ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

is6comの使い方をどこよりも分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

これからis6comを使ってトレードしてみたいという人の中には、実際に利用する前にある程度の使い勝手を知っておきたいという人もいるでしょう。

is6comは海外のブローカーではありますが、日本語対応のブローカーであるため、英語が苦手という人でも比較的簡単にトレードを行うことができます。

今回は、is6comの使い方についてどこよりも分かりやすく解説していきます。

is6comの使い方をどこよりも分かりやすく解説

is6comは2016年創業のセイシェル共和国を拠点とした海外ブローカーです。

新規登録者や既存顧客を対象とした豪華なボーナスキャンペーンなどにより、日本国内のブローカーからも高い人気を誇っている取引所になっています。

またis6comは海外のブローカーではありますが、サイト自体が日本語にも対応しており登録から取引までの手続きがしやすいのも特徴です。

さらにわからない点があった場合には、日本語でのサポートも受けられるようになっています。

それでは実際に、is6comの基本的な使い方をみていきましょう。

is6comの使い方 登録方法について

まずはis6comへの登録方法についてです。

is6comの公式サイトにアクセスし、右上に表示されている口座開設のボタンをクリックしていきましょう。

またis6comのサイト自体が日本語表記でないという場合には、言語選択で日本語を選択し表記を日本語にしておきます。

口座開設ボタンをクリックすると、「基本情報入力」の画面に移行します。 ここで氏名・年齢・電話番号などの必要事項を入力していきましょう。

また基本情報の入力が完了すると財務状況に関する質問に回答してから口座開設の申請を行なっていくことになります。

口座開設の申請が完了しis6com側に承認されると、登録IDやパスワードと共に確認メールがis6comから届きますので記載されているIDやパスワードを使ってログイン手続きを行うようにしてください。

is6comの使い方 必要書類の提出方法

次にis6comでの必要書類の提出方法についてです。

is6comにて入出金や取引を行うためには、必要書類の提出が必要になってきます。

is6comをスマホから登録が完了したら次は書類の提出を行なっていきます。

やり方としては、スマホなどのカメラを用いて必要書類を撮影し、その画像データをアップロードしていくという形になるでしょう。

is6comの提出書類で必要なのは、以下の2つの書類です。

  • 身分証明書(運転免許証・パスポートなど顔写真付きのもので有効期限内のもの)
  • 現住所のわかる書類(公共料金の支払い書など現住所と氏名が確認できる書類で過去3ヶ月以内に発行されたもの)

上記2点の書類をスマホのカメラなどで撮影しておきましょう。

画像が準備できたら、is6comの公式サイトにログインし、右上に表示されている「ご本人確認証明」をクリックします。

それぞれの画像のアップロード画面が表示されるので、手順にしたがって書類画像のアップロードを行なっていきましょう。

is6comの使い方 入金と出金の方法

is6comに書類の提出をして本人確認が取れると、実際に取引を始めて入出金が行えるようになるでしょう。

(本人確認書類が未提出でも入金は可能ですが出金は書類の提出後にできるようになります。)

is6comの入出金の方法ですが、まずはis6comにログインし、メニューの中にある「入金」または「出金」をクリックしていきましょう。

入金をクリックした場合、入金方法にはクレジットカード・銀行送金・bitwalletが選択できるようになっています。

また出金方法には銀行送金・bitwalletが選択できるようになっています。

自分の好きな入金方法(または出金方法)を選択して「ご入金(ご出金)はこちら」をタップしていきましょう。

それぞれの入金または出金指示に従い、送金金額や送金先情報などを入力し、送金処理を行なっていくようにしましょう。

また入金方法・出金方法によってそれぞれに手数料や入金・出金までにかかってくる所要時間、最低入金額(出金額)などが異なる場合があるので、事前に確認しておくのがおすすめです。

is6comの使い方 実際にトレードを始めるならMT4をインストールしていく

is6comに登録し、必要書類の提出や入金処理が完了すれば実際にトレードを始めることができます。

ただしis6comでは、トレーディングシステムに独自のものを採用しておらず、トレーディングプラットフォームの中でも有名なMT4を利用してトレードを行うことになるでしょう。

まずはMT4を自分のPCなどにインストールしていく必要があるので、is6comにログイン後、上部メニューバーにある「プラットフォーム」をクリックしていきます。

MT4はそれぞれのOSに対応したものをインストールしていく必要があるため、windowsユーザーの場合には「メタトレーダー4 Windows Edition」を、Macユーザーの場合には「メタトレーダー4 Mac Edition」をインストールしていきましょう。

またスマホ用にもiPhone ipad用とAndroid用で仕様が別れているので注意してください。

MT4を自分のOSに合わせてインストールしたら、MT4にログインしトレードを行なっていきましょう。

ちなみにMT4のログインIDはis6comへのログインIDとは異なりますので注意してください。

MT4にはMT4専用のログインIDが設定されており、口座開設のタイミングでis6com公式へのログインID・パスワードと共にMT4へのログインIDも配布されています。

詳しくは、is6comに登録したメールアドレスに届いている登録時の返信メールを確認してみましょう。

is6comの使い方をどこよりも分かりやすく解説まとめ

今回は、is6comの使い方をどこよりも分かりやすく解説してきました。

is6comはセイシェル共和国を拠点とした海外のブローカーではありますが、サイト自体が日本語に対応していますので、英語が苦手という方でも気軽に利用することができるでしょう。

またis6comでの取引には共通のトレーディングプラットフォームであるMT4が採用されいます。

トレードを行う際には、MT4をインストールして取引を始めることになりますので手続きを踏んでいきましょう。