ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

is6comの取引時間・サマータイム・冬時間を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

ボーナスキャンペーンをうまく利用することで資産を減らさずに利益が得られると話題のis6com。

そんなis6comでこれから取引を始めてみたいと考えているトレーダーも多いのではないでしょうか。

しかし海外ブローカーを利用するのが始めての人であれば、is6comはどのような時間帯のルールで取引が行われるのかは気になるところですよね。

そこで今回は、is6comの取引時間・サマータイム・冬時間を分かりやすく解説していきます。

is6comの取引時間・サマータイム・冬時間を分かりやすく解説

is6comをはじめとするFXブローカーでの取引を行うのであれば、取引時間のチェックが必要になります。

FXをはじめとする取引に関しては、取引時間が決まっているものや取引が盛んに行われる時間帯を把握しておくべきものがあるためです。

またFXブローカーによっては独自の時間帯のルールが採用されている場合もあるので、取引時間は前もってチェックしておくようにしましょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comの取引時間は基本的に24時間稼働している

is6comは基本的に取り扱い通貨の市場がオープンしていれば稼働していることになるため、24時間稼働しているということになります。

FX市場は、ロンドン、ニューヨーク、東京、シドニーなど世界各地で開かれている為、その国の稼働時間によって市場がオープンしている時間帯が異なるのです。

ちなみに、is6comにて市場がもっとも活発になる主要国の時間帯は以下の通りになっています。

(時間表記は次項より詳しく説明していくGMTによって定められた時間帯での表記です。日本時間とは異なるので注意してください。)

  • 東京市場、シドニー市場...GMT20時〜22時
  • ロンドン市場...GMT8時〜16時
  • ニューヨーク市場...GMT13時〜20時

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

 

is6comの取引時間として採用されているGMTとは?

is6comをはじめとするFXブローカーの中では、GMTという時間表記が採用されている場合が多くなっています。

そもそもGMTとは、かつて国際的な基準時刻となっていたグリニッジ平均時の通称です。

GMTは日本時間から9時間引いた時刻などと言われることが多いのですが、この考えはサマータイムや冬時間の採用により若干ずれることになるので注意してください。

基本的にはFXトレード画面の時刻をGMT基準に合わせることができるようになっているので、日本時間でいちいち換算するよりもトレード画面の設定時刻をGMT仕様に変えてしまうことをおすすめします。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comの取引時間はサマータイムと冬時間によって異なるので注意

is6comでは一部の地域の市場が閉まっている時間帯でも、他の国や地域では市場でトレードが行われているため、市場がオープンしている地域にて24時間トレードができるようになっています。

しかし曜日と時間帯によって、取引が行えない時間帯を限られた一定時間設けているようです。

一定時間利用できなくなるのには理由があり、これは不用意に為替市場のスプレッドが広がることによる損失からユーザーを保護するという目的があります。

そのためサマータイムであればNY市場クローズ前後の日本時間5時55分〜6時10分、そして冬時間であればNY市場クローズ前後の6時55分〜7時10分は取引が行えないようになっているのです。

つまり厳密に言えばis6comはサマータイムと冬時間で、以下の取引時間でトレードが行えるようになっています。

  • サマータイム中...日本時間の月曜日 6時5分〜土曜日 5時50分
  • 冬時間中...日本時間の月曜日 7時5分〜土曜日 6時50分

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

 

is6comは米国のサマータイム・冬時間を基準として切り替わる

サマータイムと冬時間を採用している地域は世界にいくつかありますが、それぞれ時差があるためサマータイムや冬時間に切り替わるタイミングも異なります。

2019年7月現在の日本ではサマータイムという制度自体が採用されていないので、他の国のサマータイム・冬時間に合わせて取引時間が変更になるのです。

is6comでは米国のサマータイム・冬時間の切り替えのタイミングを採用しています。

通年、3月第2日曜日から11月第1日曜日が米国のサマータイムとなり、このタイミングでニューヨーククローズが通常の1時間繰り上がるということになるのです。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comで取引するのであればサマータイム・冬時間を忘れずに確認することが大切

このようにis6comでは米国のサマータイム・冬時間が採用されており、GMTの時間帯によって取引時間が表記されることが多くなっています。

日本時間を見ているといちいち計算するのが面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、世界の時刻を表示してくれるアプリなどでサマータイムと冬時間の切り替えのタイミングはしっかり見ておくのがおすすめです。

取引時間の切り替えは慣れないとややこしく感じることもありますが、まずはアプリやサイトを駆使して時間を細かくチェックしながら取引を行なっていくのが良いでしょう。

is6comの取引時間・サマータイム・冬時間を分かりやすく解説まとめ

今回は、is6comの取引時間・サマータイム・冬時間について分かりやすく解説してきました。

is6comは地域ごとの市場のオープン時間に合わせて24時間稼働していますが、限定した曜日にのみ取引がストップする時間帯があります。

また取引がストップする時間帯はサマータイム・冬時間によっても異なり米国の時間帯をベースに切り替えが行われているのです。

サマータイムや冬時間は日本では馴染みのない感覚なので、慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、FXを行う上では時間の切り替えが重要になることもあるでしょう。

まずはスマホアプリなどを利用しながら時間の切り替えに慣れていきましょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)