ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

is6comとXMの特徴を比較してみた

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

これから海外のブローカーを利用してFXトレードを始めてみたいという人の中には、ブローカー選びに迷っているという人もいるでしょう。

中でもis6comとXMでどちらでトレードしようかと検討している人もいますよね。

日本国内のユーザーからも人気の高いis6comとXMですが、それぞれどのような特徴がある取引所なのでしょうか。

そこで今回は、is6comとXMの特徴をそれぞれ比較してみました。

is6comとXMの特徴を比較してみた

海外ブローカーで取引してみたいと考えている人であれば、利用するブローカーの候補にis6comとXMがあるという人も多いでしょう。

is6comとXMは共に海外のブローカーではありますが、日本語に対応しており英語が苦手な日本の方でも利用しやすい海外の取引所です。

is6comもXMも、サポートセンターへの問い合わせに関しても日本語に対応しているので、日本人の方でも取引を始めやすいブローカーであるといえるでしょう。

それでは実際にFXブローカーとしての特徴をテーマに沿って比較していきましょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comとXMの特徴を比較してみた レバレッジの最大値と追証・ロストカット について

海外ブローカーをこれから利用してみたいと考えている人の中には、日本国内のブローカーでは不可能なハイレバレッジトレードができるという点に魅力を感じているという人も多いはずです。

そもそも国内ブローカーを利用してFX取引を行なった場合、国内の規制の関係上で最大25倍までのレバレッジトレードしかできなくなっています。

しかしis6comでは最大1000倍のレバレッジトレードが可能であり、XMでは最大888倍のレバレッジトレードが可能です。

is6comとXMどちらも国内のレバレッジ最大値を大きく上回っていますが、is6comの方がレバレッジの最大値は大きく設定されています。

ただしXMでは初期の設定段階で自分の好きなレバレッジ倍数を設定できるようになっているのに対し、is6comは自分でレバレッジを設定することができません。

is6comは取引数量や資産などにより、レバレッジの値がis6com側の裁量によって決定することになっています。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comとXMの特徴を比較してみた 証拠金維持率

is6comやXMなどの海外ブローカーを利用するのであれば、レバレッジトレードを行う人も多いのですが、その時に一緒にチェックしたいのが証拠金維持率についてでしょう。

証拠金維持率とは、それぞれのブローカーが定めるロストカットのタイミングのようなものです。

ポジション保有中にそれぞれのブローカーが定める証拠金維持率を下回れば、ポジションは強制的に解除されてロストカットが執行されます。

is6comとXMは、どちらも追証のシステムを導入していないブローカーですので、証拠金維持率を下回ればそれ以上ポジションを保有し続けることは基本的にできません。

そしてこの証拠金維持率の設定はis6comが50%を下回った場合に設定されており、XMは20%を下回った場合に設定されています。

つまりis6comの方がレバレッジの最大値は高いのですが、同様に証拠金維持率も高くなっており、ポジションを保有し続ける難易度はis6comの方が高いといえるでしょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comとXMの特徴を比較してみた スプレッドの幅

これからトレードを行う取引所を選びたいのであれば、スプレッドの幅についても気になるところですよね。

スプレッドの幅はis6comもXMも基本的に変動型のスプレッドとなっており、取引を行うタイミングや選ぶ銘柄によってもスプレッドの幅は異なってきます。

さらにis6comもXMも開設する口座タイプもいくつか選べるようになっているので、口座タイプによってもスプレッドの幅が異なってくるでしょう。

しかし口コミをみていると、is6com・XM共にスプレッドは広めであり、is6comもXMもスプレッドの幅は同じくらいという口コミが多くなっているようです。

ただしタイミングによってはXMの方がスプレッドが狭くなったり、is6comの方がスプレッドが狭くなったりということもあるようです。

そのため他のスペックにはis6comとXM共に満足しており、スプレッドの幅で取引する方を決めたいという場合には、どちらも口座を開設して取引するタイミングでスプレッドの幅をチェックするのが正確でしょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comとXMの特徴を比較してみた 約定率

約定率とはユーザーの出した注文が指示通りに通る確率のことをさします。

is6comはまだまだ約定率が低い、注文が滑るという口コミが多くなっているようです。

ただし豪華なボーナスキャンペーンなどにより、超短期トレードのように1日に何度も注文を出すトレードスタイル以外の方であれば利用者も多くなっています。

一方のXMは約定率は高いという口コミが多く、注文の通りやすさでは高評価を得ることが多いようです。

is6comとXMの特徴を比較してみた

今回は、is6comとXMの特徴を比較してみました。

is6comとXMはどちらも国内ユーザーから人気のある海外ブローカーとなっていますが、それぞれに特徴が大きく異なります。

自分のトレードスタイルによっても使いやすいブローカーは異なってきますので、まずは自分のトレードの特徴を洗い出し、より自分に合った特徴を持つブローカーを利用していくようにしましょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)