかしこの10lot以上で申告が必要という部分は公式サイトには記載されているものの、トレードの際に事前の連絡があったという訳ではありません。

そのためユーザーが見落としがちなルールとなっており、今後もこのような事例は発生する可能性があります。

トレードを行う量が多くなればなるほど新たなルールが存在する可能性があるので、大きなボリュームで取引をする際には注意事項をしっかり確認し、必要であればサポートセンターに連絡するようにしてください。

is6comで出金拒否や出金できないことが心配であればサポートセンターに連絡してみよう

口コミをみていると、is6comでは大口の取引を申告していなかったという以外には、大きな出金のトラブルはなさそうです。

つまりユーザーに全く非がない状態で、システムトラブルなどにより出金拒否や出金ができなくなったという自体は今のところありません。

ただし「自分が気づかないうちにルール違反を犯し、出金拒否をされてしまうのでは?」と心配になる人もいるでしょう。

そのような場合には、現状の取引で違反行為や出金拒否の心配がないかどうかをサポートセンターに確認するのもおすすめです。

サポートセンターに問い合わせを行えば、現在出金が問題なくできる状態であるのかどうかを確認してもらうことができますよ。

また何かしらの理由により資金を残したままis6comの口座が凍結されてしまうという人もいたようです。

しかしこの方の場合、口座は凍結されても出金は全額行えるという連絡が来ていたようですね。

状況にもよりますが、口座が凍結された場合でも出金はできるということもあるようですので、口座凍結の連絡が入った際には資金の出金ができるかどうかも合わせて確認しましょう。

is6comに出金拒否や出金できないはある?ない?まとめ

今回は、is6comに出金拒否や出金できないはある?ない?について詳しく調べてみました。

is6comではシステムトラブルなどにより出金拒否がされたことは今の所ありません。 しかし細かなルール違反により出金拒否がされたという自体はあるようです。

大口の取引をしている人は特に、トレードを行う前にサポートセンターにて出金ができる状態なのかどうかを確認しておくと良いでしょう。