ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

is6comの税金の計算方法と確定申告について

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

is6comを利用している人の中には、今年始めて利益を出したという人もいるのではないでしょうか。

FXトレードで利益が出ると嬉しいものですが、金額によってしっかり確認していかなければならないのが税金の支払いや確定申告についてです。

人それぞれ税金の支払いや確定申告の条件は異なりますが、is6comで利益が出ているのであればこれまで知らなかった確定申告などの手間が増える可能性があります。

そこで今回は、is6comの税金の計算方法と確定申告について詳しく調べてみました。

is6comの税金の計算方法と確定申告について

is6comで今年からトレードし始めたという人の中には、運用がうまくいっており順調に利益を出しているという人もいるでしょう。

しかしis6comを利用して利益が出ているのであれば、考えなければならないのが確定申告や税金の支払いについてです。

is6comは海外のブローカーではありますが、利益が出ており一定の条件を満たしているのであれば確定申告や税金の支払いを行わなければならない場合があるでしょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comを利用している人はまずは自分が確定申告の必要があるのかどうかをチェックしてみよう

同じようにis6comを利用している人でも、年間の利益の額や労働条件などによって確定申告の必要があるのかどうかは異なってきます。

is6comを利用している人の中で、確定申告をする必要のある可能性が高いのが以下の特徴のある人です。

  • 給与を取得している人で給与以外に年間20万円以上の利益をあげている人
  • 給与を取得していない個人事業主などで年間38万円以上の利益をあげている人

is6comを利用している人で確定申告を行う必要があるかどうかを見極める基準となるのが、まずは定職について給与をもらっているのかいないのかという点です。

企業に正社員として雇用されており毎月の給与をえている人であればis6comでの利益は副業という扱いになるでしょう。

そのため副業であるis6comにて年間20万円以上の利益があるのであれば、確定申告を行わなければならない可能性が高くなります。

また定職についておらず、is6comなどで得た利益で生活しているという人の場合には年間38万円以上の利益をあげていれば確定申告を行わなければならない可能性が高くなるのです。

まずは自分が雇用者か雇用者ではないのかを判断した上で、年間どれくらいの利益をあげているのかを確認し、確定申告の必要性を考えていきましょう。

また自分の状況が複雑で確定申告の必要があるかどうかの判断がつかないという人であれば、管轄の税務署に電話で問い合わせてみるのもおすすめです。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comで発生する税金は国内ブローカーの税制度とは異なるものが用いられる

自分の仕事の状況や利益の額などから確定申告の必要があると判断した人は、状況に応じて税金を支払う必要が出てきます。

ただしis6comを利用している人であれば、国内のブローカーとは以下のように適用される税制が異なりますので注意が必要です。

  • 国内ブローカーを利用して利益が出た場合...申告分離課税が適用される
  • is6comを含む海外ブローカーを利用して利益が出た場合...総合課税に累進課税税率が適用される

国内ブローカーを利用して利益が生じた場合には、申告分離課税という税制が適用されることになります。

申告分離課税とは、所得額と合算せずに別枠にて利益を申告していくという方法です。

一方のis6comを含む海外ブローカーを利用して利益を出した場合、適用されるのは総合課税になります。

総合課税は分離課税とは対照的に、所得税と合算した金額が課税対象となる計算方法です。

さらに税金の計算方法としてis6comを含む海外ブローカーの場合には、総合課税で計算された所得金額に累進課税税率が適用されるという形になります。

累進課税税率は、以下のような条件となっていますので確認してください。

  • 課税される所得金額195万円以下...税率5%控除額0円
  • 課税される所得金額195万円を超え330万円以下...税率10%控除額97,500円
  • 課税される所得金額330万円を超え695万円以下...税率20%控除額427,500円
  • 課税される所得金額695万円を超え900万円以下...税率23%控除額636,000円
  • 課税される所得金額900万円を超え1,800万円以下...税率33%控除額1,536,000円
  • 課税される所得金額1,800万円を超え4,000万円以下...税率40%控除額2,796,000円
  • 課税される所得金額4,000万円超...税率45%控除額4,796,000円

このうように累進課税税率が適用されると、所得金額にis6comの利益が加算され、その所得額全てが税率の対象となってしますのです。

そのため同じ利益を屋内ブローカーで得たとしても、税率はis6comで得た利益の方が高くなる可能性が高いでしょう。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)

is6comの税金を少しでも節約したいのであれば確定申告時の経費の申告を忘れずに

is6comは海外の取引所であるため、総合課税で計算された所得金額に累進課税税率が適用されるという形になってきます。

そのため国外のブローカーで取引するよりも利益額によっては税金が発生してしまう可能性が高くなるでしょう。

しかしis6comの税金を少しでも節税したいのであれば、必要経費を漏れなく申告するということが重要です。

例えばis6comでの勝率を上げるために本や雑誌などでFXの勉強をしたのであれば、購入代金を経費として申告することができます。

is6comの税金の計算方法と確定申告についてまとめ

今回はis6comの税金の計算方法と確定申告について詳しく解説して来ました。

is6comを利用してトレードを行なっている人であれば、利益の額に応じて確定申告を行う必要があるでしょう。

もしも確定申告の必要があるのかどうかわからないという人や、具体的に処理の方法でわからない部分があれば、最寄りの税務署に電話相談してみるのもおすすめです。

>>is6comの登録がまだの方はこちらから( 高額の口座開設ボーナスや入金ボーナスが数分の登録で貰えます)